デッキ構築まとめるならデッキメーカーがオススメの3つの理由。




どうも不自由なYPです。

最近デッキ構築をアップ、まとめる為に使用しているカーナベルさんが提供しているサービス「デッキメーカー」

これが中々使いやすく便利だということでシェアしたいと思います。

以前紹介した構築王もテキスト確認や検索が楽で良いんですが”ある程度形ができているデッキ”はこれで管理すると色々と捗ります。




百聞は一見にしかずということで、僕がアップするときはこんな感じで一枚ものをスクリーンショットして使っています。やり方はとても簡単。


プラウザでデッキメーカーを起動

設定からPC画面で閲覧


スクリーンショット


画像編集で切り取り

のステップで可能です。
デフォルトのままだと一枚の画像に収まらないことからツイッターにアップする際など複数枚投下するの不便だなと思っていたのですがPC画面をスクショすればまるっと解決しました。


視覚的に分かりやすいというのは大きなポイントでこれまで構築王だとこんな感じでテキストのみで構築を確認しており抜けていたりすることがありましたが実際にカードと照らし合わせるのが楽になります。

カード検索する際の予測が優秀すぎる 




デフォルト(何も入力していない状態)で増殖するG、灰流うらら、墓穴の指名者etcと必須カードが並んでいますね。この時点で枚数はさておき入れておくカードをざっとそろえることが出来るので時短になります。

更に「じぇっと」と入力すると「ジェット・シンクロン」が出てきます、なんなら「じぇ」と入力するだけででも


ツインツイスターを検索する際には「ついつい」と入力するだけ。


俗称、略称などでもすぐに検索できるのはめっちゃ便利。

また、検索ついでに”絞り込み”をするのも楽です。


ここから絞り込みたいものにチェックをいれるだけ。


お試しドローも見やすい



これも構築王で同じことができたのですが、やはり実際にカードイラストが分かると盤面が頭に浮かびやすいですね。






参考になれば幸いです。