ヴァンパイアサッカー考察、強みや注意点、弱点、相性の良いカード



気になる事

  • ヴァンパイアサッカーと相性がいいカードが知りたい。
  • ヴァンパイアサッカーの使い道や注意点など知りたい。

どうも不自由なYPです。






以前にドーハスーラ軸で構築したアンデットデッキを公開しましたが、今回は初動でフィールドに出しておきたい重要なドローソース、ヴァンパイアサッカーについて考察していきたいと思います。

絵アドも高いし、能力も高いのでアンデットデッキでは2枚は採用しておきたいモンスターです。

詳しく見ていきましょう。



まずはヴァンパイアサッカーのテキスト確認



リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/アンデット族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
アンデット族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
特殊召喚したそのモンスターはアンデット族になる。
(2):自分・相手の墓地からアンデット族モンスターが特殊召喚された場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。
(3):自分がモンスターをアドバンス召喚する場合、
自分フィールドのモンスターの代わりに相手フィールドのアンデット族モンスターをリリースできる。


①起動効果である相手墓地のモンスターをアンデット族にし蘇生

②自分相手の墓地からモンスター蘇生されるとワンドローする強制効果

③アドバンス召喚のコストを相手のアンデット族に押し付ける永続効果

となっており、①②がしっかり繋がっているバランスの良いアンデットデッキで必須級のリンク2モンスターと言えます

ヴァンパイアサッカーの強み

アンデット族のドローソースで蘇生すれば発動する強制効果は強力であり、ターン1ではあるものの相手ターンでも発動できるのでアドバンテージを得やすく、採用率の高い手札誘発「灰流うらら」を打たれても破壊される訳ではないので次のターンまで生き残ればドローも望めます。

チューナー・効果モンスター(準制限カード)
星3/炎属性/アンデット族/攻   0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その効果を無効にする。
●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果


相手の墓地のモンスターを蘇生する効果については脅威となる効果をもたないモンスターを蘇生すればすぐさまワンドロー出来るのでポイントは高いと言えますが、相手にアドバンテージを与えることになるため使いどころや処理手段は考えたい効果です。

ぼくは主に次のターンスタンバイ時に墓地の死霊王ドーハスーラ蘇生→ヴァンパイアサッカーのワンドローに死霊王ドーハスーラの除外をチェーンし処理しています。

最後の効果が個人的には最強だと思っていて召喚権を残す必要はありますが上級モンスターのアドバンス召喚コストを相手に押し付ける効果

発動するものでは無いため厄介な耐性持ちなどにも対応できるのが強み。リリースは最強の除去やで。

ヴァンパイアサッカーの注意点、弱点


どのような強力なカードであっても弱点や突破する道は残されています。

このヴァンパイアサッカーは打点が低いことがネックとなります。

普通に相手ターンを凌いで盤面に残ることが少なく、すぐに対処されがちです。

とはいえアンデットは蘇生手段が豊富なのですぐにフィールドに復帰するのであまり弱点と言える弱点は少ないといえます。


ヴァンパイアサッカーと相性の良いカードをご紹介。


リンク召喚自体はアンデットデッキであれば問題なく出来るので「蘇生」を上手く使えるカードを考察していきたいと思います。

死霊王ドーハスーラ



このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:「死霊王 ドーハスーラ」以外のアンデット族モンスターの効果が発動した時に発動できる。以下の効果から1つを選んで適用する。このターン、自分の「死霊王 ドーハスーラ」の効果で同じ効果を適用できない。
●その効果を無効にする。
●自分または相手の、フィールド・墓地のモンスター1体を選んで除外する。
②:フィールドゾーンに表側表示でカードが存在する場合、自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。


言わずもがなアンデットデッキであれば採用されているだろうモンスター、いや、モンスターなどではない神だ!!と言わんばかりの猛者であります。

ヴァンパイアサッカーとの相性については蘇生ドローと相手リリースのアドバンス召喚に使えるといったところです。

アンデットデッキで死霊王ドーハスーラを二枚採用している場合の性として手札にきてしまうこと。

召喚権を残さなければなりませんが、相手のモンスターをリリースしつつ死霊王ドーハスーラを盤面に揃えることが出来るのはかなり大きなアドバンテージと言えます。


アンデットワールド



フィールド魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター及び墓地のモンスターは全てアンデット族になる。
(2):お互いはアンデット族モンスターしかアドバンス召喚できない。


ヴァンパイアサッカーがフィールドにいる状態で相手がモンスターを蘇生させる効果の発動に屍界のバンシーを除外して発動。アンデットワールドがあるので相手のモンスターはアンデット族になるためワンドローできるというギミックもあったりする上に上述のドーハスーラとも相性が抜群なので必ず採用したいですね。

馬頭鬼



星4/地属性/アンデット族/攻1700/守 800
(1):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのアンデット族モンスターを特殊召喚する。


言わずもがなアンデットが不死である理由、根源、象徴ともいえる馬頭鬼アニキ!

この子が何枚墓地にあるか?また異次元からの埋葬があればもう相手がどんな盤面でも返せてしまう可能性を秘めるモンスター。(虚無空間?知らん)

蘇生とドローのコンボもそうですが、なんというか安心感が違う訳で非常に心強いカードであります。地味に下級としての攻撃力も中々で殴り合いも下級リンクモンスターなら殴り倒せるというのもポイントが高いですね。

死の王ヘル

【遊戯王】スーパーレア◇死の王 ヘル



効果モンスター
星9/闇属性/アンデット族/攻 800/守2800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「死の王 ヘル」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体をリリースし、
そのモンスターとはカード名が異なる自分の墓地の、
「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

デッキビルドパック ミスティック・ファイターズにて登場したアンデットの王(ドーハスーラには劣るかな・・)

フリーチェーンで発動できるアンデットをリリースして墓地のリリースしたモンスターと同名以外のモンスターを蘇生できる効果。

コストとなるモンスターの確保、または自身でも良いのでちょっと考察中なのですが、アンデットワールドは3枚採用は当然なんですが闇黒世界シャドウディストピアDNA改造手術で相手のフィールドをアンデットにしてコストの支払いを押し付けるとか強くないですか?

そしたらエンドフェイズにシャドウトークンがアンデット族として特殊召喚されるのでいくらでも蘇生できてしまうという恐ろしいコンボになるのかも・・現在考察時点なのでデッキビルドして回して面白いことが出来たら記事にしてみようと思います。


ヴァンパイアサッカー考察まとめ

不知火であろうとヴェンデットであろうと蘇生手段があれば採用したいアンデットのアイドル、サッカーちゃん。

弱点などはもちろんありますが、それはどんなカードであっても同じですので是アンデットデッキを組むなら是非とも採用してあげてください!

ストレージに落ちていることも珍しくないので安価に手に入りますので参考にしていただければ幸いです。


0 件のコメント :

コメントを投稿