1月1~5日までの大会優勝80テーマ




どうも不自由なYPです。

新たなリミットレギュレーションが施行され制限に戻ったドランシアなどもそうなんですが、やはり気になるのはドラグーン・オブ・レッドアイズですよね。
ざっと公認、非公認の大会優勝デッキを調べてグラフにしてみましたので参考にしていただけたらと思います。

優勝テーマ分布図はこんな感じ



オルフェゴール 14
ドラグーン出張含むドラグーンビート 14
インフェルノイド 6
叢雲ダイーザ 5
転生炎獣 5
HERO 4
エンディミオン 3
サンダードラゴン 3
閃刀姫 3
召喚獣 3
未界域 3
SPYRAL 2
ギャラクシー 2
オルターガイスト 2
アンデット 1
サブテラー 1
シャドール 1
セフィラ 1
セフィラエンディミオン 1
トリックスター 1

サンプルデッキ数80

やはり採用率、勝率ともに高いドラグーン

モンスターを2体並べることができれば飛んでくる化け物ことドラグーン・オブ・レッドアイズ。
実際に対面してみるとわかりますがまず耐性がしんどい、効果無効はまだいいけど打点アップはやりすぎで相手モンスター破壊もバーン半端じゃない。

そりゃ勝ちたい人は採用しますよね。分かります。

今回は大会優勝テーマ、デッキをざっと調べてみたのですが多分ドラグーン採用して結果残してるデッキなんて山ほどあるかと思われます。追いきれないだけで

ドラグーンを出されただけで詰むテーマも少なくなく使われるならこちらが使うというスタンスで間違いないです。

勝つものが強い。

とはいえ既存テーマもまだまだ優勝の声が多い

調べていくと既存テーマでもドラグーンを採用しないテーマでの優勝報告が結構ありました。
実際にレシピを覗いてみるとドラグーン無しでドラグーンを突破するテーマもあったりと見てみると面白いです。
プレイングや引き、当たる相手など様々な要因が絡み合って優勝するので一概に強いから使うってのはちょっと違うかなとも思ったりしています、矛盾してますがw

強いカードは確かに使ったら強いんですよ、ただそれだけじゃ勝ち進めないのが遊戯王の面白いところで、それだけだと難しい。

例えばドラグーンビート(ここではドラグーンを2体並べ神罠で制圧するタイプ)の勝ち筋はそのまま、警戒されているのでさくらや壊獣などでメタを徹底的に貼られると動けなくなりますので注意が必要です。

○○ドラグーンでは最後のダメ押しで置いておくのが強く、テーマのギミックで制圧していくことが前提なのでドラグーンがメタられても動けるというのは強みではありますよね。

オルフェゴールは単体でも十分に強く展開の途中でも十分にアナコンダを出す余裕があるため相性いいなとは思います。
この前ちょっと組んでみました。もうちょい練ってみたいとは思いますので参考までに


※場所などは完全に度外視であらゆる大会で1月1日~1月5日までの大会優勝したデッキを調べたものです。
※個人的に調べたものですので抜けている優勝デッキなどもありますのであしからず

みなさんの参考になれば幸いです。