召喚僧サモンプリースト考察、強みや注意点、弱点、相性の良いカード



  • 召喚僧サモンプリーストの上手な使い方を知りたい。
  • 召喚僧サモンプリーストの注意点や弱点など知りたい。

どうも不自由なYPです。

随分と昔からあるカードであり、コンボギミックの一部となる召喚僧サモンプリーストを今回はご紹介。
展開要員としてめちゃくちゃ重宝するこのカードですが、僕は様々なデッキに採用していて




今後もまだまだ過労死するくらいには働いてもらいたいんですが、ここにきて一度しっかりと考察していこうと思います。

詳しく見ていきましょう。



まずは召喚僧サモンプリーストのテキスト確認




効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻 800/守1600
(1):このカードが召喚・反転召喚に成功した場合に発動する。
このカードを守備表示にする。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードはリリースできない。
(3):1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
デッキからレベル4モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

強制効果で低い攻撃力をカバーし、壊獣、ラヴァゴーレムも寄せ付けない珍しい『リリースされない』効果を有しています。
そして、メインとなる「魔法コストを切るとデッキからレベル4モンスターを特殊召喚できる」効果
これほんと強い。

召喚僧サモンプリーストの強み

先ほどめっちゃ強いと言った効果何ですが、手札に魔法カードが二枚とか三枚あれば同名ターン1と同名リクルートの制約が無いため
召喚僧サモンプリーストを特殊召喚し魔法コスト切る→更に召喚僧サモンプリーストを特殊召喚し魔法コスト切る→更に召喚僧サモンプリーストを特殊召喚し魔法コスト切る→別のレベル4モンスター特殊召喚
と言う具合に魔法コスト3枚でモンスター4体が並ぶことに。
ここからリンクするなりエクシーズするなりと展開の幅が広がります。

非常に強力なカードと言えますね。

召喚僧サモンプリーストの弱点と注意点


弱点

シンプルですよね。
誘発ガンガン受けるんですよ。
これ強制効果の守備表示にうさぎ打たれるとなら可愛いんですけど、普通に魔法コストきった時にうらら食らったら普通に損です。
召喚権を使うので守備表示の彼がポツンと場にいるだけでターン終了。

なんというか「今からガンガン展開すンぞ!」って意気込みから「うらら?ですよねーwwあ、ターン終了で」みたいな流れ虚しいです。

注意点

この効果で召喚したモンスターは攻撃できない制約と魔法コストについてですね。
墓地で活用できる、もしくは再度手札に戻せるようなギミックのカードであればガンガン回してもいいんですけど手札に墓穴の指名者しかないとかになると動きづらいです。
「はい、コストきって発動」
「うららで」
い ま 切 っ た 墓 穴 返 し て ! !

召喚僧サモンプリーストと相性の良いカード

召喚僧サモンプリーストと相性の良いカードとテーマをご紹介。

ウィッチクラフト



ぱっと思い付くテーマで相性が良さそうなテーマがウィッチクラフト。
コストに使っても戻ってくるし、魔法使いなのでサポートも共有しやすいですね。
あと絵アド高いです。なのでこのむさ苦しいおっさん採用するか?は要検討。

錬装融合



通常魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・フィールドから、
「メタルフォーゼ」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合に発動できる。
墓地のこのカードをデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

手札コストで落として尚且つドローまでさせてくれるすごいやつ。
融合要素の無いデッキでも採用される汎用魔法てすね。

終末の騎士orダーク・グレファー




効果モンスター(制限カード)
星4/闇属性/戦士族/攻1400/守1200
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから闇属性モンスター1体を墓地へ送る。


闇属性を利用するデッキにおいて同じレベル4で重宝するといえばこの2体ですよね。
特にオルフェゴールであればこのような展開も可能に。
それ以外の属性を使用するにしてもレベル4はかなり厚めにモンスターがいるため少なくともリンクモンスターや、レベル4チューナーをリクルートすればレベル8シンクロやハリファイバーまで立てられるのでめちゃ重宝します。

召喚僧サモンプリースト考察まとめ

魔法コストってやっぱり大きい存在でして墓地で活用できる魔法の採用を積極的にやっていかないと損してしまうこともしばしばあります。
特にツインツイスターや墓穴の指名者など使っていれば防げた伏せや除去など、相手の盤面を見つつ展開するのか?はたまたここは様子を見るのか?を考えるプレイングを求められます。
展開デッキでレベル4が要となるようなアンデット(不知火の隠者や牛頭鬼)やオルフェゴール(ディヴェルからの展開)などでうまく活用していきましょう。

みなさんの参考になれば幸いです。



0 件のコメント :

コメントを投稿