2019.10のオルフェゴールデッキを考察。とりあえずデッキレシピとコンボ、新たに採用したカード。




どうも不自由なYPです。

2019年10月から新制限になり現在アンデットとメインで使用しているオルフェゴールを改良したのでデッキレシピと回し方などをご紹介しようかと思います。

以前に紹介した未界域オルフェゴールなんですが、運要素から脱却を考え考察してたこねくり回した結果

「未界域を多数採用する以上運からは逃れられない」

という結果に落ち着き。
で、あれば安定をとワン・フォー・ワン緩和の恩恵を受けたジェット・シンクロン軸を採用しつつ新たにギミックを盛り込んで展開力に幅を持たせてみました。

詳しく見ていきましょう。


2019年10月新制限におけるオルフェゴールデッキレシピ


【 モンスター 】20
オルフェゴール・カノーネ
オルフェゴール・スケルツォン ×2
オルフェゴール・ディヴェル ×2
オルフェゴール・トロイメア ×2
ジェット・シンクロン
ダーク・グレファー
原始生命態ニビル
増殖するG ×2
妖醒龍ラルバウール
幻影騎士団サイレントブーツ
幻影騎士団ダスティローブ
星遺物-『星杖』
未界域のツチノコ ×2
灰流うらら ×2

【 魔法 】15
おろかな埋葬
オルフェゴール・バベル
オルフェゴール・プライム ×2
ハーピィの羽根帚
ワン・フォー・ワン ×2
墓穴の指名者 ×2
抹殺の指名者 ×3
死者蘇生
調律 ×2

【 罠 】5
オルフェゴール・クリマクス ×2
幻影霧剣 ×2
幻影騎士団シェード・ブリガンダイン

【 エクストラ 】15
宵星の機神ディンギルス ×2
シューティング・ライザー・ドラゴン
ヴァレルロード・S・ドラゴン
PSYフレームロード・Ω
リンクリボー
オルフェゴール・ガラテア ×2
水晶機巧-ハリファイバー
I:Pマスカレーナ
オルフェゴール・ロンギルス
幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ
トロイメア・グリフォン
ヴァレルソード・ドラゴン
双穹の騎士アストラム

展開例や回し方・ギミック


展開例


手札にジェット・シンクロンor調律+ワン・フォー・ワン+モンスター含む手札コスト3枚



ルートA→ラスティ・バルディッシュ+ヴァレルロード・S・ドラゴン+耐性持ちトロイメア・グリフォン+ガラテア+幻影霧剣+クリマクス+バベル。

ルートB→ラスティ・バルディッシュ+耐性持ちアストラム+ガラテア+2幻影霧剣+クリマクス。


1 調律を発動し手札に加えたジェット・シンクロンを通常召喚しリンクリボーをリンク召喚


2 手札コストを切りジェット・シンクロンを蘇生、リンクリボーとジェット・シンクロンで水晶機巧ーハリファイバーをリンク召喚、召喚成功時効果でデッキからオルフェゴール・カノーネを特殊召喚




3 手札のモンスターをコストにワン・フォー・ワンを発動、デッキから妖醒龍ラルバウールを特殊召喚、召喚成功時効果で手札コストを切ってデッキからオルフェゴール・デヴェルを手札に加える


4 妖醒龍ラルバウールとオルフェゴール・カノーネでオルフェゴール・ガラテアをリンク召喚、墓地のオルフェゴール・カノーネを除外して手札のオルフェゴール・ディヴェルを特殊召喚


5 オルフェゴール・ディヴェルとオルフェゴール・ガラテアで幻影騎士団ラスティ・バルディッシュをリンク召喚、墓地のオルフェゴール・ディヴェルを除外しデッキからオルフェゴール・トロイメアを特殊召喚


ここから分岐ルート

ルートA

6 幻影騎士団ラスティ・バルディッシュの効果を発動しデッキから幻影騎士団ダスティ・ローブを墓地へ送り幻影騎士団シェードブリガンダインをセットしそのまま発動


7 幻影騎士団ダスティ・ローブを除外しデッキから幻影騎士団サイレントブーツを手札に加えそのまま特殊召喚


8 幻影騎士団サイレントブーツとオルフェゴール・トロイメアでI:Pマスカレーナをリンク召喚


9 墓地のオルフェゴール・トロイメアを除外しデッキからオルフェゴール・スケルツォンを墓地へ落としオルフェゴール・ガラテアを蘇生。


10 オルフェゴール・ガラテアの効果を発動しジェットシンクロン
をデッキに戻しオルフェゴール・バベルをセット、幻影騎士団サイレントブーツを除外し幻影霧剣をセット


ターン終了

11 相手ターン開始ドローフェイズにオルフェゴール・ガラテアの効果を発動、オルフェゴール・クリマクスをセット


12 相手メインフェイズに水晶機巧ーハリファイバー除外し発動、エクストラデッキからシューティング・ライザー・ドラゴンをシンクロ召喚しデッキからオルフェゴール・スケルツォンを落とす


13 I:Pマスカレーナとオルフェゴール・ガラテアでトロイメア・グリフォンをリンク召喚

14 レベル調整したシューティング・ライザー・ドラゴンの効果を発動しと幻影騎士団シェード・ブリガンダインでヴァレルロード・S・ドラゴンをシンクロ召喚、チェーンしI:Pマスカレーナ効果発動、オルフェゴール・ガラテアでトロイメア・グリフォンをリンク召喚のI:Pマスカレーナを装備し2妨害の構え


ラスティ・バルディッシュ+ヴァレルロード・S・ドラゴン+耐性持ちトロイメア・グリフォン+幻影霧剣+クリマクス+バベル。


墓地リソース スケルツォン

ルートB

6 幻影騎士団ラスティ・バルディッシュの効果を発動しデッキから幻影騎士団ダスティ・ローブを墓地へ送り幻影霧剣をセット


7 幻影騎士団ダスティ・ローブを除外しデッキから幻影騎士団サイレントブーツを手札に加えそのまま特殊召喚、オルフェゴール・ディヴェルを除外しデッキからオルフェゴール・トロイメアを特殊召喚


8 幻影騎士団サイレントブーツとオルフェゴール・トロイメアでI:Pマスカレーナをリンク召喚


9 墓地のオルフェゴール・トロイメアを除外しデッキからオルフェゴール・スケルツォンを墓地へ落とし除外、オルフェゴール・ガラテアを蘇生し、効果を発動トロイメアをデッキに戻しオルフェゴール・バベルをセット


10 オルフェゴール・ガラテア一体でディンギルスをラスティ・バルディッシュのマーカー先にエクシーズ召喚、除外されているスケルツォンを素材にし幻影騎士団サイレントブーツを除外し幻影霧剣をセット


11 ディンギルスとハリファイバーでガラテアをリンク召喚。


ターン終了

11 相手メインフェイズにガラテア効果を発動、除外されているジェットシンクロンをデッキに戻しクリマクスをセット。


12 I:Pマスカレーナとオルフェゴール・ガラテアで双穹の騎士アストラムをリンク召喚


14 相手が動き出したらラスティとディンギルスで除去。

体制持ち双穹の騎士アストラム+ラスティバルディッシュ+ディンギルス+クリマクス+バベル+幻影霧剣×2

ギミック

今回の展開ルートでは手札が無くなりますが、コストがオルフェゴールモンスターであれば更に強力な盤面を作ることもできます。

基本ギミックとしてはワンフォーワンで妖醒龍ラルバウールで闇属性機械、戦士を手札に加え展開の補助をすること。

またラルバウールはこちらのモンスターを破壊された場合に墓地から蘇生出来るので手札さえあれば何かしら動くことも可能。
更に「捨てる」効果であるためツチノコを捨てられるとアドです。

ジェットシンクロンからガラテアまでを安定させること。

がメインとなります。

新たに採用したカード



妖醒龍ラルバウール



効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、
自分フィールドのモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札を1枚選んで捨て、対象のモンスターと同じ種族・属性で
カード名が異なるモンスター1体をデッキから手札に加える。

ワンフォーワンを二枚採用、調律も採用しているのでジェットシンクロンが手札にあるならオルフェゴールモンスターを通常召喚(カノーネが濃厚か)してからワンフォーワンで呼び出しディヴェルを手札に加えすぐに動き出そうという構え。

また手札に来てほしくない幻影騎士団関連があり手札にトロイメアなどが来ていればダークグレファーを呼び込み動くことも可能。

原始生命態ニビル



効果モンスター
星11/光属性/岩石族/攻3000/守 600
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手が5体以上のモンスターの召喚・特殊召喚に成功したターンのメインフェイズに発動できる。
自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし、このカードを手札から特殊召喚する。
その後、相手フィールドに「原始生命態トークン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体を特殊召喚する。
このトークンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

展開デッキであるためこいつのケアは重要ですね。
先攻でもアポロウーサを出せるならいいんですが、このデッキでは採用せず抹殺の指名者でケアする為に採用。
素引きで相手がサブテラーだったら死にます。

未界域のツチノコ



効果モンスター
星3/闇属性/爬虫類族/攻1300/守 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「未界域のツチノコ」以外だった場合、
さらに手札から「未界域のツチノコ」1体を特殊召喚し、
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

単体性能は未界域一といっても過言ではないツチノコ。
ドロー出来ずとも、召喚権を使わずに出せるのは大きいですね。
ラスティの素材にも出来るので重宝します。

2019.10のオルフェゴールを考察。とりあえずデッキレシピと新たに採用したカード。まとめ

今回はコストに全くオルフェゴールが絡まない下振れの展開ルートでしたが、2妨害、もしバベルを使わなければ3妨害までたてることができます。

ラルバウールとワンフォーワンによってハリファイバーさえたてられればいつでもオルフェゴール展開が可能になるの強すぎますね。
またラルバウールは別のデッキにも転用してコンボパーツとして考えていきたいと思います。

皆さんの参考になれば幸いです。

0 件のコメント :

コメントを投稿