遊戯王における人付き合い、ネットとリアルの話



どうも不自由なYPです。

人付き合いって困ることありますよね。
昨今ではSNSなどから付き合いが始まる人間関係もたくさんあります。
そんな中リアル(ネット)では良い人だけど、もう片方では言動に問題がある人についてお話していきたいと思います。
これ僕個人的に感じる部分でも有り、結論から言うと付き合いを辞めました。



リアルでは良い人、ネットでは素行の悪い人



僕の話なんですけど実際にネットでお話をしてオフで会って「良い人だなあ」と思う人っていますよね。

例えば言葉遣いが綺麗だったり仕草などが細やかだったり。

僕は遊戯王を始めるまではオタクがする遊びだから”オタクな人”ばかりが集まっているものだと思い込んでいました。

しかし蓋を開けてみるとイケメンはいるわ、イカツイのもいるわでどこにチェックシャツのメガネいるんだYO!と言いたくなる顔ぶれでした。

そんなオフデビュー以降も出会う人は確かにイメージ通りのオタクな人もいたりしましたが大体は”街中で見かけても普通な人”ばかりで会話もスムースで特段コミュニケーションが取れない人というのはあまり見かけなかったんですね。

時は流れてリアルで遊んでいたある人とツイッターで繋がったのですが、発言にやや問題があるというか、リアルでは聞いたことが無いような言葉を使っていました。
驚愕しました。リアルでは良い人やったのにネットやとこんな発言するのかと。

僕自身は別にネットとか好きなように発言すれば良いと思っているのですが、それでも限度みたいなのってありますよね。
例えば外見だったり、本人では治せない部分だったりを揶揄しているいたりとか。

そんな発言を見かけてからは冒頭にも書きましたが、もうネットでもリアルでも絡むことはやめようと思いました。

ネットでの対人関係の面倒くささと解決策



しかしながら、一度繋がった関係というのは自分からは切りにくくヤキモキするものでした。

何せ最初の印象が良かったからネットでも繋がってみたら「えぇ...」となるものばかりで正直繋がってしまった事を後悔しましたね。表面的付き合いだけの方がよかったのかもしれないと。

ツイッターで相互フォロー関係の関係だった場合、ブロックすればカドが立つしフォロー解除しても同様でやはり面倒だなあと思っていたところある解決策がありました。

相手方の発言がこちらの”精神衛生上悪い”というのであれば『ミュート』というシステムを使うと相手の発言がこちらのタイムラインに表示されず、かつ相手に知られることはほぼ無い。

これでこちらにリプが飛んでこない限り絡むことが無くなり割とあっさりと解決できました。

遊戯王は一人ではできない



今回の話ってリアル、ネットを逆にしても成り立つ話です。
カマトトぶれとは言いませんが、尖った発言の裏で自分の価値を下げてしまうこともあります。

ネットだから好き勝手言っていいというものでもありませんし、リアルで粗暴な態度はやはり御法度です。

遊戯王というコンテンツ以外にも言えることですが、人と繋がる以上は自分が思うよりも多くの目がチラ見かもしれないけれど、確かにそれらは自分に向いていると頭の片隅に置いて発言した方が身のためかもしれません。

遊戯王は対面で人の嫌がることをするゲームですが、盤面以外では紳士的な態度、対応を心がけていきたいと思います。

自戒も含めて、皆さんの遊戯王ライフの何かの参考になればと思い書き残しておきます。