【2019年度版】遊戯王初心者、復帰組にオススメしたいテーマ4選

気になる事
  • 初心者でも扱えそうなテーマが知りたい
  • 初心者だけど勝ちたい
  • 安価でも強いテーマを知りたい
どうも不自由なYPす。

さて、初心者さんや復帰組がぶつかる壁。それがテーマ選びです。
何がいいのか悪いのか?そこらへんが分からなくて迷っている方に数ヵ月前に復帰した僕が敢えて4つに厳選しご紹介したいと思います。

遊戯王初心者さんや復帰組の方は是非ここでオススメのカードなどをまとめているので見ていってください
初心者、復帰組の方にお勧めの記事

大前提として

  • 2019年の環境でも十分闘えること
  • 予算も2万円前後で組めること
  • プレイヤースキルの向上が見込めること


を重点的にしたテーマ紹介となります。

すべて筆者もそろえており、それぞれ回した結果「これは初心者にもオススメやな!」と判断したのでご紹介。

前置き長いので早速いきましょう。



転生炎獣(サラマングレイト)



つい最近までがっつり環境トップ入りしていたテーマです。

主なギミックは「転生リンク」と呼ばれる同名リンクモンスターを素材としてリンク召喚し追加の強力な効果で押しきるテーマ。

転生の名に恥じないデッキ、墓地からの展開力はアンデットにも負けない高さを誇ります。

現代遊戯王の鑑とも言えるソリティアでドンドンアドバンテージを取り相手を殴り倒します。

オススメ理由


  1. 現代の遊戯王を知ることができる。
  2. 分かりやすく、難しく無い上にストラクチャーデッキも販売されているので容易に組むことが出来る。
  3. ストラクチャーデッキ ソウルバーナーサラマングレイトに同梱される汎用カードの一角、相手のデッキが絡む効果をほぼ無に帰すロリ「灰流うらら」が手に入る。

うららシングル購入するとそれだけで1000円くらいしますのでコストカットにも役立ちます。

歴代最強と呼ばれるほどの完成度を持つストラクチャーデッキを三つ購入するだけでも十分に戦えてしまうので初心者にこそ握ってみて欲しいデッキです。

組むための予算

先述の様に灰流うららがあるので別のデッキを組むより2000円は安くなっています。

構築にどれくらいの汎用カードを採用するのか?で金額は大きく変わりますが、ストラクチャーデッキ三つで約3600円(エクストラが結構揃っているので更に安価)

手札誘発関連が約4500円(増殖するGと墓穴の指名者)

汎用モンスター(ジェットシンクロンや)で約2000円

エクストラデッキはハリファイバー、リンクリボー、ヴァレルソードドラゴンなどの汎用リンクを投入して約6000円

15000円ほどあればなんとかなるレベルです。

アンデット



以前にデッキ紹介した「アンデット」も初心者にオススメしたいデッキです。

アンデットの名の通り墓地からゾロゾロと特殊召喚されていく様はさながらゾンビですが、これらを素材に制圧モンスターの呼び出し盤面を固めていくスタイルです。

基本的に使うと嫌われる印象

上記のサラマングレイトみたいにインチキサーチやカウンターも無く、サポートについて手厚いわけではないと思うんですが、中々の嫌われ具合。

一緒に嫌われてみませんか?

オススメ理由


  1. 覚えることが少ない。
  2. 手札事故が少ない。
  3. リンク、エクシーズ、シンクロなんでもござれな面子が揃っている。
  4. 嫌われる。

こちらもサラマングレイトのようにストラクチャーデッキ-アンデットワールドRが販売されているのでパーツを揃えやすい上に相手をメタって戦うためフィールド魔法「アンデットワールド」を貼るだけで動けないデッキもあるほど。

組むための予算

ストラクチャーデッキ3つ購入費用3000円

手札誘発関連が約4500円(増殖するGと墓穴の指名者)

汎用カードで約2000円

エクストラデッキはサラマングレイトとは違ってエクストラデッキが揃っていないためかなり高額になります。

ハリファイバー、リンクリボー、ヴァレルソードドラゴンなどの汎用リンクを含めて約9000円ほどまでに膨らみます。

合計金額としては約2万円ほど




魔王インフェルノイド



今もちょこちょこ結果を出している第9期テーマ(現在が10期ですちょっと期とかいわれてもわかんないですって方は無視しておk)の「インフェルノイド」

主なギミックは少し手間の掛かる展開方法なのですが、インフェルノイドモンスターは基本的に通常召喚できないモンスターで構成されており、その特殊召喚条件が手札、墓地からインフェルノイドモンスターを1~3体を除外し特殊召喚。

この手間とコストが重いわけですが、それを補うレベルの効果を持ちます。

それぞれ自分フィールドのモンスターをリリースすることで効果を発動し相手の墓地のカード除外

それぞれ特有の効果(例えば魔法罠破壊やモンスター破壊など)

最上級モンスターのリリスとネヘモスとなるとモンスター効果無効除外、魔法罠無効除外と制圧力も抜群です。

さて、ここに「魔王」の要素が入りますが主に「闇黒世界シャドウディストピア」というフィールド魔法を発動し、インフェルノイドモンスターの効果の発動コストを相手のモンスターに押し付けるというコンボが強い強いわけですね。

オススメ理由



  1. めちゃめちゃプレイヤースキルが高くなる
  2. 墓地除外、相手リリース強すぎる
  3. 嫌われる。

インフェルノイドは確かにカードパワーは高いものの妨害盤面を揃えられたりする今の環境だと不利になることが多いです。

それゆえに勝つためには相手のデッキの弱点を突くために必然的にプレイヤースキルが上がっていくという成長させてくれるテーマであります。

組むための予算

シングルで闇黒世界シャドウディストピアなどを揃えるよりもストラクチャーデッキ闇黒の呪縛R買ったほうが構築の幅とかも増えるのでここもストラク3つで3000円

インフェルノイド関連で3000円

手札誘発関連が約6500円(灰流うらら、増殖するGと墓穴の指名者)

汎用カードで約2000円

エクストラデッキはサラマングレイト同様にエクストラデッキが揃っていないためかなり高額になります。

ハリファイバー(いらないかな。。)インフェルノイドティエラ、旧神ヌトス、リンクリボー、ヴァレルソードドラゴンなどの汎用リンクを含めて約6000円ほど

合計金額としては約2万円ほど

恐竜サンドラ


現環境のサンダードラゴンの亜種である、「恐竜サンドラ」
2019年7月のリミットレギュレーションでサンダードラゴン関連から2枚も制限カードが出てしまいましたが、混ぜ物をすることで十分に戦えるテーマとなっています。

戦い方は至ってシンプル。

究極伝導恐竜と雷超龍サンダードラゴンを盤面に出し相手のサーチを封じ、裏側守備表示にし殴っていくスタイルです。
とかくカードパワーが高い為ごり押しでも戦えるため初心者にオススメしたいテーマとして選びました。

オススメ理由


  1. やっぱり環境は強い
  2. サンダードラゴンミラー対戦でも優位に立てる
  3. 比較的安価
  4. 裏側守備表示の無力さ

どのようなモンスターであっても裏側守備にされると効果の発動は行えず殴られたらリバースするか破壊されるしかなくなるわけですね、それが強い、更に全体攻撃に加えて一体を墓地へ送り1000ダメージとか頭おかしいですw

刺さるデッキにはとことん刺さるサーチ封じも強力で、展開力も高く打点も高いので相手を殴り倒しましょう。

組むための予算

基本はシングルで買いそろえていく必要がありますのでお金よりも時間のコストが高くなりがちなのでメルカリなどのサービスを利用し一気に集めたいところ。おそらくデッキパーツを集めるのであれば6000円ほどで集まるハズ

手札誘発関連が約6500円(灰流うらら、増殖するGと墓穴の指名者)

汎用カードで約2000円

ハリファイバー、リンクリボー、ヴァレルソードドラゴンなどの汎用リンクを含めて約8000円ほど

合計金額としては約22000円ほど

遊戯王初心者、復帰組にオススメしたいテーマ4選 まとめ


今回紹介したテーマ同士でトーナメントすると最終的に残っていそうなのは最後に紹介した恐竜サンドラだと思います。

初心者でも安価組めて且つ安定的に勝てるとなるとアンデットも捨てがたいのですが、まずは環境を握る事をオススメしたいです、だって勝ちたいもんねw

恐竜サンドラ押しみたいになっていますが、それ以外が弱い訳ではなく安定感ではアンデットが、爆発力はインフェルノイドが、とどのテーマであっても一長一短がありますので、お好みで選んでください。
また個別でデッキ紹介などの追記もしていきますのでお楽しみに!



0 件のコメント :

コメントを投稿