キリビ・レディの使い方や強みと弱点、相性の良いカードを考察




どうも不自由なYPです。
コレクションパック2020に収録されたキリビ・レディの活用方法や強さなどについて考察していきたいと思います。
戦士族汎用ということで非常に強力な効果を有しており、僕が使うなら焔聖騎士への採用です。
焔聖騎士については↓のリンクにまとめています。




キリビ・レディのテキスト



効果モンスター
星1/炎属性/戦士族/攻 100/守 100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに戦士族モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
手札からレベル4以下の戦士族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン相手の効果の対象にならない。

①はフィールドに戦士族がいれば発動できる自身を特殊召喚する効果
②は自身を墓地へ送って発動し手札のレベル4以下の戦士族を特殊召喚する効果、更に特殊召喚した戦士族は相手の効果の対象にならない耐性付与

どう考えても強いんですよね。

キリビ・レディの使い方


今回は焔聖騎士におけるキリビ・レディについて書いていきます。

焔聖騎士におけるキリビ・レディ



キリビ・レディを見たときに一番に思ったのが焔聖騎士への採用。

焔聖騎士に採用することで"ネオスペース・コネクター初動における貫通力が厳しい"という弱点を克服することができます。
これまでもその弱点を補うためにシェード・ブリガンダインやホーネットビットなどを採用していました。
召喚権を使わずに"戦士を供給する"という点ではこの2枚もかなり重宝するカードです。

しかし上記の2枚はサーチができません。
なのでシェードブリガンダインは3枚採用ですしホーネットビットは1枚(制限)です。

これが事故の元となることもあったのでここの枠をキリビ・レディに変更、もしくは焔聖騎士-アストルフォを変更してもいいかもしれません(いよいよ焔聖騎士感が薄くなりますが)

またキリビ・レディは焔聖剣-デュランダルやワンチャン!?によるサーチが可能なので1枚採用でも機能しますし、”最強の焔聖騎士リナルド”同様複数枚手札に来たとしてもイゾルデになる事ができるという点も魅力です。


キリビ・レディの強さと弱点


先ほど散々書いたので重複するかもですが、キリビ・レディの強みと弱点です。

強さ


ざっと箇条書きにしていきます。


  • 複数枚手札に来てもイゾルデになれる
  • 初動を止められた時の貫通札になれる

という点ですね。

イゾルデになれるのはもちろんのことキリビ・レディを使わなかったイゾルデに誘発をもらってもイゾルデとキリビ・レディで再度イゾルデになれるのがバカみたいに強いです。

弱点、注意点


さて、キリビ・レディのネガティブな面なんですけど、これがあんまりないんですよね。
強いて言うなら

特殊召喚する際に発動を伴うこと
墓地へ送って発動なので墓穴の指名者で止められる

といったところですかかね。

正直あんまり弱いとは思えません。

キリビ・レディと相性の良いカード


ここからはキリビ・レディと組み合わせて強いカードをご紹介

ヒーロー・キッズ



効果モンスター
星2/地属性/戦士族/攻 300/守 600
このカードが特殊召喚に成功した時、
デッキから「ヒーロー・キッズ」を任意の枚数特殊召喚する事ができる。

手札にこの二枚があるだけでイゾルデはもちろんのことリンクやエクシーズ、チューナーを供給できればシンクロまで自由自在に展開することが可能です。

ただしヒーロー・キッズは事故要員にもなりかねないので採用は慎重にしましょう。
ゾンビキャリアやスカルデットを採用することで手札の操作が可能なのでギミックパーツとして活用してみましょう。

ネオスペース・コネクター



効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻 800/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札・デッキから「N(ネオスペーシアン)」モンスターまたは「E・HERO ネオス」1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードをリリースし、自分の墓地の、
「N(ネオスペーシアン)」モンスターまたは「E・HERO ネオス」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

はい、焔聖騎士における初動なんですけど、これまでは先述のようにここによく誘発をあてられて展開できず負けるということが多かったように思いますが、手札に焔聖剣-デュランダルか聖杯の継承、または自身があればネオスペース・コネクターに無限泡影を当てられても立て直しが効くようになりました。
しかし②の効果とは折り合いが悪いので注意が必要です。

終末の騎士



効果モンスター(制限カード)
星4/闇属性/戦士族/攻1400/守1200
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから闇属性モンスター1体を墓地へ送る。

どちらの効果とも噛み合う終末の騎士
別の戦士族を出しておきキリビ・レディを特殊召喚。
キリビ・レディを墓地へ送って手札から終末の騎士を特殊召喚。
これで相手の無限泡影やエフェクトヴェーラーを受けない終末の騎士の誕生です。
また戦士展開で終末の騎士→ディアボリックガイの流れで無効妨害を食らってもキリビ・レディと終末の騎士の騎士でイゾルデにはなれるのでどちらにせよイゾルデは立ちます。
特殊召喚もトリガーにできるエクスパラディンも同様ですね。

焔聖騎士-オリヴィエ



チューナー・効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1000/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
戦士族・炎属性モンスター1体または装備魔法カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札からレベル1モンスターとして特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
(3):このカードの装備モンスターは相手の効果の対象にならない。

オリヴィエの自身で特殊召喚するコストに変えても良いですし、逆にレベルをそのままで使いたいならキリビ・レディで特殊召喚してもいい。
戦略の幅を広げることができます。
またモージのドロー効果を狙う場合にもキリビ・レディは自発的に墓地へ送れるので非常に相性が良いですね。

キリビ・レディの使い方や相性の良いカードを考察 まとめ



キリビ・レディは

既存の戦士族テーマで展開力、貫通力が低かったテーマ・デッキにおいては救済であり手札で召喚権がダブっても処理しつつ展開を加速できる1枚として非常に優秀です。

ツイッター上で相性の良いテーマを見てみると

焔聖騎士
HERO
剛鬼
などですね。

正直僕は焔聖騎士にネオスペース・コネクター採用反対だったんですけど、このカードきたら「もうなんでもいいから1枚からイゾルデなってくれるの採用しようか」とすら思っちゃいましたw
触ってみた感じで構築練ってまた記事でご紹介させてもらいたいと思います。

みなさんの参考になれば幸いです。

にほんブログ村 ゲームブログ 遊戯王(カードゲーム)へ
にほんブログ村



遊戯王ランキング