魔獣の大餌(フィード・バック)の可能性を考える



どうも不自由なYPです。

今回はファントムレイジにて収録される脅威の罠「魔獣の大餌」について見ていきたいと思います。

デメリットはデッキ次第ではほぼ無しと言っても良いカードで構築次第ではむしろメリットしかないパターンもありますので相性の良いカードや使い方について考察していきたいと思います。



魔獣の大餌のテキスト



通常罠
(1):自分のEXデッキのカードを任意の数だけ裏側表示で除外し、
その数だけ相手のEXデッキの裏側表示のカードを
ランダムに選んでエンドフェイズまで表側表示で除外する。

効果はシンプルで自分のEXデッキを任意の数だけ再利用のできない裏側除外しその分だけ相手のEXデッキをランダムにエンドフェイズまで除外します。

自分は裏側除外なので再利用が非常に難しいのがデメリットです。
とはいえ、相手のEXの情報を確認できればどのようなデッキかを把握できるのもポイントですし、除外枚数によってはEXデッキをそのターン使わせないという動きも可能です。


魔獣の大餌と相性の良いカード


紅蓮魔獣ダ・イーザ



効果モンスター
星3/炎属性/悪魔族/攻 ?/守 ?
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
除外されている自分のカードの数×400になる。

雑に除外されているカードの枚数で打点が大きく変わるカードです。
ダ・イーザと魔獣の大餌だけで最大打点が15×2×400なので12000
訂正打点上昇は自分の除外されてるカードのみでした、なので6000です。

もの打点を生み出せるのはもはや脅威であり、十分な引導火力であり叢雲ダイーザのシェア拡大に十分貢献できる新規と言えます。

魔獣の大餌の使い方


ざっと思いついた魔獣の大餌の使い方をご紹介。

相手の展開ルートを潰す「EX全除外」


自分がEXを全く使わず強欲で金満な壺を使わないテーマであれば自分ターンに伏せてターン終了。

スタンバイ時あたりに発動し自分のEX15枚を除外し相手共々EXを潰してしまいます。
相手がEXデッキを多用するのであれば実質1ターンスキップになり、展開を許さずにターンを渡させることが可能です。


紅蓮魔獣ダ・イーザで殴る「6000打点パンチorガード」


先ほど相性の良いカードでも紹介しましたが、ダ・イーザとは非常に相性が良く雑にダ・イーザを裏側守備でセットし神罠などのダ・イーザと魔獣の大餌を守れる札を伏せてエンド

相手の動きは罠で妨害して相手に「とりあえずセットモンスターは破壊しておくか」と思わせて攻撃宣言時に魔獣の大餌を発動。

最大で攻守6000なのでやわな打点だと反射ダメージで大きく相手のライフをけずれます。

強欲で金満な壺を使わせない「スタンバイ13枚飛ばし」


相手の強欲で金満な壺を確実につぶせる方法です。
なおかつEX利用を実質潰しますし、情報も得ることが可能です。
2枚自分が残せることを考えてドラグマ対面ならヌトスを残したりEX消費が異常に少ないデッキなら成立しやすい方法。
オルターガイストなんかには効きます

ドラグマ・マキシムスで予想外の墓地送り「予定破壊」


昨今流行っているドラグマに対しての回答としてマキシムスの効果にチェーンして発動するというもの。
発動コストではなく効果処理で墓地へ送られるのでランダム要素が大きいもののこちらは任意のカードを選んで除外。
相手はランダムに選んで除外であるため相手は落としたかったカードを落とせなくなりますし、こちらは落としたいカードを落とせるので相手の予定を狂わせることが可能です。


魔獣の大餌(フィード・バック)の可能性を考える まとめ


フィッシャーマン三世や時の女神の悪戯なども相性が良いとされていますが、双方自分ターンでの使用が求められる都合、罠という性質の魔獣の大餌とは少々噛み合いが悪いように思うんで今回は相性が良いカードとして紹介していませんが、魔獣の大餌自体が中々の壊れなのでそういったコンボデッキが流行る可能性も否めない部分ではあります。

これまでEXを消費し手札アドをとっていた強欲で金満な壺はもちろん、EXをがっつり使う展開系などを封殺できのはかなり強力です。
今後このカードがどれほど環境に影響を及ぼすのかめちゃくちゃ気になります。ぶっちゃけレアリティにもよりますが高くなると思ってますw

みなさんの参考になれば幸いです。