決定打を阻止せよ-屋敷わらし 採用理由など



どうもこんばんは、rootです

屋敷わらし




チューナー・効果モンスター
星3/地属性/アンデット族/攻   0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その発動を無効にする。
●墓地からカードを手札・デッキ・EXデッキに加える効果
●墓地からモンスターを特殊召喚する効果
●墓地からカードを除外する効果

今回は前回の灰流うらら、

増殖するG

幽鬼うさぎ


に引き続き、屋敷わらしのお話です。相手の墓地蘇生、コンボの妨害、最終盤面の妨害数減少など使いどころに大きく左右され、かつ、発動タイミングも灰流うららと比較し、少ない誘発になります。また、うらら、うさぎと比較すると、「発動無効」であるため、ダメージステップにも使用できます。以前同様、発動可能タイミング、発動戦略を考察していきます。


発動無効にできる効果

以下の効果を含む効果の発動を無効にできます。それぞれの場合において、例を挙げていきます。ここに示す例は氷山の一角

墓地からカードを手札・デッキ・EXデッキに加える効果

主にリソースの回復手段を断てます。
転生炎獣サンライトウルフ
貪欲な壺
エルシャドール・ミドラーシュ(戦闘破壊時)
召喚魔術(墓地効果は召喚魔術がデッキに戻る)
雷龍融合(墓地除外の雷族をデッキに戻して融合)
黄金郷エルドリッチ

墓地からモンスターを特殊召喚する効果

決定力・展開阻害で一番大きな効力を果たすのは墓地からの特殊召喚を無効にできることに思います。
死者蘇生
□SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス(デッキ・墓地から特殊召喚)
□PSY フレームギア・γ(手札・デッキ・墓地からPSYフレーム・ドライバーを特殊召喚)
閃刀姫-レイ
雷鳥龍-サンダー・ドラゴン(墓地または除外から特殊召喚)


墓地からカードを除外する効果

□D.D.クロウ
氷結界の龍 トリシューラ(手札・フィールド・墓地からそれぞれ除外)
墓穴の指名者
閃刀機-シャークキャノン
ミラクル・フュージョン(墓地・フィールドの除外融合)


発動戦略

まずは後攻における手札誘発の有効率の増加です。対手札誘発カードとして採用されている墓穴の指名者の発動に対して発動できます。他の手札誘発と一緒に引き込むことで、その誘発への妨害を阻止できます。次に展開阻害・決定力となるモンスター阻止です。ダブルヘリックス、雷龍融合などの重要な点でわらしを通せると計画を大きく狂わせることができます。それでは、以前同様、各テーマについて有効なタイミングをみていきます。


対オルフェゴール


オルフェゴール・スケルツォン
オルフェゴールに関しては、墓地から蘇生する効果は少なく、基本的には墓穴を防ぐ方向で使用することになります。ただし、スケルツォンを妨害できれば確実にペースを乱すことができるでしょう。

機巧蛇-叢雲遠呂智
決定力となるモンスター。コストでデッキトップ8枚除外し、墓地蘇生または手札から特殊召喚します。


対オルターガイスト



オルターガイスト・プライムバンシー
墓地に送られたときの効果にて、オルターガイストカードを回収できます。リソースが重要なオルターガイストにおいて1枚でもカードを減らすのは重要です。

オルターガイスト・マテリアリゼーション
墓地のオルターガイストを蘇生する罠。オルターガイスト・プロトコルが存在しない場合のみしかわらしを通せません。噛み合わせが重要です。他に罠がセットされてなければ有効な1枚。

対転生炎獣



転生炎獣サンライトウルフ(誘発効果・起動効果)
リソース回復阻止です。墓地の状況をみて、転生リンク状態の起動効果を無効にするか、モンスター回収を無効にするか、判断する必要があります。

転生炎獣の意志
11交換とならないことが多いですが、墓地蘇生を防ぎ、リソースの確保を妨げます。

対閃刀姫


閃刀姫-レイ
閃刀姫リンクモンスターが場を離れたときに発動する効果を無効にすることでその後のリンクモンスターを特殊召喚から、アドバンテージを稼ぐ経路を断つことができます。

対サンダードラゴン



雷龍融合
雷神龍-サンダー・ドラゴンの融合召喚を阻止できる貴重なタイミング。サンダー・ドラゴンデッキにおいて、この雷龍融合は非常に重要なカードとなり、この効果を阻止できるかどうかが、ゲームの流れを左右するときも多くあります。

対インフェルノイド




大型のインフェルノイドは墓地または手札のインフェルノイドを除外して特殊召喚しますが、その特殊召喚はルールによるもので、チェーンブロックを組みません。従って、多くのインフェルノイドが持つ、墓地のカードを除外する効果を無効にしていくことになります。

対機界騎士



星遺物に眠る深層
墓地のLV5以上モンスター蘇生+機界騎士の存在する縦列の、発動するモンスター効果無効。機界騎士の貴重な無効手段を削ぐことができます。紺碧の機界騎士を蘇生されると、その移動効果もあって、2妨害ありますので、減らせるのは大きいでしょう。
星遺物を継ぐもの
ほぼ汎用蘇生。機界騎士に限らず採用されていました。モンスター数を稼ぎ決定打となる前に阻止したいところです。


誘発全体からみる、わらしの立ち位置

発動を無効にできる という点、特に重要となります。ただし、これもまた有効なタイミングに癖があり、その採用に関して対戦相手デッキに大きく依存すると言えます。また、どうしても通したい誘発がある場合は墓穴対策に採用してもいいでしょう。様々な用途に使用できるため、採用前には作戦をしっかり立てましょう。


決定打を阻止せよ-屋敷わらし 採用理由など まとめ

屋敷わらしに関しての基本的な発動タイミングと戦略考察でした。いかがでしたか。ちなみに僕は誘発を通す札として、採用を選ぶことが多いです。参考になればと思います。