最近思うこと、ハリファイバー出せば良くない?



どうも不自由なYPです。

4月のリミットレギュレーションではハリファイバーが禁止になりませんでした。
禁止を願ってるわけではないのですが、タイトルの様に「とりあえずハリファイバーから展開する」という動きにどこか飽きというか、テーマ内で完結して尚強いカードが欲しいなと思うんですよね。

ハリファイバーを出せれば何でも出来る。



例えばオルフェゴールやオルターガイスト、閃刀姫などほぼそのテーマで完結しつつ、強いというテーマってどれくらいあるんでしょう?

最近組んでみたいテーマで焔聖騎士というテーマを構築考察をしているのですが、どこかパンチが弱いんですよね、いや、僕の構築が雑魚なのはもう知ってますとも、ええ。

それを踏まえて尚、現状の環境と渡り合えと言われても難しいなあと頭を悩ませているわけです。


で、ここにハリファイバーを混ぜるとあら不思議、アポロウーサやヴァレルロード・S・ドラゴンが立つのです。
汎用制圧モンスターたちです。

これで環境とも渡り合えるねというとちょっともどかしい気持ちになります。

汎用性の裏目


タイトルにはハリファイバーを挙げていますが、これは汎用カードの代名詞と捉えてもらいたい。

汎用性が高いカードは値段も高くてその名の通り使いやすいのです。
目指す盤面においてそれらが並べば確かに強い盤面と呼べます。

しかし、テーマのギミックで"魅せる"ことやフィニッシャーで"攻める"ことが出来ないのって果たしてそのテーマ使う意味あるんでしょうか?


各テーマに縛りも効果も強いカードが欲しい



ハリファイバーを代表とする汎用カードってこれまで不遇な扱いを受けたテーマへの"救済"だったように思うんですが、それはすでに強いテーマにも影響を及ぼしていて更に強く硬い盤面出来るようにもなりました。
プルスウルトラな訳ですね。

しかし、批判覚悟してる訳ではないので批判しないでください、でも言います。

各テーマや種族にこそ強い縛りを設けた強いカードを刷って欲しい。。

ジャックナイツや蟲惑魔とかいいじゃないですか、強いし縛りもある。

それに比べると少し見劣りするテーマなどはどうしたってハリファイバーを使わざるを得ないので動きが似通っていて驚きが少ないんですよね。

カードを刷るのめちゃくちゃ大変だと思うんですが、もう少しテーマに力が欲しいなあと思います。

もちろん、ハリファイバーなどの汎用を絡ませたソリティアを考えるのも遊戯王の大きな楽しみです。

僕は汎用を否定したいのではなく、それらに依存した強さだと禁止になってしまったときに建て直しが出来なくなってしまうのでは?という思いがあり筆を走らせました。

みなさんの参考になれば幸いです。