天龍雪獄を考察、除去札としてアンデットに採用する強い


  • 天龍雪獄の上手な使い方を知りたい。
  • 天龍雪獄の注意点や弱点など知りたい。


どうも不自由なYPです。

2020年4月18日発売予定のRISE OF THE DUELISTで収録される天龍雪獄を考察していきたいと思います。
これ中々に良い除去ですね。特にアンデットと合わせるとなんだって除去できてしまう素晴らしいカードです。
ちなみに読みは”てんろうせつごく”です初見だと”てんりゅう”と呼んでしまいますので注意しましょう。

 天龍雪獄 テキスト確認



通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして自分フィールドに特殊召喚する。
その後、自分及び相手フィールドから種族が同じとなるモンスターを1体ずつ選んで除外できる。

効果は一つで相手の墓地から効果無効にしてこちらフィールドに特殊召喚、その後~できる効果で墓地から蘇生させたモンスターと同じ種族のモンスターを自分と相手のフィールドから”選んで除外”します。

天龍雪獄 強さ


1枚で2枚のアドバンテージを得ることができるのは非常に強力といえ、自分ターンでも相手ターンでも使える非常に汎用性の高い罠カードであると言えます。

相手ターンに発動すれば種族統一テーマなら2除去可能。こちらに同じ種族が居て相手の墓地から特殊召喚したモンスターが何かしらの素材などで必要な場合は元々自分フィールドに存在したモンスターを除外すればよいので選択できるのも強いですね。

また、この除去についても”選んで除外”という性質なので対象、破壊耐性があろうとうも除去できるのは強力で中々処理に困っていたドラグーンの耐性すら抜けてしまいます。

罠なので相手の蘇生にチェーンすれば不発にすることができますし、結構遅効性ではあるものの除去としては優秀。

天龍雪獄 弱点と注意点


罠である性質上除去したいタイミングが少し遅かったりすることがあると思います。
しかし、それは仕方ないことなので受け入れましょうw

蘇生制限をクリアしていなかったり、特殊召喚自体に縛りを設けられているカードもあるので注意が必要です。

天龍雪獄 相性の良いカード


アンデットワールド



フィールド魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター及び墓地のモンスターは全てアンデット族になる。
(2):お互いはアンデット族モンスターしかアドバンス召喚できない。

まずぱっと思いつくのはやはりアンデットを愛するものとしてはアンデットワールドでしょう。

フィールド、墓地の種族をアンデットに統一してしまう強い干渉効果で天龍雪獄を発動すればたちまちほぼ何でも除去出来てしまうすごいシナジーになっています。

また、こちらのアンデット、例えば不知火関連を除外すればトリガーとすることも出来るので、可能ならそういったトリガーにも成り得るカードを合わせて採用したいところ。

交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン



エクシーズ・効果モンスター
ランク6/闇属性/アンデット族/攻2600/守1000
レベル6モンスター×2体以上
元々の持ち主が相手となるモンスターをこのカードのX召喚の素材とする場合、
そのレベルを6として扱う。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送る。
(2):1ターンに1度、フィールドのモンスターカードが、
効果で相手の墓地へ送られた場合、または戦闘で破壊され相手の墓地へ送られた場合、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
そのモンスター1体を自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

エクシーズ素材を指定していますが、相手から奪ったモンスターであればもう片方のレベルだけ合わせてやれば簡単に出てくるモンスターです。
①の効果も対象にはとってしまうものの、破壊を介さない除去で相手の盤面を荒らすことも可能に
②の効果も相まって相手の墓地に存在するモンスターを利用しながら戦うことが可能です、強いですね。


零氷の魔妖-雪女



リンク・効果モンスター
リンク4/水属性/アンデット族/攻2900
【リンクマーカー:左/右/左下/右下】
アンデット族モンスター2体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに2度まで使用できる。
(1):「零氷の魔妖-雪女」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
除外されている状態で発動した相手モンスターの効果は無効化される。
(3):墓地からモンスターが特殊召喚された場合、
または墓地のモンスターの効果が発動した場合、
このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を0にし、その効果を無効にする。

個人的にはこのカードの救済なんじゃないかとすら思っている天龍雪獄。
蘇生と墓地効果発動することトリガーにフィールドのモンスターを完全に無力化とする制圧力もあり、今後採用率が高くなりそうな気がします。

天龍雪獄を考察、除去札としてアンデットに採用する強い まとめ


零氷の魔妖については噛み合いが抜群で相手の盤面を弱体化させながらこちらは地味に打点が高い雪女さんで殴るのロマンありますよね、アンデット汎用と言われていた彼女を活用させるならこのカードだなと思いますね。

また種族統一テーマ、例えばオルフェゴールや転生炎獣なんかもこのカードで処理できることが多く環境次第ではメインに積まれてもおかしくないポテンシャルがあり、とりあえず三枚集めておいて損は無さそうです。