謎裁定のサモンリミッターと相性の良いテーマ



どうも不自由なYPです。

ツイッターで最近話題のヌメロンデッキにサモンリミッター積むの強くね?というのが流れてきて「とうとうサモンリミッターの強さが知れ渡ってしまったか・・」とちょっと秘密がばれてしまった感がありますが、今回は何故サモンリミッターが強いのか?というのことについて書いていきたいと思います。

結論から言うと裁定がおかしいって話になります。

ここ最近話題になりつつある”サモンリミッター”とは?



永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いのプレイヤーは1ターンに合計2回までしかモンスターを
召喚・反転召喚・特殊召喚できない。

遊戯王のカードってテキストが短いほど強いって昔から言われてるんですけど、サモンリミッターもその特徴が出ています。

通常召喚、特殊召喚、反転召喚が全て合計2回しかできないとなっています。
これって展開テーマにはぶっささるカードでして「息するなよ」っていわれてるみたいなもんです。

まあ、普通に強いじゃないですか。自分がそんなに展開しないテーマだったらば全然使えるカードです。二枚目以降の虚無空間的なポジション


永続罠(制限カード)
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いにモンスターを特殊召喚できない。
(2):デッキまたはフィールドから自分の墓地へカードが送られた場合に発動する。
このカードを破壊する。

でも、このカードの何が恐ろしいかというと後述の謎裁定です。

サモンリミッターの謎裁定と理不尽感


公式のQ&Aです。
遊戯王OCGカード「サモンリミッター」へのQ&A一覧
「サモンリミッター」の発動が行われる前に行った、召喚・反転召喚・特殊召喚も含めて、お互いのプレイヤーは1ターンに合計2回までしかモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する事ができなくなります。
そのターンに2回以上の召喚・反転召喚・特殊召喚を既に行っているプレイヤーは、「サモンリミッター」の効果が適用されている場合、そのターンにさらに召喚・反転召喚・特殊召喚を行う事はできず、「死者蘇生」や「バトルフェーダー」などのモンスターを特殊召喚する効果を持つカードや効果の発動も行えません。

いや、はあ?としか言えませんよね。
発動する前の召喚、特殊召喚までカウントします。
もう一度言います。
発動する前の召喚、特殊召喚までカウントします。
なので、2回特殊召喚し死者蘇生を発動にチェーンしてサモンリミッターを発動されたら、死者蘇生不発になります。
意味が分からん。
でも、裁定ではそうなっているので従うしかありません。
もしかして”このカードが存在する限り”って裏側でもカウントは始まってるってことか?
いまいちコンマイ語わからんって話になりそうです。でもそういうもんですw

ジェネレイドテーマと相性が良かったサモンリミッター



僕がこの凶悪な罠と相性が良いなと思い採用しているテーマがジェネレイド(星遺物の胎導不採用)です。
主にジェネレイドは自分のターンに動くギルス型が多く見られますが、僕は惑星探査車や禁じられた一滴を使いたいがための失楽の魔女を採用。
あまり動き回らないジェネレイドにしているのでサモンリミッターと非常に相性がいいのですね。

そして、サモンリミッターは表側表示の場合は2回の制約があるのですが、裏なら何度でも特殊召喚が可能なので王の舞台からロプトル→王の舞台でジェネレイドトークン→ジェネレイドトークンリリースしてハール(これで3回目)となってサモンリミッターを開くとハールが残ったまま相手に2度の召喚制約を強いることができるので非常に強力です。

その代わり一度開けば何かしらで除去しないと自分も動けないので注意が必要です。

みなさんの参考になれば幸いです。