神の●● 遊戯王唯一のスペルスピード3、カウンター罠について



どうもrootです。

最近の遊戯王は、モンスター主流で無効を構えることが基本となりつつあります。そういった中で、≪神の宣告≫などのカウンター罠はそれらの発動を許さず無効にできるため、事前に対策しなければならないカードであるとともに、各テーマの専用カウンター罠が増えたことで戦術の幅が広がりました。今回ではカウンター罠の基礎と気をつけること、カウンター罠を一部ですが紹介できたらと思っております。



カウンター罠の主な効果

カウンター罠は相手の行動に合わせて、それらを妨害するものがほとんどです。

召喚無効



モンスターの召喚を無効にし、フィールドにモンスターが着地しない状態のまま破壊します。文字通り、モンスターの召喚がなかったことになります。従って召喚成功時の効果発動を許さず、永続効果も適用されないままとなります。
(例)≪人造人間-サイコ・ショッカー≫のアドバンス召喚に対して発動した≪神の警告≫は無効にされる前に召喚が無効になります。また、召喚無効できるのはチェーンブロックを作らないタイプのもののみとなります。
(例)融合 に対して≪昇天の剛角笛≫を発動できるタイミングはありません。

さらに、召喚を無効にされた特殊召喚モンスター(Sモンスターなど、通常召喚できないモンスター)は蘇生制限を満たさず、墓地や除外から死者蘇生などの効果で特殊召喚することはできません。また、1度蘇生制限を満たした後に裏側表示になり、反転召喚をした場合に召喚無効を受けた場合、蘇生制限はなくなります。

魔法罠カードまたはモンスター効果の発動無効



カウンター罠と言えばこれですね。
相手の発動に対してチェーンし、その発動を無効にします。カウンター罠で注意すべき点は、現在のところ既に発動済みの魔法罠の、効果の発動を無効にすることが出来ない点ですね。

効果の発動無効と、カードの発動無効に関しては以前にも紹介しています。

召喚無効・発動無効以外


特定のタイミングで発動できるカウンター罠も存在します。相手攻撃宣言時に使用する≪攻撃の無力化≫や、サーチしたときに発動できる≪強烈なはたき落おとし≫などがあります。

スペルスピードについて

効果の発動は一部例外を除いて、スペルスピードのルールを守らなくてはなりません。スペルスピードは、チェーンブロックに関係しており、発動したカードよりも遅いスペルスピードのものは、基本的に発動できず、各カードによってそのスピードが設定されています。

スペルスピード1

モンスターの起動効果・誘発効果、通常魔法、フィールド魔法、永続魔法、装備魔法、儀式魔法がこれに該当します。なお、速攻魔法の墓地効果はスペルスピード1です。

スペルスピード2

モンスターの誘発即時効果、速攻魔法、通常罠、永続罠がこれに該当します。罠の墓地効果はスペルスピード2です。

スペルスピード3

カウンター罠のみがこれに該当します。
どの効果に対しても発動でき、これにチェーンできるのは同じカウンター罠だけとなります。相手に複数の妨害があっても、それがスペルスピード2のものだけであったりすると、こちらのカウンター罠は妨害されません。


カウンター罠紹介

汎用カウンター罠紹介

≪神の宣告≫


カウンター罠
(1):LPを半分払って以下の効果を発動できる。
●魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
●自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを無効にし、そのモンスターを破壊する。
半分のライフをコストにモンスターの効果魔法罠の発動を無効破壊、またはモンスターの召喚 反転召喚 特殊召喚の召喚無効。前半でも後半でも発動はできる元祖カウンター罠。現環境においても強いです。ただし前半に使うとコストがライフ4000となり、盤面が止まらなければライフを削りきられる可能性があります。打ちどころは知識と状況判断力が必要になる1枚です。

≪神の警告≫

カウンター罠
(1):2000LPを払って以下の効果を発動できる。
●モンスターを特殊召喚する効果を含む、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
●自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを無効にし、そのモンスターを破壊する。
コストはライフ2000。モンスターが出てくることに対して絶対の力を持ちます。個人的に≪ダイナレスラー・パンクラトプス≫ キラーと化しています。

≪レッド・リブート≫

カウンター罠
このカードはLPを半分払って手札から発動する事もできる。
(1):相手が罠カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、そのカードをそのままセットする。
その後、相手はデッキから罠カード1枚を選んで自身の魔法&罠ゾーンにセットできる。このカードの発動後、ターン終了時まで相手は罠カードを発動できない。
ライフ半分をコストにすると手札からも発動できるカウンター罠。罠対策の罠です。罠の発動を無効にし、相手は1枚デッキから罠をセットできますが、そのターン一切の罠カードの発動を封じます。決めきるときのお供として、罠メインのデッキからすると恐怖の1枚として、現代遊戯王に君臨しています。なお、決めきれなかった場合は…。


サーチまたサルベージ可能な専用カウンター罠

≪剣闘獣の戦車≫


カウンター罠
(1):自分フィールドに「剣闘獣」モンスターが存在し、モンスターの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
登場時はサーチは出来ませんでしたが、≪剣闘獣エクイテ≫によりサルベージできたため、1枚を使いまわしできました。剣闘獣と相手をする場合、最も気をつけたい1枚です。ターン1ありません。

≪インフェルニティ・バリア≫

カウンター罠
自分フィールド上に「インフェルニティ」と名のついたモンスターが表側攻撃表示で存在し、自分の手札が0枚の場合に発動する事ができる。
相手が発動した効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。
発動条件は【インフェルニティ】であれば容易に満たせるなんでも無効。このカードと合わせ、専用通常罠である≪インフェルニティ・ブレイク≫もあって強力です。

≪サラマングレイト・ロアー≫

カウンター罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに「サラマングレイト」リンクモンスターが存在し、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、自身と同名のモンスターを素材として「サラマングレイト」リンクモンスターが自分フィールドにリンク召喚された場合に発動できる。このカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
現代の≪インフェルニティ・バリア≫です。なんでも無効は健在ですね。


≪セフィラの進撃≫

カウンター罠
(1):モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、
自分のエクストラデッキから表側表示の「セフィラ」モンスター1体を除外して発動できる。その発動を無効にし破壊する。
【セフィラ】にて使用されます。現在はこれと«竜星の九支»とともに採用され、先攻にてモンスターでの妨害と魔法罠での妨害を立てられ、非常に硬い盤面となっています。


≪クロノダイバー・レトログラード≫

カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「クロノダイバー」Xモンスターが存在し、魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にし、そのカードを自分フィールドの「クロノダイバー」Xモンスターの下に重ねてX素材とする
【クロノダイバー】にて使用されます。魔法罠の発動を無効に、素材にするというもの。



≪オルフェゴール・クリマクス≫

カウンター罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに「オルフェゴール」リンクモンスターが存在し、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にし除外する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキのモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、機械族・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える。この効果を発動するターン、自分は機械族・闇属性モンスターしか特殊召喚できない。
【オルフェゴール】にて使用されます。オルフェゴールリンクモンスターが自分フィールドに存在するとき発動条件をみたす万能カウンター。しかも、無効除外なので、破壊耐性のあるモンスターの除去も可能です。また、墓地効果も優秀で、上記の効果と1ターン内ではいずれか1回しか使えないものの、【オルフェゴール】で採用されている重要なモンスターはほとんどサーチできてしまいます。制約に関しては、他のオルフェゴールモンスターと異なり「発動するターン」に関するものなので注意してください。


≪永遠に輝けし黄金郷≫

カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「エルドリッチ」モンスターが存在し、
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースして発動できる。その発動を無効にし破壊する。
【エルドリッチ】における万能カウンター。発動コストがあるため、そのコストの捻出方法と、コストを支払ったあとのリソースの問題がありますが、専用の万能カウンターはそれだけで強いというものです。

神の●● 遊戯王唯一のスペルスピード3、カウンター罠について まとめ

いかがでしたか。現在はカウンター罠といっても罠ビート以外でも専用のカードが存在しており、その効果も無効破壊を基本に、無効除外、無効にしてX素材にする、無効にしてバウンスなど様々な種類が存在します。カウンター罠の性質を正しく理解して重要な場面で使用できることを願っています。