1月6~12日までの大会優勝テーマ分布図173デッキ




どうも不自由なYPです。

1月も2週目に入り大会への参加人数などが増えてきているので大会優勝ググってたら先週だけで173もありました。

ざっと公認、非公認の大会優勝デッキを調べてグラフにしてみましたので参考にしていただけたらと思います。

優勝テーマ分布図はこんな感じ


ドラグーンビート 7
召喚獣ドラグーン 9
サブテラードラグーン 6
オルフェゴールドラグーン 6
魔術師ドラグーン 4
オルターガイストドラグーン 2
サイバードラゴンドラグーン 2
サンダードラゴンドラグーン 2
HEROドラグーン 1
SPYRALドラグーン 1
ドラゴンリンクドラグーン 1
ブラマジドラグーン 1
ロボットリンクドラグーン 1
転生炎獣ドラグーン 1
彼岸ドラグーン 1
オルフェゴール 16
叢雲ダイーザ 11
サイバードラゴン 11
閃刀姫 8
召喚獣 4
召喚獣シャドール 3
壊獣召喚獣 1
JK召喚獣 1
HERO 7
インフェルノイド 6
SPYRAL 5
マドルチェ 5
サブテラー 4
ドラゴンリンク 4
オルターガイスト 4
エンディミオン 3
シャドール 2
壊獣トリックスター 1
機界トリックスター 1
トリックスター 1
幻影騎士団 2
幻影彼岸 1
彼岸 2
セフィラエンディミオン 2
サンダードラゴン 2
コードトーカー 1
ユニオン 2
機界騎士 1
恐竜 1
DD 1
kozmo 1
RR 1
ウィッチクラフト 1
真竜 1
天威 1
転生炎獣 1
方界 1
魔術師 1
魔弾 1
無限起動 1
妖仙獣 1
列車 1

サンプルデッキ数173

ドラグーン採用デッキが25%



ざっと調べてみたものですがデッキレシピがアップされている優勝報告を見てみますと25%という比率でした。
ドラグーンビートとはなんなのか?という疑問もあるかと思いますが僕の認識ではドラグーンオブレッドアイズを出してバックに神罠構えて殴るというシンプルなものと認識しています。
また、混ぜ物についてもオルフェゴールやサブテラー、そして新規もきて制限も解除された召喚獣がさらにドラグーンで無双している感じですね。
強そうです。
ここまで採用される背景にはやはりアナコンダで容易に呼び出せることが要因となっており僕や有識者たちの中では4月に真紅眼融合が禁止になりお手軽ドラグーンをなくすのでは?と予想されています。

オルフェゴールの人気と転生炎獣のシェア低下



これまでオルフェゴールと双璧を成していた転生炎獣ですが、準制限になった炎陣や制限のガゼルなどかなり苦しい枷をされたのに対してオルフェゴールはまだまだ動けるため人気が二分されている印象を受けます。
今回の大会優勝報告ですら、オルフェゴールがドラグーンビート含む〇〇ドラグーンに次いで2位となっているのに新規のギルスの性能が壊れているので益々オルフェゴールに軍配が上がっていく構図が見えます。
ギルスの登場によってリソースの管理さえできればほとんど他のオルフェゴールを一枚ずつの採用で回せるのは非常に強力で空いた枠に誘発を積んだりケア札積んだりと強固な盤面を作ることも容易です。

来週の優勝報告でドラグーンがオルフェゴールに塗り替えられるような気がしてなりません。

※場所などは完全に度外視であらゆる大会で1月6日~1月12日までの大会優勝したデッキを調べたものです。
※個人的に調べたものですので抜けている優勝デッキなどもありますのであしからず

みなさんの参考になれば幸いです。