[アンデットコンボ]これで墓穴の指名者も怖くない!死の王ヘル+アンデットワールドで手札誘発を守る。



気になること
  • アンデットデッキでせっかく手札誘発を握っていても墓穴の指名者で無効にされるので解決方法が欲しい。

どうも不自由なYPです。

さて、今回はアンデットデッキにおける墓穴の指名者による傍若無人な無効除外からかわいい誘発たちを守るコンボをご紹介。


ヘルアンワの内容と必要カード

コンボの内容

上手く出来上がったなあという自画自賛(誰かが先にやってるかもしれませんが)したいコンボです。

内容としては

さっくり説明すると死の王ヘルとアンデットワールドが場にあればどんな手札誘発も墓穴の指名者から守ることが出来るというもの。

ヘルアンワに必要なカード



死の王ヘル


効果モンスター
星9/闇属性/アンデット族/攻 800/守2800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「死の王 ヘル」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体をリリースし、
そのモンスターとはカード名が異なる自分の墓地の、
「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。


アンデットワールド


フィールド魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター及び墓地のモンスターは全てアンデット族になる。
(2):お互いはアンデット族モンスターしかアドバンス召喚できない。

ヘルアンワの手順

死の王ヘルを場に出す

アンデットワールド貼る

以上でオッケーです。

この状態で灰流うららで妨害→墓穴の指名者打たれる→チェーンで死の王ヘルの効果を自身もしくは他のモンスターをリリースして墓地の灰流うららを対象に発動。

逆順処理で灰流うららは墓地から場に居るため墓穴の指名者は不発となり妨害は成功。という流れに。

可能ならヘルのリリース用モンスターがいれば更に良し。

ヘルアンワの強み

用意するカードが2枚。
灰流うららや儚無みずき、屋敷わらしなどの元々がアンデット族であるならアンデットワールドすら必要とせずヘルの効果で救えるのは大きなポイント。

アンデットワールドがあれば幽鬼うさぎや増殖するGなど元々アンデット族で無いモンスターも救えます。

ヘルアンワの弱点、注意点

死の王ヘルを特殊召喚するのが若干手間になる事があるんですよね。
アンデットワールド発動下ならグローアップ・ブルームで特殊召喚できますが、アンデットデッキであれば死霊王ドーハスーラとリクルート先に悩む場面も多々ありますので注意が必要。
とはいえ、死霊王ドーハスーラは墓地へ落としておけばフィールド魔法があれば蘇生されるので何かしらの手段で墓地へ送りたいところ。

ジェネレイドにおいてはアンデットワールドは採用されないでしょうが、星遺物の胎動でリクルートできるため非常に簡単に場に出すことができます。手札誘発の内でも採用率の高い灰流うららを守ってあげるくらいの動きは可能です。

ヘルアンワのまとめ

アンデットデッキであれば是非とも採用してもらいたい死の王ヘル。
彼女がいるだけで墓地の死霊王ドーハスーラへの墓穴の指名者を回避することもできるし、手札誘発も守れます。
墓穴の指名者への最適解は死の王ヘルで丸いですね。

みなさんの参考になれば幸いです!



0 件のコメント :

コメントを投稿