偽物販売者逮捕。10年で1500万円の利益




どうも不自由なYPです。

遊戯王カード偽造、売上1500万円

福井新聞より

カードの偽造により1500万円売上、3500枚のカードを売りさばいた男が兵庫県で逮捕された模様。

まず心配したのがコレクター向けカードの有無

僕個人的に「これやばいんじゃないか?」と思ったのがコレクター向けの”超高額カードを偽造”していた場合なんですよね。
恐らく売り上げ金額からそこまで高いものはないだろうと思っていると平均して1枚あたり4000円で販売していた様です。
いっそコレクターだったらすぐ見抜けられたかもしれないから、ある意味マーケティングはうまかったのかもしれませんね。とはいえ、画像を見る限りブラックマジシャンガールやレリーフの青眼など「あれ?これって4000円とかで購入できたっけか?桁がおかしいんじゃないか?」と調べてみましたが、やはり30000円以上はしているので、”あえて購入した”人もいそうではあります。

逆にエビルナイトドラゴン、トライホーンドラゴン、ホルアクティなど数万円では効かない金額だと捜査の目が向けられるのを恐れてレリブルなどに的を絞っていたとしたら狡猾だなあと思います。

ネットでの購入、やはり気を付けるべし

最近は個人がメルカリなどのオークションやフリマなどをネットを通じ販売、購入できる便利な時代になってきましたが気を付けて取引すべきですよね。

この前エビルナイトドラゴンの本物だかが200万円でヤフオクで落札されたそうで「景気のいい話もあるもんだなあ」と思っていたらその直後に「そのカード偽物だよ、拡散してね」というツイートが流れてきてました。結果的にその購入者の目に留まったようで何とかキャンセルできたらしいですが数百万の買い物をネットでサクッと済ませるのは禁物だと思います。

特にコピーとかできちゃうものであればなおさらですね。

最後に

技術や利便性は上がっても人間性はそう簡単には上がらないものなので、進化する利便性に置いてけぼりを食らう人間とは少し皮肉で悲しい話です。

やはり購入するのなら顔見知りや信頼のおけるショップなど、実店舗のあるネットショップなどでオークションサイト、フリマアプリは”最後の手段”としておいた方が良いかと思います。