[遊戯王最新環境分布]2020.9/14-9/20の大会優勝122テーマ




どうも不自由なYPです。

今回は2020.9/14-9/20の間に公認、非公認問わず優勝したデッキレシピが分かるものをサンプル集計したデータです。

なお、当ブログにおける"環境"の定義は大会で使用されると想定し対策すべきカード、テーマを指します。
前回の大会優勝テーマはこちらから


先月のまとめはこちら


十二獣 11
サンダードラゴン 7
竜儀巧 6
召喚ドラグマ 6
幻影騎士団 6
破械 5
電脳堺 5
叢雲ダイーザ 5
転生炎獣 4
プランキッズ 4
ドラゴンメイド 4
セフィラ 4
エルドリッチ 4
閃刀姫 3
ドラグマシャドール 3
サイバードラゴン 3
ヴァレット 3
アダマシア 3
未界域 2
鉄獣戦線十二獣 2
召喚獣 2
海皇水精鱗 2
ヌメロンエルドリッチ 2
ドラグニティ 2
オルフェゴール 2
インフェルノイド 2
蟲惑魔ドラグマ 1
列車 1
魔術師 1
鉄獣戦線メルフィー 1
戦華エルドリッチ 1
真竜ドラグマ 1
召喚ドラグマシャドール 1
召喚ジェネレイド 1
メタビート 1
ファーニマル 1
ヌメロン 1
ドラグマ十二獣 1
ドラグマサンダードラゴン 1
ドラグマエルドリッチ 1
コードトーカー 1
オルターガイスト 1
エンディミオン 1
エルドリッチプランキッズ 1
エルドリッチフォーチュンレディ 1
HERO 1

気になったテーマをピックアップ


今回の集計したデータから環境デッキと呼べるテーマを見ていきます。

竜儀巧


儀式召喚の革命児とも言えるテーマ。
これまではレベル参照だった儀式ですが、これからは攻撃力を参照するのがデフォルトになりそうな勢いです。
アモルファクターPによるメインフェイズスキップやカオスMAXによるワンキルも取沙汰されますが、ドライトロンのQUAも相当に強いなと思います。

破械



公認環境で最近頭角を表してきた破械。
相手モンスターをリンク素材にする処理で中々に厄介なテーマです。
ライゴウまでいかれるとボードアドバンテージをかなり削られてしまうので今の環境のペースだと盤面にリソース残すようなテーマだとかなりしんどいかもですね。

サンダードラゴン



言わずとしれた環境テーマ。
プランキッズと混ざったりしていますが、オルフェゴールの勢いが落ちる今召喚ドラグマへの回答をメインから持っているサンダーが強い!

採用頻度の高いサイドのカード


サイドデッキは如実に想定する環境を表します。
そこで現在採用が多い"サイドから交換するカード"をいくつかピックアップ。
といきたいところなんですが、最近ネタ切れなので適当に見繕いました。

次元障壁



通常罠 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 (1):モンスターの種類(儀式・融合・S・X・P)を1つ宣言して発動できる。 このターン中、以下の効果を適用する。 ●お互いに宣言した種類のモンスターを特殊召喚できず、 フィールドの宣言した種類のモンスターの効果は無効化される。


十二獣の台頭を受けめちゃめちゃ採用され始めた障壁。

召喚方法を幅広くみることが可能なのでPテーマのセフィラや魔術師に対しても有効なのは副産物として嬉しいところ。

最近はシャドールもきてるので融合とかみれたり時々あたるHEROとかも見れるので採用するだけ得です。

応戦するG



効果モンスター 星4/地属性/昆虫族/攻1400/守1400 (1):相手がモンスターを特殊召喚する効果を含む魔法カードを発動した時に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 (2):このカードの(1)の効果で特殊召喚されたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、 墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。 (3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから「応戦するG」以外の攻撃力1500以下の 昆虫族・地属性モンスター1体を手札に加える。

唐突なマクロコスモスやめい!
融合魔法関係が死に絶え、緊急テレポートなどのリクルート魔法を軒並み潰すやべえカード。
墓地利用が多いテーマだとカードが貯まらずリソース差で負けるなんてこともあります。
魔法カードのみなのでリクルート魔法や蘇生魔法を使うときには握られていないことを祈りながら撃つしかありません。
現状先攻側が対抗するなら抹殺の指名者による宣言か、もしくはγによる無効破壊くらいしかありません。やべえ。

今後の環境予想

今後の環境の予想をしていきたいと思います。

召喚ドラグマへの対抗馬としての十二獣、十二獣への対抗馬としてシャドールといった具合になってきており一昔前のオルターガイスト→サンダードラゴン→閃刀姫みたいな構図になってますね。

さて、環境がいよいよ中速からもう少し遅くなりそうな感じがしてきました。
こうなるとこれまで評価されなかった「戦闘破壊した場合~」みたいなカードの評価も上がってくるんじゃないかなと思います、所謂"遅いカード"

強いんだけど弱い、みたいなカードが光出すようになるのは面白くなりそうで個人的には楽しみです。

あとメインデッキみてて思ったんですけど良い感じのシナジーがある混ぜ物、例えば召喚ドラグマみたいなのは別にして純が強いんかもなあって。

CS環境はもう少しシビアですが公認や店舗の非公認などだと色んなテーマ活躍してて本当面白くなってきてます。
「あれ握らないと勝てない」じゃなく「これ握って勝ちたい」で大会出て良くなったのはなんか嬉しい笑

最後に


この記事を読んでくださって画像をツイートしてもらったりするのは全然OKです。(可能ならこの記事内のグラフをタップしてからダウンロードしてもらえると綺麗な元画像がゲットできます)
ついでにフォローもお願いします。

不自由なYP
root(@cover___)
hagetaka@遊戯王/イケメンyp
※サンプル採取に関してデッキレシピを確認できる優勝報告のみを参照としています。
※場所などは完全に度外視で期間内にあらゆる大会で優勝したデッキを調べたものです。
※個人的に調べたものですので抜けている優勝デッキなどもありますのであしからず

みなさんの参考になれば幸いです。