プレイマット購入を考える、キャラクターモノが苦手ならいっそマジックザギャザリングもありか。



  • プレイマットが欲しいけどいい歳なのでちょっとキャラクターのやつは嫌だ

どうも不自由なYPです。

サブライに興味のない僕は友人にもらった遊戯王アニメのエースモンスター”デコード・トーカー”のプレイマットを利用しています。

最近はそのプレイマットをくれた友人から”アーミライル”のプレイマットをもらったので利用しています。



でも、そろそろ大人なプレイマット、ん?何もやらしいこと言ってませんよ?
まあ、特別何かのキャラが好きってわけでもないのでキャラクターがデカデカと表示されたプレイマットを利用するのがちょっと恥ずかしくなってきたわけですね。

そこで何か良いプレイマットを物色していた時にMTG(マジック・ザ・ギャザリング)のプレイマットが良い感じかもしれないと思いご紹介したいと思います。





そもそも遊戯王におけるプレイマットの望ましいサイズは?

公式で配布されていたりするプレイマットのサイズは60×35cmとなっています。

このサイズ感であれば都合カードが7枚ほど並んでも余裕がある状態ですね。

様々なサイズのプレイマットがありますが、60×35cmが一番オススメです。



このようにデッキを紹介する際に並べてみてもキッチリ並ぶのもグッド。

MTGのプレイマットの良いところ

では遊戯王のプレイマットつかっておけばいいじゃない!と思われるかもしれませんが、僕がMTGのプレイマットをオススメする理由が以下2点

  • 遊戯王と比較してデザインが凝っている
  • サイズが一致している

カードの場所を指す枠があるとデザインを損なってしまうので一枚絵の方が美しく、そもそもなのですが遊戯王に比べて絵が大人っぽいのですね。

こちらが遊戯王のプレイマットで僕が一番欲しいプレイマット



次にこちらがMTGのプレイマットで一番欲しいと思っているもの



絵の印影だとか作りこみの差が結構ありますよね。

それでいてサイズが一緒なので使い勝手に不満が生まれにくいです。

プレイマット購入を考える、キャラクターモノが苦手ならいっそマジックザギャザリングもありか。まとめ

逆に無地の真っ白のプレイマットも考えたのですが、それはそれで汚れなどが目立つかなと思ったりして決心がつかない中でMTGに出会ったのでこれからプレイマットを買うならMTGがいいかなと思っているので何かを購入したらまたご紹介していきたいと思います。

皆さんの参考になれば幸いです。



0 件のコメント :

コメントを投稿