リモートデュエルグループでのカジュアル大会を開催。概要とリミットレギュレーション



どうも不自由なYPです

GW暇なデュエリストって多いんじゃないでしょうか?

このままいけば自粛期間も伸びそうですし(といっても自粛要請がなくなってもすぐに集まるというのは出来なさそうですが)

僕はリモートデュエルグループでカジュアルデッキの大会を5/3(日)に行う予定です。

カジュアルと一言に言っても色々とあると思います。

なので結構ガチガチな特殊リミットレギュレーションとルールで縛ることにしました。

また、これ読んで「参加したい」という方がいらっしゃればリプやDMで連絡もらえればと思います。※大会には参加しないけどグループに入りたい方も是非


大会のコンセプトは「ファンテーマでも、自分のプレイングに自信がない方でもできる大会!」

普段、公認やCSに参加しづらいけど、自分のデッキで戦ってみたい・大会というものに参加してみたい!
という方々向けの大会です。

普段では勝てそうにないデッキのこういうムーブをして大会に参加したい・勝ちたい!といった思いをできるだけ反映できるようにルール作りをしております。

 ただし、運営も初の試みですので、至らぬ点もあります。
ご了承いただける方のみの参加をお願い申し上げます。


大会の概要


・参加資格:グループ内の希望者


もちもの 

・デュエルグッズ周辺      
・デッキレシピの提出→要対応!!(運営に送信時テーマや何するデッキかを簡単に書いてください!)


トーナメント形式

・シングル戦25分(ETアリ)
・大会開催時に日本語ので表記されているカードのみ使用可能(海外新規はNG) 

勝敗の分け方

・相手のLPを0にしたもの
・特殊召喚条件を満たしたもの(互い1ターン目の場合は勝利は無効とする。条件が整ったままの状態で次のターンを迎えても無効なので、条件を再度そろえなおして勝利とする。)

・制限時間25分が来た場合は、一度手を止める。(効果処理まではしてよい。)
その後互いのライフを確認し、多いほうが勝利とする。

※同数については、エクストラターンを使用
中断した際のターンプレイヤーの次のターンから数えて、
3ターン目で終了。ライフが上の者とする。
それでも勝敗が決しない場合は、運営と要相談とする。


対戦カードとテーマを直前に公開


 直前に○○さん(デッキテーマ)vs▼▼さん(デッキテーマ)と公開します
 誰か一人は同じグループでジャッジをし、観戦を自由にする。(観戦の人数制限はあり)


表彰について

 ・優勝者
 ・民意で選んだ面白いデッキ賞
 ・運営から選んだ面白いデッキ賞
   ※景品はありません


【リミットレギュレーション】

ベースは2020年4月に発表されているレギュレーションを適用。

その他、特別ルールと特別レギュレーションを採用。
※様々なデッキが活躍し、ファンテーマでも戦える様に調整

特別ルール

  ・先行制圧・妨害の制限 ※1~3で説明します。
   お互いの1ターン目について互いに妨害数は2までとし、2ターン目以降の妨害数制限は解除します。

   妨害制限がつく、1ターン目は相手にターンを渡す際

   =自分のエンドフェイズ時にどのカードでの相手のターンでの妨害をするかを宣言しますが、
   フィールドに表側で存在するカード(公開されている情報)の
   妨害の適用の有無を必ず宣言しなければなりません。
   また、フィールドの妨害カウントが2ある状態で、
   手札や墓地、その他新たに発動する妨害は一切適用できません。
   その効果を発動したい場合には、
   自分のエンドフェイズ時にそれを見越したカウント数の調整が必要になります。

   なお、相手ターンに自分がドローをする効果・
   自分フィールドに特殊召喚する効果など相手の盤面に影響しないものは妨害としては扱わない。
                


  ・後攻1ターン目のワンキル禁止(特殊勝利も同様)

   後攻2ターン目・先行3ターン目でワンキルを可能。
    ただし、後攻1ターン目に関しては、戦闘ダメージまたはバーンダメージ等により、
        相手のライフをゼロにする場合、相手のライフは必ず1残ることとする。


※1 1ターン目の妨害制限の「妨害」の定義について

   下記それぞれで、1カウントとします。 お互い1ターン目は妨害は2までとします。

   ・相手ターンに、相手フィールド・墓地・手札・デッキ・場外・
    エクストラデッキに影響を及ぼすすべての効果(無効・破壊・除外・バウンスなど)

   ・耐性持ち(※カードの効果を受けないカードは一律禁止とします)とその耐性を付与する効果
    ・対象耐性(対象にとられない)
    ・破壊耐性(破壊されない)
    ・モンスター効果を受けない耐性 
    ・魔法・罠の効果を受けない耐性 

   ・攻撃対象を誘導する効果
   ・効果を他に移し替える効果
    etc...

   具体例)
    ・超魔道竜騎士 ドラグーン・オブ・レッドアイズ
     ①効果の対象にならず、効果では破壊されない →2カウント
     ③相手が効果を発動した場合、手札1枚をコストに無効にして破壊→1カウント
    
   →合計3カウントなので、使用不可


    ・ヴァレルロードドラゴン
    ①モンスター効果の対象にならない →1カウント
    ②フリーチェーンでモンスターの攻守を500ダウンする →1カウント

   →合計2カウントなので、禁止になっていなければ、使用可能。

   
    ・ウィッチクラフト ハイネ
    ①自分フィールド上の魔法使い族は効果の対象にならない →1カウント
    ②フリーチェーンでコスト 手札の魔法1枚捨て 相手の表カード破壊 →1カウント
   
   →合計2カウントなので、禁止になっていなければ、使用可能。



 ※2 モンスターを並べることは良いですが、上記耐性もちが2カウント以上自分フィールドに存在する場合、
   新たに無効などの効果発動することは禁止とします。(コストも払えません)
     

   →具体例1 ★エンドフェイズ時にカウントを3以上になるようにしてはいけません。★
    ・アストラムが自分フィールドにいる場合

     ①効果の対象にならない・ほかのモンスターを攻撃できない(2カウント)


     この状態で、ヴァレルロードドラゴン出した場合、自分エンドフェイズに次の相手のエンドフェイズまで
      耐性効果を適用するのか・複数いるならどのモンスターが適用されるのかを宣言すること
    

   →具体例2
    ・ヴァレルロードドラゴンとヴァレルロード・S(サベージ)・ドラゴンを先行1ターン目で召喚

   
     現状相手ターンで常時適用されるのは、
     ヴァレルロードドラゴンのモンスター効果の対象にならないのみですので、
     1カウントと数え、自分エンドフェイズに除外する必要はありません。

     しかし、相手ターンにて、ヴァレルロードドラゴンの「500ダウンさせる効果」もしくは
     ヴァレルロード・S(サベージ)・ドラゴンの無効効果の
     どちらかを使用した場合、2カウントになるため、
     使用していない方の効果は発動できません。

    

 
 ※3 エンドフェイズ時の妨害カウント(どの妨害を使用するかを2つまで宣言する)の諸注意
    
    自分盤面にヴァレルロードドラゴンが存在する場合で
  自分のエンドフェイズ時に相手のターンでの妨害を2と宣言します
  (ヴァレルロードの①②効果両方適用)が、
  その後、相手ターン中に召喚したヴァレルロード・S・ドラゴンの無効効果の適用や
  相手ターン中に召喚した「覇王眷竜 クリアウィング」の特殊召喚時 破壊する効果
  相手ターン中に特殊召喚したアストラムの①②効果は一切適用不可となります。

  上記のように、相手のターン中に 前の自分のエンドフェイズ時にフィールド(公開されている状態)に
  カウント候補になかったカードの妨害効果を使用したい場合は、
  あらかじめ、前のエンドフェイズ時にカウント数の調整が必要。
  (伏せている罠・魔法も非公開のため、調整が必要。)


▼特別リミットレギュレーション▼


・1枚で完結するカード(ボーダーやドラグーン) いわゆるパワーカードの禁止(運営にて判断します。)
・その他2020/01~04の環境で活躍したデッキ(運営で判断)を含めた一部のカード
・運営で決闘の展開でルール等に支障が出ると判断したカード

・ベースとなる2020/4月レギュレーションのうち
 制限カードに指定されているカードを禁止カードとする。(一部例外あり)
・ベースとなる2020/4月レギュレーションのうち
 準制限カードに指定されているカードを制限カードとする。(一部例外あり)

・「相手の効果を受けない」というテキストがあるカード及び
 「相手の効果を受けない」という効果を付与するカードを禁止カードとする。




【禁止カード及びデッキ】

アマゾネスの射手
イレカエル
焔征竜-ブラスター
Emヒグルミ
EMモンキーボード
外神アザトート
巌征竜-レドックス
旧神ノーデン
グローアップ・バルブ
サイバーポッド
The tyrant NEPTUNE
サモン・ソーサレス
十二獣ブルホーン
守護竜アガーペイン
守護竜エルピィ
真竜剣皇マスターP
星杯の神子イヴ
ゼンマイハンター
ダンディライオン
星守の騎士 プトレマイオス
瀑征竜-タイダル
破滅竜ガンドラX
ファイバーポッド
BF-朧影のゴウフウ
BF-隠れ蓑のスチーム
マジェスペクター・ユニコーン
魔導サイエンティスト
M.X-セイバー インヴォーカー
メガキャノン・ソルジャー
メンタルマスター
八汰烏
ラヴァルバル・チェイン
レベル・スティーラー
悪夢の蜃気楼
押収
大嵐
苦渋の選択
強引な番兵
強欲な壺
心変わり
次元融合
神剣-フェニックスブレード
生還の宝札
大寒波
蝶の短剣-エルマ
早すぎた埋葬
ハリケーン
マスドライバー
魔導書の神判
突然変異
遺言状
異次元からの帰還
王宮の弾圧
刻の封印
マジカル・エクスプロージョン
ライフチェンジャー
ラストバトル!
三位一択
神秘の中華鍋
非常食
仁王立ち
光の護封霊剣
オルフェゴールバベル
サラマングレイト ロアー
「王宮の」と名の付く罠全般
「神の」と名の付く罠全般
閃刀起動 エンゲージ
幻創のミセラサウルス
進化薬
ライオウ
インスペクトボーダー
パキケファロ
結果像
虚無魔人
虚無空間
ライトニングストーム
真竜の黙示録
真竜の継承
M・HERO ダークロウ
原始生命態二ビル
灰流うらら
増殖するG
屋敷わらし
幽鬼うさぎ
ふゆさくら
さよしぐれ
はなみずき
カクリヨノチザクラ
エフェクトヴェーラー
無限泡影
psyフレーム γ
ファンタズメイ
スカルマイスター
DDクロウ
アーティファクトロンギヌス
ドロール&ロックバンド
破壊剣 ドラゴンバスターブレード

スキルドレイン
サモンリミッター
魔封じの芳香
ネクロバレー
マクロコスモス
次元の裂け目
魔法使い族の里
ソウルドレイン
帝王の溶撃
真帝王領域
群雄割拠
センサー万別
御膳試合
カイザーコロシアム
拮抗勝負
ミステイク
異次元グランド
深淵に潜むもの
バグースカ
真竜皇V.F.D
サイバー・ドラゴン・インフィニティ
トロイメア・ケルベロス
トロイメア・フェニックス
トロイメア・ユニコーン
トポロジック トゥリスバエナ
トライゲート・ウィザード
混沌の戦士 カオス・ソルジャー
召命の神弓-アポロウーサ
トロイメア・グリフォン
トポロジック・ボマー・ドラゴン
トポロジック・ゼロヴォロス
アクセスコード・トーカー
ヴァレルソード・ドラゴン
ヴァレルロードドラゴン
ヴァレルロード・S・ドラゴン
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト
月華竜 ブラック・ローズ
サイバース・クアンタム・ドラゴン
ダイーザ
ドラグーンデッキ
オルフェゴールデッキ
オルターガイストデッキ
閃刀姫デッキ
サンダードラゴンデッキ
インフェルノイドデッキ
叢雲ダイーザデッキ
エンディミオンデッキ
機界騎士デッキ
サイバードラゴンデッキ
V・HERO 全般禁止
E・HERO シャドーミスト
E・HERO アブソリュートZERO
E・HERO サンライザー
召喚士アレイスター
エルシャドールミドラーシュ
エルシャドールネフィリム
エルシャドールアプカローネ
輝竜星 ボウテンコウ
デコード・トーカー
紫毒の魔術師
魔弾の射手 マックス
水霊神 ムーラングレイス
彼岸の悪鬼 ファーファレル
ドーハスーラ
壊獣と名の付くカード
ラー玉
ラヴァゴーレム
デッキ破壊ウイルスと名の付くカード
方界と名の付くカード
ミストバレーの巨神鳥
三戦の才
禁じられたと名の付くカード
ABC-ドラゴン・バスター
精神操作
閃刀機-ウィドウアンカー
閃刀機-ホーネットビット
閃刀機関-マルチロール
閃刀起動-エンゲージ
虚無空間
王宮の勅命
EMドクロバット・ジョーカー
オルターガイスト・マルチフェイカー
虹彩の魔術師
PSYフレームロード・Ω
魂喰いオヴィラプター
調弦の魔術師
超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ
超雷龍-サンダー・ドラゴン
TG ハイパー・ライブラリアン
デビル・フランケン
氷結界の龍 トリシューラ
嵐征竜-テンペスト
一時休戦
サンダー・ボルト
ペンデュラム・コール
盆回し
魔鍾洞
虚無空間
王宮の勅命
盗人の煙玉

【制限カード】

A・ジェネクス・バードマン
アストログラフ・マジシャン
オルフェゴール・ガラテア
オルフェゴール・ディヴェル
輝白竜 ワイバースター
水晶機巧-ハリファイバー
クロノグラフ・マジシャン
転生炎獣ガゼル
鎖龍蛇-スカルデット
ジャンク・スピーダー
十二獣ドランシア
十二獣モルモラット
重爆撃禽 ボム・フェネクス
終末の騎士
処刑人-マキュラ
SPYRAL-ジーニアス
SRベイゴマックス
閃刀姫-カガリ
発条空母ゼンマイティ
ゼンマイマジシャン
トーチ・ゴーレム
深淵の暗殺者
覇王眷竜ダークヴルム
封印されしエクゾディア
封印されし者の左足
封印されし者の左腕
封印されし者の右足
封印されし者の右腕
捕食植物ヴェルテ・アナコンダ
捕食植物オフリス・スコーピオ
ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム
メタモルポット
餅カエル
雷鳥龍-サンダー・ドラゴン
竜剣士ラスターP
リンクロス
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
ローンファイア・ブロッサム
簡易融合
インフェルニティガン
おろかな埋葬
終わりの始まり
原初の種
死者蘇生
十二獣の会局
増援
手札抹殺
テラ・フォーミング
ドラゴニックD
トリックスター・ライトステージ
ハーピィの羽根帚
封印の黄金櫃
ブリリアント・フュージョン
マスク・チェンジ・セカンド
霞の谷の神風
ユニオン格納庫
真紅眼融合
六武の門
トリックスター・リンカーネイション
メタバース
オルターガイスト・メリュシーク
ダイナレスラー・パンクラトプス
サブテラーの妖魔
王の舞台
幻影霧剣
ネクロフェイス

【準制限カード】

深海のディーヴァ
ダーク・グレファー
マスマティシャン
未界域のジャッカロープ
未界域のネッシー
雷獣龍-サンダー・ドラゴン
化石調査
転生炎獣の炎陣
スケープ・ゴート
SPYRAL RESORT
超融合
隣の芝刈り
ヒーローアライブ
闇の誘惑
ワン・フォー・ワン
パーソナル・スプーフィング
レッド・リブート

最後に


リミットレギュレーションおよびルールは運営側で判断していたり参加者の方に提案頂いたりして変更になることもありますのでご了承ください。

先攻制圧、後攻ワンキルは前提としてしない、ターンの行き来を意識する。
テーマ、ギミックで遊ぶこと。

イメージとしては昔のポカポカ殴り合うデュエルとか、特殊勝利狙ったネタ~ファンで遊んでもらう大会です。

また、グループでは別にガチはガチで大会を催すのでその時はもう先攻制圧でもワンキルでも勝つデュエルをしてもらえればと思います。