2019.10二週目の環境分布、やはり閃刀姫は強い。




気になる事
  • 2019年10月2週目に活躍したデッキが知りたい。

どうも不自由なYPです。

画像はポッターさんの科学する遊戯王から2019年10月環境 週刊環境ランキング(2週目まで)承諾を得て使用させてもらっています。

環境分布はこんな感じ




前回の環境考察記事


から予想してたオルターガイストと真竜のトップ争いは起きず、サンダードラゴンと閃刀姫とのトップ争いですね、そこから真竜が追いかける形となっています。

そして同じ10%ずつでオルフェゴールと転生炎獣が、7%でドラゴンリンクと未界域が来てますね。

ここで注意したいのが未界域が果たしてどういった感じで来ているのか?混ぜ物なのか?純なのか?
エクストラデッキには何を採用しているのか?ちょっと気になりますね。多分暗黒界もしくはオルフェゴールだと思うんですが、となると10%のシェアのオルフェゴールは幻影タイプなのかな?


また予想外だったのが、オルターガイストですね。
新規がドンドン現れてくる中で「浮気中」なのか、使用者が少ない印象を受けます。

個人的にオルターガイストはマジで苦手な部類のテーマなので鳴りを潜めてくれる方が嬉しかったりします。

転生炎獣は恐らく罠型(神罠や大捕り物など)を採用したタイプが多いのでは?と思われます、この前それに当たって恐竜サンドラが沈められました。

またオルフェゴールも同様に罠採用し中長期的な構え方をするデッキが増えている印象があります。僕はまだ展開系で行ってますが、切り替えていくか?考え中です。


恐らくなのですが、大捕り物や精神操作などの相手のモンスターのコントロール奪取系でアドバンテージを取る戦略が流行り、その対策が必要としてバックの除去札や対象耐性などが重要になってくるかと思われます。

で、コントロール奪取やバック破壊などをバランス良く採用し対応力が依然として高いのが閃刀姫。
ここはまじでKONAMIに愛されているとしか思えないバランスです。
イラストアドも高いし、僕もそろそろ組んでみようかまじで悩んでます。
ちなみに全然関係ないんですが、僕の友人が使う閃刀姫はレアリティに拘り過ぎて40万突破するかもとか言っているのでちょっと頭おかしいと思います、愛されるテーマだなと感じました。

なんかざっとした予想ですが参考になれば幸いです。


0 件のコメント :

コメントを投稿