今期のエルドリッチについて



本記事の内容
  • 2021.4月制限と環境から見るエルドリッチの構築や有利不利な対面などについて
どうもエルドリッチ歴8ヶ月ほどの不自由なYPです。

今回はタイトルにもあるように"今期エルドリッチどうよ?"というお話。

ちょくちょくcsに持ち込んでて感じたこととして『負けにくさ』があります。

エルドリッチはリソースゲームに持ち込みつつ相手に理不尽(スキルドレインなど)を押し付けるので嫌らしいテーマです。

引きもプレイも甘い僕が負け越すことはないので良いテーマだなと改めて思いますね。

エルドリッチの構築は誘発より罠厚め

さて、エルドリッチに採用する誘発といえば?

筆頭としてはPSYフレームギア・γや増殖するG、灰流うららなどの汎用手札誘発が出てくると思います。

しかしながら、僕が直近でCSに持ち込んだエルドリッチのデッキレシピはこんな感じでした。



サイドにニビル2枚採用しているもののメインの誘発は0。

これで禿鷹csいったんですが、TPに勝てたり、引き分けに持ち込んだり(チームの勝敗が決まってしまい決着をつけられなかった)と三戦一勝二引き分けという結果。
結果だけみれば雑魚なんですが、マッチに負けていないという事実もまたあるわけですね。
 
では、僕がエルドリッチから誘発を抜いた理由を説明します。

誘発よりもパワーが高い罠や奇襲性の高い超融合を採用した方が強いと判断したからです。


まずは神罠ですね、この構築では神の通告が2枚ですが3枚採用してもいいかもしれません。


神の宣告は3枚あると相手の素引きのハーピィの羽根箒からバックを守ったりアーゼウスや未来龍王といった置物の召喚無効で焼いたりとどの場面でも活躍しました。

激流葬は破壊耐性の無いモンスターを軒並み退かせられるからという理由で採用。


魔封じの芳香スキルドレインは言うまでもなく強いから採用。

先のデッキレシピを見てもらうとアンデットワールドドーハスーラバンシーを採用しています。


アンデットワールドは種族メタを突けるところや超融合天龍雪獄のパワーを引き上げることから採用。

アンデットワールドの起動にバンシー


アンデットワールドと相性最高のドーハスーラも合わせて採用しています。

では誘発抜きの率直な感想をば。

誘発が欲しいと感じる場面は正直あったものの罠テーマは先攻ブン回しの制圧テーマに数枚の手札誘発で抵抗できるとは思っていません。

5ロンゴミアントとか出されたらそもそも詰みなんで割りきりかなと思ってます。

多くの誘発は1:1交換にしかならず、それであれば相手がリソース割いて出してくるモンスターの召喚を無効にできる神罠や、激流葬。

ライフカットを遅らせる天龍雪獄などを採用することで"先攻で盤面作られても後攻で"ガバ伏せエンドで立ち向かえる"という動きが出きるようになりました。

十二獣に先取られて未来龍王とバック三枚みたいな盤面作られても立ち回りでライフカットを遅らせてアンデットワールドと超融合で勝ち、なんてこともありましたし、ライフ0にならなきゃどうとでもなるなと思いましたね。


今期エルドリッチが有利になれる対面とそうでない対面

後述しますが、エルドリッチの使用者激減してるのであれですが実際対面したテーマから考えてみます。

十二獣 絶妙に有利
鉄獣戦線 絶妙に有利
サンダードラゴン 不利
ドラゴンメイド 五分か絶妙に不利
シャドール 不利
幻影騎士団 ジャンケン次第
コードトーカー 不利
電脳堺 ジャンケン次第

てな感じです。
上から見ていきます。

十二獣

アーゼウスの成立で難易度は変わるものの未来龍王もドランシアもスキルドレインで黙るので無理なくクリアできると思います。
ただしメインからマクロコスモスなどの墓地にリソースを貯めさせてくれないタイプはバチバチに不利なので注意。

鉄獣戦線

スキルドレインで大方のモンスター黙るので不利ではないです。
ただシュライグによってエルドリッチが除外され続けるとやばいので立ち回りには慎重さが求められます。


サンダードラゴン

バカみたいに不利
コンキスタドールで雷神も超雷も抜けられない。
唯一の処理手段がエルドリッチビーム(手札効果)くらいです。

何がきついってサンダードラゴンは除外耐性最強過ぎるのでディメンションアトラクターやマクロコスモス、次元の裂け目などナチュラルに採用されるからこちらの墓地利用を止められてしまうのがきついです。

ドラゴンメイド

スキルドレインを罠でケアされますし素の打点が高いので神罠とか使ったところを物量で押されて詰みます。

シャドール

超融合でムキムキエルドもネフィリムに化けるのがきっつい。
スキルドレインも墓地効果までは止められないので割られて終わります。

幻影騎士団

先攻取れればそこまで難しくない感じですが、後攻で5ロンゴミアントとか立てられるとちょっと無理ですね。

コードトーカー

エルドリッチでメインから後ろ触れるのって羽根くらいなので強制脱出装置でエルドリッチ戻されたり、無理やりリンクされてアクセスでスキドレ割られたりしますので除去のタイミングめちゃ重要です。

電脳堺

シェンシェンが重いです。
スキドレも刺さりにくくチュチュエも上手く使わせておかなきゃなんでジャンケンでどこまで妨害できるかがネックになります。


使用者の減少で対策がされづらい

一時期に比べると脅威と思われてないのか使用者が減っている傾向にあると思います。

僕を含む一部の愛好家が使ってる感じですかね。

大方種も仕掛けもバレているから弱くなったって思われてるのかもしれませんが、やはり相変わらずスキルドレインは嫌な顔されますし、決まれば勝ちみたいな盤面も多々あります。

今環境の大半を占める鉄獣や十二といったテーマにも強くでられるし、追い風ではあるかなと思ってます。

今回は短いですがここまで。

久々にブログ書いたんですが、あれですね、書かなきゃ書けなくなるのはまじですわ。

次回はきまぐれに更新します。

では!