オーバーテクス・ゴアトルス考察、強みや注意点、弱点、相性の良いカード



  • オーバーテクス・ゴアトルスの上手な使い方やコンボを知りたい。
  • オーバーテクス・ゴアトルスの注意点や弱点など知りたい。


どうも不自由なYPです。

以前に恐竜サンドラデッキを公開しましたが、今回はコストが必要となりますが、魔法罠発動無効という強力な制圧力、恐竜族の切り札究極進化薬をサーチできるオーバーテクス・ゴアトルスついて考察していきたいと思います。

遊戯王の恐竜族ってどこか機械チックというか、なんだか古代の生き物というのと相反するネーミングですよね。ちなみにテクスとは先端の尖ったビスだとか言われてますね。

詳しく見ていきましょう。



まずはオーバーテクス・ゴアトルスのテキスト確認


特殊召喚・効果モンスター
星7/闇属性/恐竜族/攻2700/守2100
このカードは通常召喚できない。
除外されている自分の恐竜族モンスター5体をデッキに戻した場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
自分の手札・フィールドの恐竜族モンスター1体を選んで破壊し、その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「進化薬」魔法カード1枚を手札に加える。

ターン1での発動になりますが自分フィールドor手札の恐竜族を破壊し、魔法罠の発動を無効にする効果。

効果で墓地へ送られた場合に発動できる進化薬カードをサーチする効果。

墓地へ送られても使えるかなり強いカードですね。

オーバーテクス・ゴアトルスの強み

アタッカーとしても使える打点を持ち、上記のようにコストとして恐竜族をフィールド、手札から破壊する必要がありますが、魔法罠の発動無効は高い制圧力を有し、例えば闇黒プテラを使えば無限のコストとして使うコンボも強いです。



効果モンスター
星3/風属性/恐竜族/攻1000/守 500
このカードが戦闘によって破壊される以外の方法で
フィールド上から墓地に送られた時、
このカードは持ち主の手札に戻る。
なお、①の効果発動コストに自身を破壊することも出来て、墓地へ送られれば②の効果を発動できます。

進化薬カードのサーチということになりますが、究極進化薬、大進化薬、超進化薬とありますが最優先というか、最もサーチに適しているのは究極進化薬かと思われます。

また、究極進化薬のコストにオーバーテクス・ゴアトルスを利用できるため噛み合いの良いカードと言えます。

オーバーテクス・ゴアトルスの注意点、弱点

弱点というか扱いづらい点

これは言わずもがな特殊召喚条件が非常に厳しいと言え、除外されている恐竜族5体をデッキに戻し特殊召喚というかなり難易度の高い特殊召喚。

故に蘇生条件を満たした状態のオーバーテクス・ゴアトルスが墓地にいることが少なく究極進化薬を経由した特殊召喚がメインとなるのは留意すべき点といえます。

また、自身が墓地へ送られたタイミングに墓穴の指名者などを打たれてしまうと無力化するのはご愛敬。

注意点

「発動コストとして墓地へ送られた場合」は効果は使えないので「効果によって墓地へ落とす」必要があるので、ここには注意したいです。

オーバーテクス・ゴアトルスと相性の良いカード

オーバーテクス・ゴアトルスと相性の良いカードをご紹介。

魂喰いオヴィラプター



効果モンスター(制限カード)
星4/闇属性/恐竜族/攻1800/守 500
「魂喰いオヴィラプター」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから恐竜族モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
(2):このカード以外のフィールドのレベル4以下の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
魂喰いオヴィラプター一枚から究極伝導恐獣orオーバーテクス・ゴアトルスまでさくっと特殊召喚できるルートがあるくらいには相性が良く、オーバーテクス・ゴアトルスを採用しているデッキなら必ず一緒に積みたい一枚であります。
このカードでオーバーテクス・ゴアトルスを効果で墓地へ送ることができるため相性抜群なのでオススメです。

ユニゾンビ


チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻1300/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
手札を1枚捨て、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
(2):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
この効果の発動後、ターン終了時までアンデット族以外の自分のモンスターは攻撃できない。
まったくジャンル関係ないやんけ!!!
いや、その通りなんですけど、僕が個人的に組んでいる恐竜アンデットというものを組んでいて噛み合いが良い部分と悪い部分があるので公開していませんが、ユニゾンビの②の効果で墓地へ送れば究極進化薬をサーチできるので手札にきてほしくないオーバーテクス・ゴアトルスを有効に使える点で組んでいました。もう少し煮詰まったらデッキ公開もしていきたいと思います。

究極進化薬



通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・墓地から、恐竜族モンスターと恐竜族以外のモンスターを1体ずつ除外して発動できる。
手札・デッキからレベル7以上の恐竜族モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
いわずもがなサーチ対象。
このカードからのリクルート先には究極伝導恐獣やオーバーテクスゴアトルス、ダイナレスラー・パンクラトプスなど優秀なモンスターを選べるので少なくとも2枚ほどは採用したいところ。
除外コストに恐竜族以外が必要になりますがサンダードラゴンなど除外されると効果を発動するモンスターをチョイスしたいところ。

手札抹殺・手札断殺



通常魔法(制限カード)
(1):手札があるプレイヤーは、その手札を全て捨てる。
その後、それぞれ自身が捨てた枚数分デッキからドローする。



速攻魔法
(1):お互いのプレイヤーは手札を2枚墓地へ送る。
その後、それぞれデッキから2枚ドローする。
恐竜オンリーのデッキだとドローソースに欠けてしまうのでこれらを採用しつつオーバーテクス・ゴアトルスの墓地効果を発動させつつドローを狙いたいカード。
手札抹殺はまだ使いやすい効果ではあるものの、手札断殺は相手の手札も2枚以上ないと発動できないためタイミングを見計らう必要があるので個人的には手札抹殺をオススメ
ところ。

オーバーテクス・ゴアトルス考察まとめ

恐竜族には足りなかった魔法や罠へのカウンターを内蔵し、切り札級の究極進化薬をサーチできる素晴らしいモンスターと言えます。手札にくると中々に重く特殊召喚条件を満たすのにも時間がかかってしまいますが、何かしらの効果で墓地へ送ればサーチできるので優秀な印象です。



また面白いギミックや使い方があればコメントなどで教えていただければと思います。



みなさんの参考になれば幸いです。


0 件のコメント :

コメントを投稿