アンデットワールド考察、強みや注意点、弱点、相性の良いカード



気になる事

  • アンデットワールドと相性がいいカードが知りたい。
  • アンデットワールドの使い道や注意点など知りたい。

どうも不自由なYPです。



以前にドーハスーラ軸で構築したアンデットデッキを公開しましたが、今回はアンデットデッキの要のフィールド魔法「アンデットワールド」について考察していきたいと思います。

種族操作を行い相手を翻弄してやりましょう。

では詳しく見ていきましょう。



まずはアンデットワールドのテキスト確認


フィールド魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター及び墓地のモンスターは全てアンデット族になる。
(2):お互いはアンデット族モンスターしかアドバンス召喚できない。

全てのフィールド・墓地のモンスターをアンデットにする永続効果。
ついでの様に書かれているアンデット以外のアドバンス召喚を禁ずる効果。

アンデットに対してのサポート、というよりもアンデット以外をアンデットにすることをメリットとしており、これは後述する死霊王ドーハスーラ死の王ヘルなどのサポート、相手の妨害と合わせてることができます。

アンデットワールドの強み

アンデットワールドの強みは1つ。

フィールド、墓地のあらゆるアンデット以外をアンデットにする点

元々の種族をアンデットとするモンスターからすれば特別意味を為さない効果でありますが、モンスター効果とのシナジーが強力であるといえます。

アンデットワールドの注意点、弱点

どのような強力なカードであっても弱点や突破する道は残されています。

とはいえ除去くらいしか無いですねw

アンデットワールドと相性の良いカードをご紹介。


アンデットワールド単体の効果は特段強力とは言えませんのですべてのフィールド、墓地のモンスターをアンデットにする効果によってコンボが成立するカードをご紹介。

死霊王ドーハスーラ



このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:「死霊王 ドーハスーラ」以外のアンデット族モンスターの効果が発動した時に発動できる。以下の効果から1つを選んで適用する。このターン、自分の「死霊王 ドーハスーラ」の効果で同じ効果を適用できない。
●その効果を無効にする。
●自分または相手の、フィールド・墓地のモンスター1体を選んで除外する。
②:フィールドゾーンに表側表示でカードが存在する場合、自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。


言わずもがなアンデットデッキであれば採用されているだろうモンスター、いや、モンスターなどではない神だ!!と言わんばかりの猛者であります。

詳しくはこちらを参照していただいて

アンデットワールド発動下であれば相手のモンスターがフィールド、墓地で効果を発動してもそれらを無効にできる上に主な手札誘発も無効にできてしまう効果、そしてもう一つのアンデット族が効果を発動した時にチェーンすれば自分相手のフィールド、墓地のモンスターを除外できる効果。

更にフィールド魔法であるアンデットワールドがあれば毎ターン蘇生できてしまう効果。

何をとっても相性抜群です。

屍界のバンシー


星4/闇属性/アンデット族/攻1800/守 200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドゾーンの「アンデットワールド」は効果の対象にならず、効果では破壊されない。
(2):フィールド・墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札・デッキから「アンデットワールド」1枚を選んで発動する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

アンデットワールドの発動要員であり、変に手札に加える効果を含んでいないので灰流うららによって妨害されない効果を持ちます。
更に自身がフィールドに存在すればアンデットワールドを効果の対象にされず効果で破壊されない永続効果を持ちます。可能な限り屍界のバンシーはフィールドに置いておきたいですがリンク素材にしてしまうんですよね。。

しかもフィールド、墓地とどこからでもフリーチェーンで除外し発動できるため墓穴の指名者などにもチェーンで反応できるのもポイント。

優秀なフィールド魔法サーチャーとしては抜群の性能と言えます。

群雄割拠


永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いのフィールドにそれぞれ1種類の種族のモンスターしか表側表示で存在できない。
お互いのプレイヤーは自身のフィールドの表側表示モンスターの種族が2種類以上の場合には
1種類になるように墓地へ送らなければならない。


強固なロック盤面「アンデット以外出しちゃダメ」セット。
これにて相手のエクストラからの召喚をほぼ完封することが出来ます。
ただし過信は禁物で一度墓地を経由され蘇生されるとアンデット族の墓地蘇生となるためそこから強力な効果を発動される恐れもあり、更に採用率の高いツインツイスターなどでセットごと除去されると相手に展開を許してしまうのでご注意を。

死の王ヘル


【遊戯王】スーパーレア◇死の王 ヘル

効果モンスター
星9/闇属性/アンデット族/攻 800/守2800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「死の王 ヘル」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体をリリースし、
そのモンスターとはカード名が異なる自分の墓地の、
「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。


デッキビルドパック ミスティック・ファイターズにて登場したもう一人のアンデットの王

フリーチェーンで発動できるアンデットをリリースして墓地のリリースしたモンスターと同名以外のモンスターを蘇生できる効果。

アンデットワールド死の王ヘルにより自分が使用する手札誘発が墓穴の指名者によって妨害されないコンボも成立します。

詳しくは↓リンクで説明しています。

アンデットワールド考察まとめ

フィールド全体ならまだしも墓地にまで影響を及ぼすアンデットワールドについて考察してみましたがいかがだったでしょうか?

組み合わせるカードたちとのコンボはかなり強力であり、死霊王ドーハスーラとは制圧盤面、群雄割拠では展開妨害、となり非常に厄介なカードだなと思います。

参考になれば幸いです。

0 件のコメント :

コメントを投稿