コピーデッキは悪いものなのか?を考える



どうも不自由なYPです。
今回はちょいちょい言われるコピーデッキについてです。
「あいつ人の構築丸パクリで勝ってうれしいんかな?」とか聞きません?

僕個人的な意見を述べさせてもらうと全く問題ないと思ってます。

コピーデッキが批判される理由



大まかにコピーデッキが批判される理由を以下にまとめました。

  1. 自分で考えた構築じゃないから愛着が持てない
  2. 人の構築をパクっただけだからオリジナルの動きがない
  3. 相手してても面白くない
ざっと僕のTLに流れてきたのはこんな感じでした。

さて、一つずつ見ていきましょう。

自分で考えた構築じゃないから愛着が持てない


これは人次第としか言いようがないですが、分からんでもないですね。
自分で一生懸命にギミックや相性を考えて練りに練った構築って思い入れが違いますよね。
何日も考えて何回も一人で回して、誰かと調整とか相談したデッキってやっぱり愛着が深いと思います。

人の構築をパクっただけだからオリジナルの動きがない


先程の書きましたがオリジナルで考えたものってその人にしか扱えない動きとか相性とかが詰め込まれてるので動きとか対面したときに「何が起こっとるん?」ってなります。

相手してても面白くない


これはちょっと考えものですね。まず相手してても面白くないのは構築だけにあらずと伝えたい。
面白さは対面するプレイヤーの態度だったりコミュニケーション能力にも少なからず依存する部分です。

展開がハリンクロオライオンでつまらんとかに通ずると思うんですが、各テーマはそれなりに大筋が決まってるので「面白くない」と言われても「いや、そういうものですしおすし」としか言いようが無いです。
これはもはや言いがかりと言ってもいいと思います。

コピーデッキ推奨派の僕の意見



僕自身は大会優勝デッキレシピを参考にすることに賛成です。
あくまで僕とその周りの方の意見なんですけど、実績あるデッキレシピをコピーしブレイングを学び、あらかたのテーマのマストカウンターや潰されて嫌なところを学ぶ。 

強い人って大抵人のコピーから入ってます。

これって勝つためにはめっちゃ必要な要素です。

勝敗のあるゲームで遊ぶ以上勝つことに拘るのは必然であり、誰かに"楽しみ方"を強制されるものではないと思っています。

なので、優勝実績があったり環境テーマを使い、まずは勝つことを経験するのは良いことです。

かといって"強いテーマ使ってるから勝てる"というものでも無いのが深いところで先述のようにプレイングと相手の弱点を知ることも重要です。

また、環境テーマを握ると「次の制限改訂が怖い」という声もあります。

こればっかりは仕方ないのかなと思っていて、現状の構築、ギミックの根底を覆す禁止制限ならもうどうしようもないかも知れませんが、少々の規制なら動けます(サンダードラゴンなんかは良い例)またその枠に汎用カードや別ギミックを増やしたりで何なりと対応できるので、環境コピーデッキだからといってそこまで怯える必要はないのかなと思ってます。

ただ推奨派ではあるものの闇雲に構築済みの環境デッキを購入すると結構の値段になるので時間にゆとりがあるならぼちぼちとパーツを集めた方が安かったりもするのでそこらへんは時間と財布と相談です。

コピーデッキは悪いものなのか?を考える まとめ



新たにデッキを組むときって大方の人が○○テーマ デッキレシピ とか○○テーマ優勝 デッキレシピ とか検索して組むと思うんですがみなさんどうしてます?

まず最初はそのテーマのギミックや強みが分かる構築にして徐々にプレイングも覚えていく→実践し頭に叩き込む。

勝つことを目的としているからコピーデッキがある訳で、ファンくらいで「このカードを耀かせたい」と思って組むものとはまた別だと思うんですよね。

ファンはファンで自分のやりたいことを詰め込むもよし、ガチや環境なら面白味にかけるかもしれないけど強さを求めるもよし。

ただコピーデッキ使えば勝てるってほど遊戯王は甘くないので実践あるのみですね。