[遊戯王CS]2020.9/28-10/4[環境グラフ]


さて、CS環境ということで9/28-10/4の間に開催されたCSでトーナメントまで勝ち上がったテーマを集めてみました。

以前からアップしている大会優勝テーマは規模の小さな公認大会やカードショップの小さな非公認なども含めています。
その分布がこちら

これに対してCSという猛者たちが集う大会環境で活躍しているテーマをグラフにまとめました。
良ければ参考にしてみてください。
前回のCS環境はこんな感じでした。

9/28-10/4に行われたCSでトーナメントに勝ち上がれたテーマ分布


十二獣 7
サンダードラゴン 7
召喚ドラグマ 4
閃刀姫 3
コードトーカー 3
オルターガイスト 3
未界域 2
幻影騎士団 2
プランキッズ 2
ドラゴンリンク 2
ドラグマシャドール 2
オルフェゴール 2
60エルドリッチ 2
3軸シンクロ 2
SPYRAL 1
妖仙獣 1
電脳堺 1
召喚ドラグマシャドール 1
機界騎士 1
壊獣カグヤ 1
ヌメロンエルドリッチ 1
ヌメロン 1
サイバードラゴン 1
カラクリ 1
ヴェルズ 1
アダマシア 1

サンダードラゴンが十二獣追い付いた件

以前から言ってきましたがサンダードラゴンまじで強いです。

召喚ドラクマがトップ取ってた頃からサンダードラゴンワンチャン?とか思ってましたが、今回の集計(実を言うと今回はあまり集計できる大会が多くなかった)では十二獣と肩を並べる結果に。

元々地力があるテーマでしたが、先のパックに収録された混沌領域の採用したデッキで上位入賞する結果を残し出したので恐らく混沌領域採用がスタンダードになるのかなと思われます。

先攻では妨害に、後攻では捲りとして使えるワイバースターとコラブサーベントを採用し天球やバグースカなどで牽制してから動いたりするサンダードラゴンが今後活躍していくの恐怖です。。

雷神の手札を消費するとはいえフリーチェーン除去は強すぎるて。。。

話は変わって昔の絶望盤面ではないもののドラゴンリンクも息を吹き返しているようなので前の処理も可能にしておいたほうがいいかなと思ってます。
今だと禁じられた一滴などの捲り札もあるのでこれらをメインから採用するかどうか?がネックになってきてエルドリッチもいる状況なので採用バランスが難しいなと感じますね。


※サンプルはイザジン掲載のCS決勝トーナメント出場テーマを収集
※個人が集めたものなので漏れもあります、あくまでも参考までに