ハリファイバーを禁止に追い込むカード、リンクロスを考える




どうも不自由なYPです。

巷で噂されるとんでもないリンクモンスターがエタニティ・コードからでるということで、これまでリミットレギュレーションが近づけばいつもハリファイバー禁止説が浮上してきましたが今回はいよいよかなと思います。

リンクロスのテキスト確認




リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/サイバース族/攻 900
【リンクマーカー:下】
リンク2以上のリンクモンスター1体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
そのリンク素材としたリンクモンスターのリンクマーカーの数まで、
自分フィールドに「リンクトークン」(サイバース族・光・星1・攻/守0)を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「リンクトークン」をリンク素材にできない。

効果はシンプルなものてリンク2以上のモンスターを素材にリンク召喚可能で素材にしたリンクモンスターのリンクマーカーの数だけレベル1トークンを特殊召喚、トークンはリンク素材には出来ない制約があります。

トークン生成+リンクマーカーの縛りの無くなったシンクロの爆発力

何がそんなにダメなのかと言うと可能性の塊なんですよねリンクロスが。
例えばハリファイバーをリンク素材にすればトークンが2体、ハリファイバーでリクルートしたチューナーと合わせて以下のようなソリティアパーツを簡単に呼び出せるという点と4月のルールでメインに置ける点。
シンクロでソリティアがバンバン出来てワンキルを行える布陣を構えることができることがハリファイバー禁止説を濃厚にしているという状況です。

武力の軍奏


シンクロ・チューナー・効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻 500/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合、自分の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):このカードをS素材としたSモンスターは、
フィールドに表側表示で存在する限りチューナーとして扱う。

簡単なところではレベル1トークン2体とジェットシンクロンでレベル3の武力の軍奏なんかが高くなってきてます。
墓地のジェットを蘇生して動いたり、オライオンから作るとトークンを一つ残しつつ、軍奏で墓地へ送られたオライオン効果でトークン、オライオン蘇生みたいな流れができて超面白そうなんですよね。
やってみてぇ。

星杯の神子イヴ


シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/水属性/魔法使い族/攻1800/守2100
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードをS召喚する場合、自分フィールドの「星杯」通常モンスター1体をチューナーとして扱う事ができる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
(2):S召喚したこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「星杯の神子イヴ」以外の「星杯」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

まだ考え中なのですがアンデットイヴルートなんかも面白そうで
ハリファイバーからユニゾンビ、ハリファイバーをリンクロス、ユニゾンビとトークンでイヴ、継ぐものでユニゾンビ蘇生、アンデットの展開。
みたいなのも容易にできるのでソリティア脳が刺激されますw

バイバイ、ハリファイバー



また新規ネメシスなんかもハリファイバー戻したり出来ますし、ちょっとハリファイバーが4月に生き残るイメージがつかないので諦めて家で飾っておこうかと思ってます。