【ふわんだりぃず】テーマカード10枚を考察



どうも不自由なYPです


今回は2021年7月17日発売予定のPHANTOM RAGEから新規テーマとして登場した「ふわんだりぃず」について紹介ていきます。

  • ふわんだりぃずに興味あるけど、どんなテーマか知りたい
  • ふわんだりぃずのカードの使い方などについて知りたい

といった方の参考になります。


ふわんだりぃずってこんなテーマ

風・水属性、鳥獣族レベル1の下級モンスターと同様の種族でレベル10の上級モンスターで構成されるテーマで"アドバンス召還と召還"を主に使います。

下級の召還成功時効果を発動すると制約として"特殊召喚ができなくなる"というものがありますが、このテーマだと重くない縛りで逆に"増殖するG"や"虚無空間"などの特殊召喚に対して強力なメタカードの一切を受け付けません。

また、下級モンスターはフィールドから墓地へ送られることはなく、除外ゾーンへ行き、そこから手札に回収できることから墓穴の指名者や屋敷わらしなどのポピュラーな妨害をものともしない地力の高いテーマとなっています。

ただし1枚初動はありますがうららや無限といった妨害だとそのままエンドとなることもあるため2枚で動くことが前提とはなります。

ふわんだりぃずのモンスター

かわいらしいイラストながら、リソース回収と展開の爆発力はプランキッズを彷彿させるパワーがあります。
下級の共通効果として
  1. 召還成功時効果を発動すると特殊召喚ができなくなる
  2. フィールドから墓地へ送られる場合は除外される
  3. 除外されている状態で自分フィールドに鳥獣族が召喚された場合に自身を手札に戻す
というものがあります。

ふわんだりぃず×いぐるん




効果モンスター 星1/風属性/鳥獣族/攻 800/守1000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、 この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。 デッキからレベル7以上の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。 その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、 自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。 このカードを手札に加える。

召喚成功時にデッキからレベル7以上の鳥獣族をサーチしつつ手札から鳥獣族を召喚できる効果。
これでえんぺんや巨神鳥などのモンスターをサーチします。

ふわんだりぃず×すとりー





効果モンスター 星1/水属性/鳥獣族/攻 700/守1100
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、 この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合、 自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。 その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、 自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。 このカードを手札に加える。

相手の墓地や場合によっては自分の墓地のふわんだりぃずネームを除外して手札から鳥獣族を召喚できる効果、先攻の初動としては些か問題のあるカードで墓地にカードがないと効果を使えない為召喚権の無駄打ちになるので使いどころを考えなければならない1枚です。

とはいえ、相手の墓地を除外できればアドバンテージを稼ぎつつ展開を後押しできる1枚なので結構重宝します。

ふわんだりぃず×とっかん




効果モンスター 星1/風属性/鳥獣族/攻 500/守1300
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、 この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合、 除外されている自分の「ふわんだりぃず」カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。 その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、 自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。 このカードを手札に加える。

こちらは前述のすとりーよりもハードルが高い1枚。
除外ゾーンにふわんだりぃずを送らなければならない都合上、後述の謎の地図と合わせることで爆発力は上がるものの要求値も高くなることから採用枚数は1~2が妥当かなという印象です。

ただ謎の地図と合わせることでうららをケアしながら任意のふわんだりぃずカードを手札に加えることができるのは魅力で未知の風などを引き込めるとゲームを優位に持っていけるので使いどころに頭を悩ませる1枚。

ふわんだりぃず×ろびーな




効果モンスター 星1/水属性/鳥獣族/攻 600/守1200
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、 この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。 デッキからレベル4以下の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。 その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、 自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。 このカードを手札に加える。

THE初動、この1枚からの動きとして
ろびーな通常召喚(ここにうららを打たれると辛い)
→いぐるんサーチして召喚
→いぐるんでえんぺんサーチしてアドバンス召還
→えんぺんサーチチェーン1、除外ゾーンのいぐるんチェーン2でいぐるん回収、えんぺんで魔法罠のサーチが成立しいぐるんを召還してろびーな回収でもいいですし、温存してもいい。

えんぺんが立っているだけで攻撃表示の特殊召喚されたモンスターは効果を発動できない為妨害としても優秀。

巨神鳥が手札にあるなら謎の地図で更に展開して出しておいてもいいし、手札にだぶっている鳥獣があるなら未知の風でマリガンしてもいい、と選択肢がとても多いので相手に合わせた妨害を選んでおくといいです。


ふわんだりぃず×えんぺん




効果モンスター 星10/風属性/鳥獣族/攻2700/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ふわんだりぃず」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 その後、モンスター1体を召喚できる。
(2):アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、 相手フィールドの特殊召喚された攻撃表示モンスターは効果を発動できない。
(3):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、手札を1枚除外して発動できる。 その相手モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる。

  • アドバンス召還でふわんだりぃず魔法罠サーチ
  • 特殊召還された攻撃表示モンスターの封殺
  • ダメージ計算時に手札コストを払うことで攻守半分
と仕事量が半端ない1枚。
なお、サーチについてはターン1が無いため上振れると未知の風と夢の町みたいな動きも可能です。

ふわんだりぃず×すのーる




効果モンスター 星10/水属性/鳥獣族/攻2900/守 800
(1):アドバンス召喚したこのカードが存在する場合、1ターンに1度、発動できる。 このターン自分は通常召喚を3回まで行う事ができる。
(2):アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、 その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(3):相手ターンに1度、手札を1枚除外して発動できる。 相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て裏側守備表示にする。

  • 召喚権を三回まで使える起動効果
  • 自分のモンスターに守備貫通付与
  • 相手ターン限定のフリーチェーンで手札を除外して、相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て裏側にする効果
とこちらはえんぺんと比べて少々攻撃的な効果です。

使ってみた感じだと枠に余裕があるなら積みたい1枚かなという印象です。

ふわんだりぃずの魔法・罠

今回の新規はカウンターも含めて全てサーチ可能だからか、めちゃめちゃな効果があるわけではありませんが、1枚やばいのが潜んでます。

ふわんだりぃずと未知の風




永続魔法 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 自分がモンスター2体のリリースを必要とするアドバンス召喚をする場合、 モンスター2体をリリースせずに自分フィールドのモンスター1体と 相手フィールドのカード1枚を墓地へ送ってアドバンス召喚できる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。 手札の鳥獣族モンスターを2体まで相手に見せ、好きな順番でデッキの一番下に戻す。 その後、自分は戻した数だけデッキからドローする。

やばいカードだなとおもうのがこれですよね。

  • シャドウディストピアよりも質が悪いターン1なしの対象を取らないあらゆるカードをコストとして墓地送り
  • マリガン
①については強すぎてこわいです。
②は普通に強いです。
このカードやばいです。

ふわんだりぃずと謎の地図




フィールド魔法 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。 手札からレベル1の「ふわんだりぃず」モンスター1体を相手に見せ、 見せたモンスターとはカード名が異なる「ふわんだりぃず」カード1枚をデッキから除外する。 その後、見せたモンスターを召喚する。
(2):相手がモンスターの召喚に成功した場合に発動できる。 自分は「ふわんだりぃず」モンスター1体を召喚する。

ほぼほぼ初動みたいな効果で、要するにとっかんも初動になれるよ!という効果です。あと重要なのが"うららケア"の側面も合わせているというところです。

ろびーなやいぐるんの通常召喚時効果に除外されてる下級ふわんだりぃずモンスターの回収効果をチェーンしてやればうららに妨害されること無く効果を通すことが出来るので非常に優秀です。

また、後述する夢の町に近い②の効果ですが相手依存ですが、貼ってれば誘発してくれるのでタイミング次第で巨神鳥などで万能無効を先出ししておくのも一興かと思われます。



ふわんだりぃずと夢の町




通常罠 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。 レベル4以下の鳥獣族モンスター1体を召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、 自分がレベル7以上のモンスターのアドバンス召喚に成功した場合、 このカードを除外して発動できる。 相手フィールドのモンスターを全て裏側守備表示にする。

使いどころが難しいものの一度使うと病み付きになる効果です。

要するに相手ターンに展開して妨害でしていくよーというもの。

墓地効果ととっかんの噛み合いもよく上手く回せれば毎ターン相手の動きを阻害していけます。

ふわんだりぃずと怖い海




カウンター罠 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに、アドバンス召喚された表側表示モンスターが存在し、 特殊召喚されたモンスターが存在しない場合、相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。 その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを持ち主の手札に戻す。 このターン、相手はモンスターを特殊召喚できず、通常召喚を3回まで行う事ができる。

難しいんすよね。
発動条件自体は問題ないけど特殊召喚無効という性質だとかなり限定的な場面でしか使えないです。
とはいえサーチできるテーマカウンターが弱いわけないので好みなのかなと思われます。
ただ烈風の結界像が無理無く出せるので僕的には要らないかなと思ってます。

ふわんだりぃずまとめ




イラストが可愛いのにやることえげつないテーマと思っていて

妨害を受けない前提だと
ろびーな1枚でえんぺんによる特殊召喚された攻撃表示モンスターの効果発動封殺と夢の町によって展開し2枚バウンス(ライザー)or無効(巨神鳥)などの動きも可能。

ろびーなの回収も相まって次のターンの返しも強いです。

展開については後日書きますが一応一枚初動はあれど、ほぼ二枚初動のテーマと認識した方が良さそう。

では、また!