[アンデットコンボ]はい、これでアンデットしか出すなよ?群雄割拠+アンデットワールドのロックが強すぎる 




  • アンデットを使っているけど相手の展開を止められない
  • 相手が強力な盤面を作る前に止めたい。

どうも不自由なYPです。

さて、今回はアンデットデッキ固有コンボといっても差し支えない、相手の展開をロックしつつ自分は展開できてしまう恐ろしいコンボをご紹介したいと思います。



群雄アンデの内容と必要カード


コンボの内容

郡幽アンデなんてコンボ名をつけていますが、このコンボ自体はそんなに真新しいものではなく、意外とポピュラーなロックかと思われます。

内容としては

フィールド魔法アンデットワールドを発動し、その後群雄割拠を発動するというシンプルなモノ。
特に準備などは必要としないため容易に相手の展開を止められるのは大きな強みといえます。

群雄アンデに必要なカード


先述のように

アンデットワールド


フィールド魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター及び墓地のモンスターは全てアンデット族になる。
(2):お互いはアンデット族モンスターしかアドバンス召喚できない。


群雄割拠


永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いのフィールドにそれぞれ1種類の種族のモンスターしか表側表示で存在できない。
お互いのプレイヤーは自身のフィールドの表側表示モンスターの種族が2種類以上の場合には
1種類になるように墓地へ送らなければならない。 


群雄アンデの手順


順不同なので、特にどちらから発動しても問題ありません。

群雄アンデの強み


このコンボの強みはアンデットデッキであれば手軽に採用できるアンデットワールドと種族統一デッキであれば採用検討に入れてもいい汎用性の高い群雄割拠を採用しているので枠をあまり考えずに採用できる点。

更に群雄割拠では防ぎきれない「強力なアドバンスモンスターのセット」をアンデットワールドで封殺しているので、昨今多くなっている特殊召喚をしないデッキでも相手の盤面作成を阻害することができるのです。

群雄アンデの弱点、注意点


しかしながら、このコンボには注意すべき点があります。

このコンボは自分にも影響がしっかりあるので、展開するにあたって必要な水晶機巧ーハリファイバーやリンクリボーなどの他種族が存在できず特殊召喚できない為、使用するタイミングについてはかなり慎重にいかねばなりません。

群雄アンデのまとめ

アンデットデッキであれば採用もしやすい強力な展開妨害がてきるわけですが、この展開妨害を他のデッキでやるならセンサー万物積めば手軽にできます。
またはアンデットワールドをDNA改造手術に変えることで他のデッキでも採用できるコンボです。

みなさんの参考になれば幸いです!



0 件のコメント :

コメントを投稿