蛇龍の枷鎖考察、強みや注意点、弱点や対策、相性の良いカード



  • 蛇龍の枷鎖の上手な使い方を知りたい。
  • 蛇龍の枷鎖の注意点や弱点など知りたい。

どうも不自由なYPです。

エクストラパック2019にて登場するカードとしてとても話題になっていた原始生命態ニビルをはじめとする強力な手札誘発モンスターたちの記事を書きましたが、今回ご紹介する蛇龍の枷鎖もかなり強力な効果を有する罠カードです。

イラストとカード名からすると鎖龍蛇ースカルデットの前の姿?らしき龍が邪悪そうな蜜首の龍におびえている様子。
やめろ!もう悲しい想像をさせるのはやめろ!!

詳しく見ていきましょう。



まずは蛇龍の枷鎖のテキスト確認



通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手のフィールド・墓地のリンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのリンクマーカーの数だけ自分はデッキからドローする。
その後、自分の手札が2枚以上の場合、その内の2枚を選んで好きな順番でデッキの一番下に戻す。
相手依存の効果とはなりますが、手札交換は非常に魅力。
先述の鎖龍蛇ースカルデットと近い効果ですね。
基本的にはリンク4あたりのを対象としたいところですが、リンク4が墓地へ落ちている時って結構終盤なので使いどころは考えもの。

蛇龍の枷鎖の強み

相手依存である点を除けば非常に優秀な手札交換となっており事故率の高いデッキの重要なドローソースと言えます。
特に手札に来てほしくないカードをデッキへ戻すことが目的であればリンク1でもいいわけなのでそういったデッキであれば採用検討しても良いかと思われます。
例えばサラマングレイトなどの展開系デッキであればリンク2モンスターをドバドバ墓地へ送る為ドローしやすいですよね。
トラップトリックと合わせたりしても面白いかもです。

蛇龍の枷鎖の弱点と注意点

弱点

罠であるため伏せ除去されてしまう遅さですね、後は相手がリンクを用いないデッキだと腐ります。

注意点

灰流うららに止められる事、ただこれにうららを打たせて本命を通すやり方もあるので、それ狙いでも一興。

蛇龍の枷鎖と相性の良いカード

今回は闇黒魔王と合わせた罠デッキでの採用を前提としたものをピックアップしてみようと思います。

悪魔嬢リリス




効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻2000/守   0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):召喚したこのカードの元々の攻撃力は1000になる。
(2):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから通常罠カード3枚を相手に見せ、
相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分フィールドにセットし、残りのカードはデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
罠カードということで、悪魔嬢リリスをチョイス。
これにて3枚採用していれば絶対セットできるマンとなり2枚採用であってもトラップ・トリックを混ぜる事でどちらを選ばれても良いという状態に。
また闇黒世界-シャドウ・ディストピア-があれば相手モンスターをリリースできるので、ここらへんは魔王要素と合わせておきたいところ。



トラップトリック



通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「トラップトリック」以外の通常罠カード1枚を除外し、
その同名カード1枚をデッキから選んで自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は罠カードを1枚しか発動できない。
先述の悪魔嬢リリスと合わせる事で2枚採用の罠でもほぼ通すことが出来ます。
デメリットとしてはこの効果を発動後は一枚しか罠を発動できないので注意が必要。

闇黒世界-シャドウ・ディストピア-



フィールド魔法
(1):フィールドの表側表示モンスターは闇属性になる。
(2):1ターンに1度、自分がカードの効果を発動するために自分フィールドのモンスターをリリースする場合、
自分フィールドのモンスター1体の代わりに相手フィールドの闇属性モンスター1体をリリースできる。
(3):自分・相手のエンドフェイズに発動する。
このターンにこのカードが表側表示で存在する状態でリリースされたモンスターの数まで、
ターンプレイヤーのフィールドに「シャドウトークン」(悪魔族・闇・星3・攻/守1000)を可能な限り守備表示で特殊召喚する。
ばかなの?と聞きたくなるほどの強カード。
ターン1とはいえ相手のモンスターをほぼ対策できない「リリース」で処理できるのは非常に強力。
今回の蛇龍の枷鎖とは直接のシナジーはないものの後述のゼロ・デイ・ブラスターとの相性が良いので説明していきます。

ゼロ・デイ・ブラスター



通常罠
(1):自分フィールドの闇属性リンクモンスター1体をリリースし、
そのリンクマーカーの数だけフィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
闇黒世界-シャドウ・ディストピア-発動状態、相手フィールドにリンクモンスターが存在している状態で発動し、相手のリンクモンスターをリリースし相手フィールドのカードを除去、その後今回の目玉となる蛇龍の枷鎖を発動し相手の墓地のリンクモンスターを対象としドローを狙うというコンボ。
これってなかなか強力じゃない?w

蛇龍の枷鎖考察まとめ

今回は「メインからフルに採用する」というカードではないもののサイドに積んで置き相手のデッキを見つつドローを狙うというカードですね。
僕の考えている構築ではディアボリックガイあたりを採用して2枚目を引いてしまった際の処分用にゾンビキャリアを積んでいた闇黒魔王デッキに採用しても面白いかなと思いました。

また対策や相性の良いカードなどがあればコメントなどで教えていただければと思います。

みなさんの参考になれば幸いです。



0 件のコメント :

コメントを投稿