[遊戯王最新環境分布]2020.8/10-8/16の大会優勝129テーマ




どうも不自由なYPです。

今回は2020.8/10-8/16の間に公認、非公認問わず優勝したデッキレシピが分かるものをサンプル集計したデータです。

なお、当ブログにおける"環境"の定義は大会で使用されると想定し対策すべきカード、テーマを指します。
前回の大会優勝テーマはこちらから
先月のまとめはこちら



8/10-8/16の大会優勝129テーマ



召喚ドラグマ 12
ドラゴンメイド 7
セフィラ 7
オルフェゴール 7
十二獣 6
閃刀姫 5
機界騎士 5
プランキッズ 5
オルターガイスト 5
エルドリッチ 5
鉄獣戦線十二獣 4
ドラグマシャドール 4
転生炎獣 3
叢雲ダイーザ 3
マドルチェ 3
ヌメロンエルドリッチ 3
インフェルノイド 3
アダマシア 3
破械 2
電脳堺 2
鉄獣戦線LL 2
幻影騎士団 2
音響セフィラ 2
焔聖騎士 2
サンダードラゴン 2
RR 2
以下1
蟲惑魔ドラグマ
未界域ライトロード
魔術師
堕天使
青眼
召喚列車シャドール
召喚ドラグマシャドール
十二獣ドラグマ
幻魔エルドリッチ
月光
壊獣
ワイト
メガリス
ヌメロンインフェルノイド
サブテラー
サイバードラゴン
ガジェット
エンディミオン
ヴァレットドラゴンメイド
ヴァレット
SPYRAL
HERO

気になったテーマをピックアップ


今回の集計したデータから環境デッキと呼べるテーマを見ていきます。

鉄獣戦線



ファントムレイジから登場した深淵世界(ドラグマ関連)の新たな勢力。
イラストアドもさることながら相当な展開力と柔軟性を秘めており、今後の活躍に期待ですね。

十二獣



昔からあるエクシーズ主体のテーマで、とにかく展開力が高いこととドラグマや先ほどの鉄獣戦線などにも出張セットとして使われるテーマです。
こちらもアーゼウスの登場によって妨害の伸びも上がり安定している印象があります。
今回優勝報告で多かったのは罠型がおおかったです。

セフィラ



元はエンディミオンと混ざっていました。
今は音響やDDといったペンデュラムテーマと手を組み安定性の向上や妨害の質向上で今後も環境にしっかりと爪痕を残す一角と言えそうです。
こちらが非常に参考になりました。

採用頻度の高いサイドのカード


サイドデッキは如実に想定する環境を表します。
そこで現在採用が多い"サイドから交換するカード"をいくつかピックアップ。
といきたいところなんですが、最近ネタ切れなので適当に見繕いました。

ドロール&ロックバード



効果モンスター
星1/風属性/魔法使い族/攻 0/守 0
(1):相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

サーチやドローソースで反応する誘発。
デッキから手札に加える効果をとことん封殺します。
焔聖騎士で一度くらったことありますが、デッキから手数を補充するタイプのデッキだとかなり厳しい試合になります。

タイフーン



通常罠
相手フィールドに魔法・罠カードが2枚以上存在し、
自分フィールドに魔法・罠カードが存在しない場合、
このカードの発動は手札からもできる。
(1):フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

手札から発動できる罠。
対象取って1枚破壊は少し心もとないかもしれませんが、伏せた相手のシステムカードを機能不全のまま破壊できるのは大きな魅力です。

今後の環境予想

個人的に今後の環境の予想をしていきたいと思います。

早速鉄獣戦線や電脳堺が優勝報告出てきましたね。
テキストなど知れ渡っていない今の優秀は初見殺し的な印象を受けるので対策がしっかりされてからが本番といったところでしょう。

とはいえ、双方結構展開するタイプのデッキでこれまで中速だといわれてきた環境を変えるポテンシャルは充分あると思うのでめちゃくちゃ期待してます。
電脳堺は特にイラストに色気を感じてしまうんですが同士はおらぬか?

鉄獣戦線もシュライグくっそかっこいいし、個人的に輪廻天狗と噛み合わせたいんでご意見お待ちしています。

最後に


この記事を読んでくださって画像をツイートしてもらったりするのは全然OKです。(可能ならこの記事内のグラフをタップしてからダウンロードしてもらえると綺麗な元画像がゲットできます)
ついでにフォローもお願いします。

不自由なYP
root(@cover___)
hagetaka@遊戯王/イケメンyp
※サンプル採取に関してデッキレシピを確認できる優勝報告のみを参照としています。
※場所などは完全に度外視で期間内にあらゆる大会で優勝したデッキを調べたものです。
※個人的に調べたものですので抜けている優勝デッキなどもありますのであしからず

みなさんの参考になれば幸いです。