純双天デッキ考察 融合で相手を翻弄するカジュアルテーマ!



さて、今回はタイトルにもあるように誰も話題にしない悲しきテーマ"双天"についてみていきたいと思います。

この記事を書くにあたって50戦くらいしてきましたし微調整もしたりした上で言わせてもらいますが、間違っても環境相手と勝負するのはやめましょう。

いや、挑戦するのは止めません、ただテラフォーミングを採用する程にはフィールド魔法を握りたいテーマなのに召喚獣と比べて妨害の質が低いです。手札も減ってるしね。

殴り会えるスペックで言えば良いとこカジュアル中堅クラス。

ウィッチクラフトとか呪眼とかデッキビルドパックで覇権を握れなかったテーマあたりとトントンくらいです。かなり甘めの採点で。

それらを踏まえた上で僕が考え得る最適化した"双天を活かす構築"をシェアしていきます。

もっと強いのあるよーって方は是非とも教えてください。


双天デッキレシピ



採用カードの解説

テーマカードはこちらを参考にしてみてください。少し前に書いたものです。

置換融合



置換融合の用途はシンプルでワイアームを用意するときに使います。

ワイアームは相手次第では詰みまで持ち込めるモンスターで除去をモンスターに頼るテーマだと有利に立ち回ることができます。

補給部隊



双天拳の熊羆も双天脚の鴻鵠も調伏もラピッドトリガーも大体アクションを起こすときは"破壊"を伴うので採用。

カジュアルだからこそ積める1枚でポカポカ殴りあうのにも双天の手数では厳しい部分があるので補給します。

融合派兵



これ1枚から~妨害!とかはできませんが金剛と密迹のおかげで双天魔法罠へのアクセスが可能なので手札と相談しながら必要な札を引き込めるのはかなり強いです。引き込む札のパワーが低いだけで。。

融合再生機構



リソース、主には双天脚の鴻鵠を如何に手札に残して戦うか?が重要なテーマだと思ってるので可能なら阿吽の呼吸と張り替えながら立ち回ります。

転身のおかげで必要なくなりそうではありますが手札コストを回収できる置換融合をサーチできるのは魅力。


双天の動き

基本的な双天の動きです。

ふわっとした説明になりますが先攻は青で構えて後攻は赤で捲ると覚えると簡単。

先攻



望む盤面は



密迹と鎧吽(相手モンスター効果発動時にそのモンスターを破壊+EXから出てきたモンスターの効果無効)



あとは双天の転身(鎧吽に当てることで鎧阿を出すことが出来て攻撃表示モンスター破壊)



質が高いとは言えませんが3妨害が成立しています。

この盤面を目指すのに必要な手札は3枚

双天脚の鴻鵠と招来(+コスト)です



双天脚の鴻鵠召喚から転身サーチ



招来発動で密迹と鎧吽を出してセットエンド。

耐性付与も忘れてはなりません。

あと転身で自分ターンに双天脚の鴻鵠を手札に加えられるので中々優秀な動きです。

後攻



望む盤面は



金剛と鎧吽or鎧阿(ほぼなんでもモンスター除去+EXから出てきたモンスターの効果無効orモンスター破壊)



あとは双天の調伏(なんでも破壊)



踏める妨害の数にも依りますが双天単体での捲り性能は低いので構築を見て貰えれば分かるようにパンクラやガメシエルを最大採用しています。



この盤面を目指すのに必要な手札は3枚

双天拳の熊羆と招来(+コスト)です



双天拳の熊羆から調伏をサーチ



招来発動で金剛と鎧吽(ここは状況判断が必要)を出してバトルフェイズ。

この時ガメシエルを押し付けられているなら金剛効果でバウンスすると自分手札に帰ってくるのでここをうまく使います。

金剛をチョイスしていますが密迹も相手の魔法罠を除去できるので何を出すかは相手の盤面次第。

双天の強さ



双天単体として見るとどうしても制圧できませんし、火力も高くないです。

なので汎用モンスターでの除去を多数採用し後手で動く方が強いと思い今回の構築に至りました。

個人的に双天で強いなと思った部分は以下の通り

  • 双天罠のワンキル力が侮れない
  • 鎧吽の身代わりが優秀
  • 融合サポートを強く受けられる
  • 意外とリンク型にしても面白い

1つ目から見ていきます。



罠が思いの外火力を出せるという点

再来は蘇生制限をクリアしていれば最上級すらノーリスクで出せるのが強いです、バトルフェイズに追撃で勝てた試合が結構あります、また転身も同じく追撃できます。

2つ目の身代わりについてです。



鎧吽と密迹の耐性付与で場持ちが良いです。

鎧吽の方はコストを求められますが密迹はノーコストで1度だけ戦闘破壊耐性は頼りになります。

3つ目の融合サポートについてです。



置換融合を始め様々な融合カードを採用し手数の少なさをケアしています

特に置換融合は墓地でのドロー効果はあるので結構強いです。

4つ目は型を変えるって話ですね



戦士族であることからイゾルデを使ってリンク値を上げても戦えます。

焔聖騎士や幻影騎士団を混ぜても面白いかもしれません、枠の兼ね合いが難しい場合はキリビレディを入れてギルティギアフリードを入れておくと置換融合や超融合で出しても強いです。

まとめ

今回はあまり触れられない双天デッキの紹介でした。

冒頭にも書きましたが今は双天のみで勝ち続けるだけの力がありません、誘発も積極的に受けますしね。

なので戦う場を変えてカジュアル、フリーくらいで遊ぶのが今の双天の限界かなと思われます。

いろんなものを詰め込んで可能性を見出だした時期もありましたが、結局それは手札の要求値が同じなら双天でない方が強いと結論が出てしまったのでお蔵入りしました。

ネガティブに聞こえるかもですが、この双天デッキはプレイング一つミスると出せたはずのモンスターが出せなかったりキルが取れなかったりと中々技量を試されるものとなっていますので腕に自信のある方は回してみるといいかもしれませんw