初心者さん復帰組が気になるデッキの枚数について考える



気になる事

  • デッキのベストな枚数を知りたい
  • 40枚をオーバーしてしまうので何を抜けばいいか困っている。

どうも不自由なYPです。

遊戯王って様々なテーマがありますが、枚数って基本的には40枚だったり、隣の芝刈りを採用していたら60枚だったり。
でも大筋は40枚ってことが多いんじゃないでしょうか?

僕個人的には40枚ジャストがベストだと思っています。理由については後述します。

「でもアレもコレも必須って言われているから結局40枚超えちゃうよ」

こういう疑問というか悩みってありますよね。例えばスリーブの兼ね合いとかデッキケースの兼ね合いとか、まあ一番は「欲しいカードが初手に来るかどうか?」がメインになるかと思われます。

それらを解決していきます。



何枚がベストなのか?



まず何をもってベストなのか?を考えていきます。

デッキの最低魔数は40枚です。
これはルールでもありますが、ルールを度外視一番強いデッキの枚数と構築って何かわかりますか?

答えは封印されしエグゾディアパーツを5枚採用した5枚のみのデッキです。(エグゾディアパーツは各一枚しか採用できないルールは適応)

どのような状況であってもこの五枚が手札に揃った時点で特殊勝利となるので誰にも負けない構築と言えますね。
ではこれが6枚になったら?ドローできるカードを採用すれば解決ですね。
では7枚、8枚と枚数を増やしていくとどうでしょう?
初手に来るエグゾディアパーツは少なくなっていき、ドローでは賄いきれない枚数を掘っていかねばなりません。更に相手にターンを譲らなえればならないため防御札が必要になってきます。
このように「勝ち筋はエグゾディア!」と決めている場合は以下にして手札にエグゾディアをそろえるか?いかにしてドローしつつ相手の攻撃を回避するか?がネックとなります。
では、他のテーマやデッキではどうでしょう?
何が初手に来てほしいか?何が墓地にあればいいのか?何がフィールドにあればいいのか?それらをどうのように引き込むのか?を考える事でそのデッキにおけるベストな枚数というのは決まります。

まずは何をして勝利するのか?を考えてどんなカードを何枚採用するのか?で決まってきます。

ベストな枚数はそこから導き出していきます。

管理人が個人的に思うベストなデッキ枚数

先述のように僕自身は基本的には40枚構築が至高であると考えているタイプ。

というのも40枚で構築するデッキに3枚までの同名カードを入れられる訳ですが、同名カード3枚を積んだ40枚構築のデッキにおいて初手でそのカードが1枚来る確率ってこうなってます。以下遊戯王wikiより参照

デッキ投入枚数123456789
初手存在率12.50%23.72%33.76%42.71%50.66%57.71%63.93%69.40%74.18%
初手1枚率12.50%22.47%30.11%35.81%39.79%42.29%43.53%43.72%43.04%
初手2枚率0.00%1.28%3.54%6.51%9.95%13.64%17.41%21.11%24.59%
初手3枚率0.00%0.00%0.10%0.38%0.90%1.71%2.81%4.22%5.94%
初手4枚率0.00%0.00%0.00%0.01%0.03%0.08%0.17%0.34%0.59%
初手5枚率0.00%0.00%0.00%0.00%0.00%0.00%0.00%0.01%0.02%
期待値(枚)0.130.250.370.500.620.750.871.001.12
このように3積みのカードが初手の5枚のうちに入っている確率は33%ほどなんですよね。

この表を参照することで初手に来てほしいカードの枚数を調整してみるのも面白くて代用できるカード、例えばフィールド魔法を積んでいるならテラ・フォーミングを採用することで初手に42%で来ることとなり非常に安定させることができるんですよね、あくまで期待値として。

例えば闇黒世界シャドウディストピアを採用する場合テラ・フォーミング、そしてサーチカードである悪王アフリマを3枚とすると合計7枚で63%まで引き上げる事が出来ます。

後攻を取りたいデッキだとこのような結果に

デッキ投入枚数123456789
初手存在率15.00%28.08%39.43%49.25%57.71%64.96%71.14%76.39%80.82%
初手1枚率15.00%26.15%34.07%39.07%42.29%43.50%43.28%41.97%39.84%
初手2枚率0.00%1.92%5.16%9.21%13.64%18.12%22.39%26.23%29.51%
初手3枚率0.00%0.00%0.20%0.74%1.71%3.12%4.98%7.24%9.84%
初手4枚率0.00%0.00%0.00%0.02%0.08%0.22%0.48%0.90%1.53%
初手5枚率0.00%0.00%0.00%0.00%0.00%0.01%0.02%0.05%0.10%
初手6枚率0.00%0.00%0.00%0.00%0.00%0.00%0.00%0.00%0.00%
期待値(枚)0.150.300.450.600.750.901.051.201.35

ここでデッキ枚数を変えてみるとこんな感じ。

デッキ総枚数404041414243455059
デッキ投入枚数232333333
初手存在率23.72%33.76%23.17%33.02%32.32%31.64%30.37%27.60%23.70%
初手1枚率22.44%30.11%21.95%29.55%29.01%28.48%27.48%25.26%22.01%
初手2枚率1.28%3.54%1.22%3.38%3.22%3.08%2.82%2.30%1.66%
初手3枚率0.00%0.10%0.00%0.09%0.09%0.08%0.07%0.05%0.03%
期待値(枚)0.250.370.240.370.360.350.330.300.25
実際多いのが43枚~45枚くらいのデッキ枚数の方が多いように思うんですが、40枚デッキで3枚積んでいる可能性と45枚デッキで3枚積んでいて初手に来る可能性は3%ほどの差しかないものの肌感覚で中々来ないなあという印象です。

このような表を用いておいて「肌感覚て・・」と思われるかもなんですけど、感覚って大事だと思ってるんでご勘弁を。

目指したい盤面もしくはやりたいことから優先



「このカード必須だから絶対入れた方がいい」というご意見ってめっちゃ参考になるし、実際僕も言ったりするんですけど、結局「こんな盤面を目指したいのか?」「このデッキで何をしたいのか?」を元にして採用するカードと枚数を考えていく必要があります。

そして目指すべき盤面が多い場合などは可能な限り派生するにしても無理のないルートだけにすることを強くオススメしたいところ。

例えば極端な話ブラックマジシャンで攻めていくデッキならばブルーアイズのサポートカードは採用するべきではありません。

ロマンを求めるカードを入れるなら手札誘発を採用した方が勝率は上がりますが、ここは楽しみ方の違いなので割愛します。

初心者さん復帰組が気になるデッキの枚数について考える。まとめ

遊戯王というカードゲームは10000種類のカードが存在するそうですが、その中から40~60枚に絞り込んでプレイする性質上「何が正解か?」みたいなのは存在しないので遊び方は自由自在なわけですがコンセプトを絞り込むとおのずと相性の良いカードが浮いてくるのでそれらを利用しつつコンセプトに無理が生じないデッキ構築にしましょう。

・・・などと数か月前に復帰した僕が言うのもなんですが、バランスを狙っても尖った構築でもプレイングがモノを言ったりすることがありますので、試行錯誤していくのが一番です。

皆さんの参考になれば幸いです。




0 件のコメント :

コメントを投稿