2020.4新リミットレギュレーション考察、リリーサーは監獄へ。



どうも不自由なYPです。

4/1から施行される新リミットレギュレーションが発表されましたがみなさんのデッキの調子はいかがでしょうか?

僕のデッキは、まあ、うん。って感じです。

とりあえず今回のリミットレギュレーションで前回考察したものを除き、予想外だったものを考察していきたいと思います。
今回も当ブログで筆を執ってくれているrootと考察していきます。
前回予想記事にて書いたカードや関連するものはまとめて書くので割愛します。




禁止


星杯の神子イヴ




性能が高すぎて特殊召還したら効果、墓地行っても効果。
シンクロにもリンクにも使われる存在でした。
新ルールでは様々な使われ方もするでしょう。
禁止です。

儀式魔人 リリーサー





守護竜エルピィ



不自由なYP「これは唐突やね」

root「レダメが帰ってくるからですね」

不自由なYP「レダメエラッタとは誰が予想できるやろうか、実質守護竜はピスティのみ生存。新ルールでどうなるかはわからんけどドラゴンリンクは改良を余儀無くされている」

root「いい感じのエラッタやな、しかしあのデザインかっこいいな」

唐突な禁止に驚きを禁じ得ませんでしたが、お帰りレダメの影響ですね。
ドラゴンリンクも別ルートを開拓するのに今大変そうです。

制限


ABCードラゴン・バスター



不自由なYP「ドラバス、格納庫とABCにもメス。
フリチェ除去はダメってのと展開強いもんなあ」

root「にしても、ABCは規制かけず様子をみてもいい環境パワーになっていることも事実、実際に規制されたけど、今後の状況次第では緩和は十分考えられるかと」

不自由なYP「なるほど。今後の環境と相談しながらって感じやろうね。」

オルフェゴール・ガラテア



不自由なYP「ガラテアも制限になった。これまで二枚ある安心感は消え去り、今後はガラテアを丁寧に使う展開が必要」

root「で、ガラテアだが、Exから2枚目のガラテアを使う機会がどれほどあるのか問題、確かに厳しくなって、回しにくくなった、
除外のオルフェをデッキに戻しにくくなったというのもある」

不自由なYP「軸は変わると思うというか変える、オルフェゴールの何軸にするか、または勝ち筋をどうするか?は各々のプレイスタイルによって大きく変わりそう」

root「使用人口は大きく減りそう」

オルフェゴール・ディヴェル




ジャンク・スピーダー



不自由なYP「これ禁止案件やろ」

root「制限で様子見か」

不自由なYP「可能な限り出てきます」

root「書いてることおかしい」

処刑人ーマキュラ(エラッタ)


【2020年4月以降の新テキスト】
効果モンスター(禁止カード、2020年4月1日から制限カード)
星4/闇属性/戦士族/攻1600/守1200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。
このターンに1度だけ、自分は罠カードを手札から発動できる。

不自由なYP「マキュラのエラッタから考えてもめちゃめちゃなことをしだすようには思えないんよね」

root「しっかりモンスターゾーンから墓地に送られた場合に発動できる効果になっていますね」

不自由なYP「ちょっと待って、こいつ線士族やん、。イゾルデで用意できてしまう。
手札から発動するにしても罠でめっちゃくちゃなやつって何あるやろうか?イゾルデ用意できる構築として」

root「罠が手札から発動できる 永続罠、カウンター、通常罠 色々使いみちはありそう。イゾルデ経由で特殊召喚することを考えれば、新規のオリファンの笛とも相性が良さそう」

SPYRAL-ジーニアス



不自由なYP「同名ターン1ないからしゃあない」

root「異論なし」


発条空母ゼンマイティ



不自由なYP「ゼンマイ時代とやらに生きてないから管轄外でノーコメントにしたいけど、これループできそうやね」

root「同名ターン1つけ忘れてること多すぎ」

ゼンマイマジシャン



超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ



不自由なYP「関連カードまとめて書くけど、本体にメス、各種パーツ1枚でも○○ドラグーンは動く」

root「関連ドラグーンで無くなるのは真紅眼融合素引きに頼るサブテラードラグーン消えるね」

不自由なYP「ピン挿しで良いテーマは残るね、召喚獣ドラグーンはライトステージの制限も相まって少し安定感なくなるかもやね」

TG ハイパー・ライブラリアン




デビル・フランケン




氷結界の龍 トリシューラ




捕食植物ヴェルテ・アナコンダ




捕食植物オフリス・スコーピオ



不自由なYP「簡易融合、ブリリアントフュージョンをサーチできるダーリンの存在からかオフリスも制限」

root「簡易融合悲しいよな」

不自由なYP「悲しい、初動、誘発ケアと使える札やのに悲しい」

root「構築かえやんとあかん人多そう」

餅カエル



不自由なYP「なんでや?確かに強いけども」

root「餅餅餅結界像越えれる?」

不自由なYP「無理です」

root「怖いから制限や」

リンクロス



レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン(エラッタ)



【2020年4月以降の新テキスト】
効果モンスター(禁止カード、2020年4月1日から制限カード)
星10/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2400
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは自分フィールドの表側表示のドラゴン族モンスター1体を除外し、
手札から特殊召喚できる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地から「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」以外の
ドラゴン族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

不自由なYP「先にも言うたけど誰が予想できるんよ」

root「かっこいい、ほしいな」

不自由なYP「ほすぃ」


簡易融合




トリックスター・ライトステージ



ブリリアント・フュージョン



真紅眼融合




ユニオン格納庫



六武の門



不自由なYP「六武の門、これ制限でも強いな」

root「2枚以上門があると無限に動くことになるからな」

不自由なYP「無限にリンクできそう」

root「ほぼ全ての誘発をうけるけどEXリンクできるテーマやから」

準制限


D-HERO ディアボリックガイ




ドラコネット



不自由なYP「ドラゴンリンクの終末を告げるのか、イヴとエルピィの存在からか。。そこまでリンクできんくなったのか準制限に」

root「イヴがなくなったのが大きい」

未界域のジャッカローブ



不自由なYP「未界域についてはノーマーク」

root「やなー、今後の動き次第かなあ」

未開域のネッシー



継承の印





制限解除


トリックスター・キャンディナ




灰流うらら



不自由なYP「うらら3は財布ポイントへのダメージ高い、もう値上がりしてるし」

root「今後展開テーマが増えるから増殖するGに対して9枚体制で迎え撃てるのは強い。」

不自由なYP「うらら3枚積む枠確保せねば」

root「先攻こちらで相手のGを何で止めるかも重要、墓穴で止めてわらし、ロンギヌスやと動かれへんから。うららで可能なら止めたい」

ベビケラサウルス



ユニコールの影霊衣



レディ・デバッガー



2020.4新リミットレギュレーション考察、リリーサーは監獄へ。まとめ

個人的にめちゃくちゃ痛いのが簡易融合。

これが1枚となってしまってはEXデッキの枠を割くかどうか?簡易融合を採用するメリットはあるのか?など考えどころが多くちょっと頭ひねらないとしんどいことになりそうです。

また、うららの制限解除で財布ポイントも減っていくのと値上がりが半端じゃなさそうです。レアコレ探す旅に出ます。お近くに販売しているところがあれば教えてくださいまし。

しかしながら今回のリミットレギュレーションも前回同様概ね納得のいく改訂だったので4月からの環境推移もおもしろそうだなあと思います。