グローアップ・ブルーム考察、強みや注意点、弱点、相性の良いカード



  • グローアップ・ブルームの上手な使い方やコンボを知りたい。
  • グローアップ・ブルームの注意点や弱点など知りたい。

どうも不自由なYPです。





以前にドーハスーラ軸で構築したアンデットデッキを公開しましたが、今回はレベル5以上のアンデットをリクルートできるグローアップ・ブルームについて考察していきたいと思います。

茎の所が目って気持ち悪いですね。屍界のバンシーはかわいいのにどうしてこうなった・・・

詳しく見ていきましょう。



まずはグローアップ・ブルームのテキスト確認


チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻 0/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル5以上のアンデット族モンスター1体を手札に加える。
フィールドゾーンに「アンデットワールド」が存在する場合、
手札に加えず特殊召喚する事もできる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。

デッキ、フィールド、手札、どこからでも墓地へ送られれば発動できる誘発効果。
デッキからレベル5以上のアンデット族を手札に、アンデットワールドがフィールドにあればフィールドに特殊召喚できる効果を持ちます。
ただしこの効果を使用するとアンデット族以外の特殊召喚を禁じられる効果も付随します。

グローアップ・ブルームの強み

まず自身がレベル1であること
チューナーであること。
など強みはしっかりと持っており効果も優秀です。

ワンフォーワンでリクルートが可能、リンクリボーをリンク召喚できるのも魅力。
後述する相性の良いカードたちのシナジーも強力なので是非ともアンデットデッキには採用しておきたいところ。

グローアップ・ブルームの注意点、弱点

先述のように優秀なリクルート効果を持ちますが、この効果を使用するとアンデット以外の特殊召喚を禁止されるのでエクストラからの特殊召喚を前提としている場合は発動しないほうが吉。

ピン指しだと手札に来ると少し事故った感じがあるのもネックです。

グローアップ・ブルームと相性の良いカード

グローアップ・ブルームと相性の良いカードをご紹介。
このモンスターのリクルート手段、このモンスターがリクルートするモンスターをご紹介。

死霊王ドーハスーラ


このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:「死霊王 ドーハスーラ」以外のアンデット族モンスターの効果が発動した時に発動できる。以下の効果から1つを選んで適用する。このターン、自分の「死霊王 ドーハスーラ」の効果で同じ効果を適用できない。●その効果を無効にする。●自分または相手の、フィールド・墓地のモンスター1体を選んで除外する。②:フィールドゾーンに表側表示でカードが存在する場合、自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。

グローアップ・ブルームでリクルートするモンスター筆頭でありますが、死霊王ドーハスーラ自身も蘇生効果を持ちますので、一度リクルートしておけば何度でも素材として使えるのもポイントですね。
フィールドに存在すれば制圧力もあり相性の良いカードと言えます。

星邪の神喰


永続魔法
自分の墓地のモンスター1体のみがゲームから除外された場合、
除外されたそのモンスターと異なる属性のモンスター1体を
デッキから墓地へ送る事ができる。
「星邪の神喰」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
コンボ性の高い一枚をチョイス。
属性がバラバラで除外ギミックがあるデッキなら何でも採用できるのでグローアップ・ブルームを墓地から除外し発動する効果処理後に星邪の神喰を発動。
馬頭鬼などの闇属性以外を墓地に落とすギミックが成立します。
強いです。

ユニゾンビ


チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻1300/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
手札を1枚捨て、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
(2):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
この効果の発動後、ターン終了時までアンデット族以外の自分のモンスターは攻撃できない。
アンデットワールドユニゾンビが手札にあれば最短で死霊王ドーハスーラにアクセスできるので非常に相性がいいです。
先述の様に手札に来てしまったグローアップ・ブルームを落とすこともできますし何かと優秀です。

水晶機巧ーハリファイバー



リンク・効果モンスター(制限カード)
リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナー1体以上を含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。
みんな大好き水晶機巧ーハリファイバー
まずアンデットにはユニゾンビなどのチューナーが豊富なので水晶機巧ーハリファイバーをリンク召喚が容易。
そして水晶機巧ーハリファイバーの効果でグローアップ・ブルームを特殊召喚する流れができるのでコンボ性が高いといえます。

グローアップ・ブルーム考察まとめ

自身が恵まれたステータスなので本当は2枚積んでもいいかなと思う反面手札に来た際の処理について困るなと思うところがあり、ちょっと悩ましい一枚だなというのが本音です。

とはいえリクルート先は豊富で別に死霊王ドーハスーラではなく、死の王ヘルでもヴァンパイアフロイラインでもおkで手札の兼ね合いなどを考慮するともう少し踏み込んだ盤面ができるのでこちらもどうぞ。





0 件のコメント :

コメントを投稿