不知火の隠者考察、強みや注意点、弱点、相性のいいカード



  • 不知火の隠者の上手な使い方を知りたい。
  • 不知火の隠者の注意点や弱点など知りたい。

どうも不自由なYPです。

今回はアンデットデッキには欠かせない一枚で仕事してくれる頼れるアニキ、ユニゾンビをリクルートでき、更に状況によっては別のモンスターも呼び出せたりする不知火の隠者について書いていきます。
ストラクチャーデッキRアンデットワールドにも採録されて入手は容易となっていますが未だに数百円するのちょっとびっくりしますよね。

詳しく見ていきましょう。



まずは不知火の隠者のテキスト確認




効果モンスター
星4/炎属性/アンデット族/攻 500/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから守備力0のアンデット族チューナー1体を特殊召喚する。
(2):このカードが除外された場合、「不知火の隠者」以外の除外されている
自分の「不知火」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動時にフィールドに「不知火流 転生の陣」が存在する場合、
この効果の対象を2体にできる。

基本的には①の効果で自身をリリースしデッキから守備力0のアンデット族チューナーを特殊召喚するのがメインで主にユニゾンビが飛び出てきますね。
②の効果も非常に強力で墓地に妖刀ー不知火がいれば自身を含めてアンデット族レベル6シンクロモンスターを出しつつシンクロ8まで立てられます。

不知火の隠者の強み

①の起動効果からユニゾンビを特殊召喚してから展開を狙えるので手札次第では水晶機巧ーハリファイバー、死霊王ドーハスーラなど強力なモンスターを立てることが可能です。
このカードの強みはレベル4なので召喚僧サモンプリーストで呼び出したり、手札にあればゴブリンドバーグなどで手札から特殊召喚できる点ですね。
めっちゃ強いと思います。制限とかもありませんし。

不知火の隠者の弱点と注意点

弱点

弱点としては①の効果が”起動効果”であることですね。
例えば採用率の高いエフェクト・ヴェーラーや無限泡影、灰流うららなどの手札誘発を受けてしまうと動けなくなります。
特に厄介なのが灰流うららでして、リリースした後に発動されてしまうのでフィールドががら空きになる事もしばしばありますので墓穴の指名者は握って動きたいところ

注意点

①の効果は自分フィールドに別のアンデット族モンスターがいるのであればそちらをリリースしても良いのでいらなくなったアンデット族モンスターやフィールド魔法アンデットワールドが発動しているならどのモンスターでもリリースしてもいいのは覚えておいて損はないです。

不知火の隠者と相性の良いカード

不知火の隠者と相性の良いカードをご紹介。

墓穴の指名者



速攻魔法
(1):相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
次のターンの終了時まで、この効果で除外したモンスター及び
そのモンスターと元々のカード名が同じモンスターの効果は無効化される。

不知火の隠者を動かすのであれば握っておきたいカードです。
特にエフェクト・ヴェーラーや灰流うららなどの手札誘発であれば防ぐことができるので可能なら3枚は採用しておきたいですね。
ただ無限泡影については抹殺の指名者から対策していかねばならないのでバランスが難しいですね。

馬頭鬼



効果モンスター
星4/地属性/アンデット族/攻1700/守 800
(1):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのアンデット族モンスターを特殊召喚する。

不知火の隠者との相性というよりも後述のユニゾンビとの相性が良いという感じですね。
不知火の隠者をリリースしてユニゾンビを特殊召喚、効果でデッキから馬頭鬼を墓地へ送り馬頭鬼を除外し不知火の隠者を蘇生してユニゾンビと何かするってのが鉄板の動きです。

ユニゾンビ



チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻1300/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
手札を1枚捨て、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
(2):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
この効果の発動後、ターン終了時までアンデット族以外の自分のモンスターは攻撃できない。

不知火の隠者から呼び出したいモンスター筆頭と言えばユニゾンビ兄貴です。
アンデット族のエンジン的役割を有しており手札から捨てる効果に加えてデッキからもアンデット族モンスターを墓地へ送る効果まで付随しています。めっちゃ強いです。

ただ不知火の隠者経由で出さないと機能しない展開ルートも存在するので可能な限り不知火の隠者で用意したいモンスターです。

不知火の隠者考察まとめ

アンデット族の初歩の初歩、不知火の隠者をご紹介させてもらいました。
絵的にも隠者というネーミング的にもちょっと地味な印象がありますが、彼が絡んでくれないと馬頭鬼や牛頭鬼がしっかりと仕事できないので非常に墓地に一枚はいてほしいモンスターですね。

また対策や相性の良いカードなどがあればコメントなどで教えていただければと思います。

みなさんの参考になれば幸いです。



0 件のコメント :

コメントを投稿