僕が焔聖騎士にネオスペースコネクターを採用しない理由



どうも不自由なYPです。

今回はタイトルにもあるようネオスペースコネクターとアクアドルフィンついてです。
僕は焔聖騎士を組んでいますが、ネオスペースコネクターとアクアドルフィンは採用していません。
CSでも上位入賞されている焔聖騎士構築ではほとんど入っているにも関わらずなぜ採用していないのか?という部分についてお話していきたいと思います。

なお、入れなきゃダメ、入れちゃダメとかそういう訳ではなく、僕のなかではどうしても採用に踏み切れない部分があるのです。
まぁ、買ったんですけどねw

CSで結果を出している焔聖騎士の構築



焔聖騎士で上位入賞された構築です。
みてもらえれば分かるように完全に先攻型。
Gを嫌うのは展開系デッキの性ですが、中々な尖り方だなと思います。

僕の型がシンクロ除去タイプとするとリンクも織り混ぜた汎用とハンデスで蓋する構築です。

ネオスペースコネクター経由で一回ピーピングハンデス、そこからイゾルデ→リンクロス→ハリファイバーからアウローラドンでサベージとシャルルをたてるのがメインギミックですね。
導ローランを経由しているので盗人の煙玉を使えば更にピーピングハンデスが可能に

決まれば2枚ハンデスしつつ無効をたてられるのはめちゃくちゃ強いです。

ネオスペースコネクターの魅力と欠点について


さて、レシピを確認した後なのでわかりやすいと思いますが、まずは魅力から説明していきます。

魅力

1枚初動である。


焔聖騎士において1枚初動は昇華騎士エクスパラディンでした。
エクスパラディンからチューンナイトを装備して特殊してイゾルデへとリンクを繋げます。
ここへ更にネオスペースコネクターとアクアドルフィンを投入すると増援を含めて都合7枚が1枚初動となります。(素引きしたくないカードは2枚)

ネオスペースコネクターは召喚成功時効果なのでここを無効にされなければ相手はアクアドルフィンの特殊召喚を許すことになり、イゾルデへのルートが出来ます。

1枚初動は魅力ですね。

ハンデスが出来ずともピーピングができる。


前述のようにネオスペースコネクターからアクアドルフィンをリクルートすれば手札コストを支払えば相手の手札を確認することもできます。

大会ともなれば確実に採用されるであろう無限泡影やエフェクトヴェーラーなどの無効を"あえて受ける"ことも可能ですし、相手が誘発を握れていないのならそれはそれで手札の確認になります。

また、アクアドルフィンの効果の性質上自身のフィールドのモンスターの打点より高いモンスターは処理できないのでニビルなんかを握られていた場合に備えてケアできるルートは用意できるのでそれはそれで強いと言えます。

欠点


召喚権の重複


あえて言えば召喚権が喧嘩するのがネックかなと思います。
これ例えばどちらかが特殊召喚できる容易に特殊召喚できるなら全然ありだと思うんですが、ネオスペースコネクターとエクスパラディンの2枚が手札にくることって3枚ずつ積んでいたら結構あります。

1枚初動が被るって嬉しい悲鳴のように聞こえますが、焔聖騎士だと他の手札との兼ね合いでほぼほぼエクスパラディンから入ることが多いです。
例えばリナルドだったら場に炎属性戦士族がいないと特殊召喚できませんし。
対してリナルドと握り会わせていればネオスペースコネクターから入ってもエクスパラディンを墓地へ送れば特殊召喚できるので手札との相談ではありまよね。

1枚初動7枚は本当に魅力で動けないというパターンもほぼ無いんでうらやましいのはうらやましいんですが、ここは構築とプレイングによりけりかもしれません。

無限泡影やヴェーラーからケアの難しさ。


ネオスペースコネクターに誘発を受けた場合のケアが難しいというのも欠点かなと思います。
指名者を握れていない場合ヴェーラーや泡、うららと言った採用率の高い手札誘発をモロに受けます。

ここ止められるとめちゃめちゃ厳しくて焔聖騎士で召喚権使ってて場に炎属性戦士族がいないってのはちょっとしんどいんですよね。
シェードブリガンダインなどの特殊召喚できる戦士がいれば話は別ですが。

上記の構築は装備魔法を多く採用しているのでオリヴィエからケアする動きなのかなと思います。

これがエクスパラディンから入ると焔聖騎士が手札からドンドン湧いてくるので貫通力が増しGとニビル以外ならクリアできます。


僕がネオスペースコネクターを採用しない理由


なんかネガキャンっぽくなっちゃいました。
結果出てる構築なのに難癖っぽくなったのはマジすまんって感じなんですけど、この構築だと後攻取った場合に打てる誘発がうららくらいしかないのが気になったのが始まりで、絶対先攻とらないとだめっぽいんですよね。
トロイメアとアクセスコードトーカーで後攻時のケアをって感じかもですが、盤面固められたらアクセスはおろかイゾルデすら厳しいんじゃないかと思ってます。対面次第なんですけどね。

アウローラドンもシャルルとサベージのルートが素晴らしいとは思うんですが、ハリファイバーを残す方が妨害数も伸びるしテンポアドバンテージもとれるのでちょっとここらへんは好みの違い、狙っている動きの違いなのかな。

現在は大会自粛ですが、いっちょ自分の焔聖騎士で大会優勝狙っていこうと思いますわ。