ラプテノスの超魔剣考察、強みや注意点、弱点、相性のいいカード



  • ラプテノスの超魔剣の上手な使い方を知りたい。
  • ラプテノスの超魔剣の注意点や弱点など知りたい。

どうも不自由なYPです。

前回ストラクチャーデッキRウォーリアーズストライクの魔改造デッキレシピをアップしました。
ウォーリアーズストライクにて新規登場し、強いことしか書いてないこのカードを今回は考察していきたいと思います。

詳しく見ていきましょう。




まずはラプテノスの超魔剣のテキスト確認



装備魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):装備モンスターの表示形式によって以下の効果を適用する。
●攻撃表示:装備モンスターは相手の効果の対象にならない。
●守備表示:装備モンスターは戦闘では破壊されない。
(2):自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。
装備モンスターの表示形式を変更し、モンスター1体を召喚する。

①は表示形式によって付与される体制が変わる特殊な効果、対象耐性と戦闘破壊耐性は普通に強いです。
②はどちらかのバトルフェイズに表示形式を変更することで手札からモンスターを特殊召喚できる強力な強制効果。

ラプテノスの超魔剣の強み

耐性付与による場持ちの良さは中々強く、相手ターンに攻撃表示で置いておき対象をとる効果から身を守りを、バトルフェイズになったら守備に変え戦闘破壊耐性を付与する流れはやはり単純に強いです。

後述する相性の良いカードに装備することで相当除去しづらいモンスターを置くことが出来ます。。

ラプテノスの超魔剣の弱点と注意点

弱点

装備魔法ということで除去対象にされやすいですね。
モンスターが厄介なら装備から潰そうというのは自然な流れ。

注意点

②の効果なんですが手札にモンスターがいない場合は発動できない点には注意が必要です。
守備、攻撃に変更するタイミングはバトルフェイズ開始時と限定的なので盤面の状況次第では使わない方が良いときもあります。

ラプテノスの超魔剣と相性の良いカード

ラプテノスの超魔剣と相性の良いカードをご紹介。

ヴァレルソード・ドラゴン



リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000
【リンクマーカー:上/左/左下/下】
効果モンスター3体以上
(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示にする。
このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、
そのモンスターの攻撃力は半分になる。

個人的に相性抜群だなぁと思うのが暴力の化身ヴァレソ。

自身に装備するも良し、自軍に装備するも良しで、まずヴァレルソード・ドラゴンに装備するのであればマスカレーナの効果破壊耐性も付与しておくと、戦闘破壊、効果破壊、対象耐性を持つ厄介な暴力の化身となることが出来ます。

またヴァレルソード・ドラゴン以外のモンスターに装備しても良く、攻撃表示のリンク以外のモンスターならばヴァレルソード・ドラゴンで一旦守備にしておき二回攻撃できるようにしてからラプテノスで攻撃表示に変更し手札からモンスターを出しつつ攻撃に参加させるという流れも可能に。

機械竜 パワー・ツール



シンクロ・効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻2300/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分のターンにこのカードが装備魔法カードを装備した時、
デッキからカードを1枚ドローできる。
「機械竜 パワー・ツール」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、1ターンに1度、フィールド上に表側表示で存在する装備カード1枚を選択し、
正しい対象となるこのカードに移し替える事ができる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

装備魔法+パワー・ツールが中々強くて、自分ターンにパワー・ツールに装備するとワドローして
相手ターンになれば守りたいモンスターに装備し直し耐性を付与させるといった芸当も可能になります。
レベル7シンクロなのでFAライトニングマスターと競り合いになりちょっと出しにくくはなりますが、それでも積んでおいて損はないかなと思います。

妖精伝姫-シンデレラ



効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いにこのカード以外のフィールドのモンスターを魔法カードの効果の対象にできない。
(2):1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んでこのカードに装備する。
その装備魔法カードはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。

こちらも装備魔法全般と相性の良いシンデレラ。
サーチが可能なのですが、もしサーチせずに攻撃表示のシンデレラにラプテノスを装備するとどうなるか?
フィールドの自分・相手のモンスターはシンデレラ以外魔法の対象にならず、相手の魔法はシンデレラにしか打てず、打てないけど対象にならないという不可思議な状態に。
これはちょっと事務局に聞いておきたいところなんですが、もしかすると対象をとる魔法ロックになるかもしれません。
えらいひと教えて

サーチができるのはやっぱり強くて竹光とかとも相性いいしワンダー・ワンドでドローソースに変えてしまってもいいかなと思います。

ラプテノスの超魔剣考察まとめ

書いてあることにデメリットがないのはやっぱ強くて、手札のモンスターってざっくりしか書いてないので特殊召喚モンスターでなければサクッとと出して攻撃に加勢できるし、対象を取る精神操作とか大捕り物、無限泡影なんかをケアできるのは心強いですね。

僕が構築したデッキでは2枚採用していて初手にきてくれるといいなと思いつつ3枚は重いかなと考えて別のカードに変えています。

また対策や相性の良いカードなどがあればコメントなどで教えていただければと思います。

みなさんの参考になれば幸いです。




0 件のコメント :

コメントを投稿