手札誘発関連は何枚積むの良いか?を考える



気になること


  • みんなって手札誘発や誘発対策は何枚デッキに積んでるの?
  • とりあえず増殖するG3枚入れてればいいの?


どうも不自由なYPです。

皆さん手札誘発って何枚積んでますか?とツイッターでフォロワーさんにアンケート取ってみたんですよ。

そしたら弱小ブロガーのこんな僕のアンケートに54人の方がお答えくださって、結果よりも答えてくださった方々の気持ちにまずは感謝したいと思います。
みなさんありがとうございます。

デッキに手札誘発何枚積んでる?


まずはアンケート結果から見ていきましょう。


御覧の通り

質問内容は「デッキの中に手札誘発関連何枚積んでる?」
というシンプルなもの。
回答には

5~7
8~10
11~13
それ以上

という回答を用意しました。

結果は5~7枚採用という方が多かったです。半分以上
僅差で8~10枚採用も多くて約半分
そこから一割を下回って11~13枚採用。
1%の方が(というか回答数から見ると一人かな?)がそれ以上ということになります。

これらの回答を頂いて率直に思ったんですが結構少ないんじゃない?と思いましたね。

今後新制限が入ると真竜などの特殊召喚を主としないデッキ相手になるとそこまで誘発入れなくてもいいのかな?とも考えましたが、ここは使用するデッキのテーマによりますよね。

積んでいる誘発の内容予想


採用されている手札誘発の内容は以下くらいかと思われます。

灰流うらら
増殖するG
幽鬼うさぎ
墓穴の指名者
抹殺の指名者

大穴で屋敷わらし

テーマとしてはサイフレーム関連

といったところでしょうか

半分以上の5~7枚採用の方の内容と採用枚数は



灰流うらら 2
増殖するG 2
墓穴の指名者 2~3

あたりかと思われますが、僕もこの枚数とバランスで組んでいるデッキもあります。
例えばアンデットなんかはドローソースがあったりするので。

約半分の8~10枚採用の方の内容と採用枚数は



灰流うらら 2
増殖するG 2~3
墓穴の指名者 2~3
+幽鬼うさぎ 2~3
+抹殺の指名者 2~3
+原始生命態ニビル 1~2
(+はノーマテリアなどの他の誘発もはいってくるetc枠)

このあたりも多かったですね、デッキテーマによっては妨害されると目も当てられない盤面で止まることもあったりするのでそういったデッキを使用していると厚めに採用して起き安心感を得たい気持ちも大いに分かります。
僕もオルフェゴールでは墓穴の指名者と抹殺の指名者をちゃんと採用しているのですが、引けないんだよなあ。

1割弱の10~12枚採用の方の内容と採用枚数は



灰流うらら 2
増殖するG 3
墓穴の指名者 3
抹殺の指名者 3
+幽鬼うさぎ 2~3
+原始生命態ニビル 1~2

さすがに僕もここまで積んで動けるテーマを握ってないので想像です
とにかくGやうららをとめたい、自分ターンに邪魔してくんな、みたいな妨害からの守り札である抹殺の指名者を採用しているのでこちらのデッキにも積んでおかないといけないことも多々あるのでこれくらいの幅を持たせて来るんじゃないかと思われます。

これだけ採用枠を割ける事が出来るテーマなのであれば普通に強いですよね。

1割弱の10~12枚採用の方の内容と採用枚数は



灰流うらら 2
増殖するG 3
墓穴の指名者 3
抹殺の指名者 3
幽鬼うさぎ 2~3
+原始生命態ニビル 1~2

いや、もうわからん、13枚~となると必須カードはもちろんのことって感じになるからサイフレームデッキの人の回答なのかな?難しいわ
自分がされて嫌な誘発はとりあえず積んで抹殺で対処するのかな?

手札誘発関連は何枚積むの良いか?を考える。まとめ


いやー、手札誘発って何枚積むかものすごく悩みますよね。
積みすぎるとしたいことできないし、積まないと相手に妨害されるし出来ないし。


ここまで書いといてなんですが、無限泡影とかレッドリプートとか拮抗勝負とかって手札誘発ですよね。完全に失念してましたね。
それ含めると確かに13枚も成立するかもです。

みなさんの参考になれば幸いです。





0 件のコメント :

コメントを投稿