焔聖騎士ノススメ テーマカードについて。





焔聖騎士を使用して早くも2ヶ月近くなってきました。
どうも不自由なYPです

焔聖騎士くっそ強い!って書いてきましたけど、実際焔聖騎士ってどうなん?強いの?という疑問があると思うんですよね。

で、ここでは焔聖騎士が強いかどうか?は一先ず置いといて、今一度焔聖騎士を散々使ってきた僕がテーマカードの使用感であったり「このカードはこういう盤面、状況の時は使える・使えない」などを話していきたいと思います。

その中で「あー強いな」と判断されるか否か、または面白そうなテーマだと思ってもらえれば幸いです。

では参ります。

焔聖騎士モンスター

基本的に焔聖騎士は特殊召喚できるモンスターが多く、その方法も様々。
ここでは焔聖騎士の実際の使い方なども含めてお話していきます。

先の書いておきますが、焔聖騎士の名を冠さない昇華騎士エクスパラディンが一番強いです。

焔聖騎士-ローラン


効果モンスター
星1/炎属性/戦士族/攻 500/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「焔聖騎士-ローラン」以外の
戦士族・炎属性モンスター1体または装備魔法カード1枚を手札に加える。

①はフリーチェーンで使えるパンプアップ装備扱いで自分のモンスターに装備する効果。
②は墓地へ送られたターンのエンドフェイズにデッキから炎属性戦士族もしくは装備カードをサーチする効果

現状焔聖騎士を組む場合はピン挿しが多いですね。
イゾルデや焔聖騎士導-ローランでもってくることが多いです。
基本的にはシャルルのスイッチを押すためのカードとして使われます。
墓地の導-ローランだと墓穴の指名者が怖いのでスイッチに使えないこともありますのでこのカードを握っているだけでも安心感が違います。

またピンとは言え素引きしてしまってもリナルドやオリヴィエと握ることで無駄なく使えるので素引きの怖くないピン挿しというオルフェゴール・バベルのようなポジションですね。

焔聖騎士-リナルド


効果モンスター
星1/炎属性/戦士族/攻 500/守 200
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに戦士族・炎属性モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚したこのカードはチューナーとして扱う。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、
「焔聖騎士-リナルド」以外の戦士族・炎属性モンスター1体または装備魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

①は発動を伴わない特殊召喚効果で場に炎属性戦士族が存在すれば用意できるチューナーになる効果もついてきます。
②は墓地及び除外されている炎属性戦士族もしくは装備カードを手札に加える効果。

基本このカードとエクスパラディンを握れていればエクスパラディン+チューンナイト→イゾルデの動きの前に出しておくとイゾルデへの無限泡影やエフェクトヴェーラーももう一度イゾルデを作ることで本命を通すことが出来る貫通札としても使えますし、先ほどのローランやオリヴィエなど一枚では展開にならない焔聖騎士のフォローも可能。

また装備回収に関しても優秀としか言えずここからデュランダルをもってきて動いたりと展開の要であり3枚必須と言えます。

実際使ってみると非常に心強い一枚であり、チューナーが欲しい場合も即座に対応しますし通常召喚では非チューナーとなるので便利すぎますね。

焔聖騎士-アストルフォ



効果モンスター
星1/炎属性/戦士族/攻 500/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれデュエル中に1度しか使用できない。
(1):自分の手札・墓地から戦士族・炎属性モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、このカードのレベルを除外したモンスターと同じにできる。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、除外されているこのカードを特殊召喚する。
その後、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、戦士族・炎属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる。


それぞれデュエル中に一度という制約があり確かに性能がおかしい一枚
①は手札か墓地から炎属性戦士族を除外して自身を特殊召還し除外したモンスターと同じレベルになる効果
②は自身を除外し発動後二回目の自分スタンバイに蘇生、墓地及び除外されている炎属性戦士族を特殊召還する効果

レベル調整役や再度イゾルデを立てるときの貫通札としても使える一枚。
デュエル1の制約もうなづける非常に強力な効果を有しており僕的にはリナルドに次いでオリヴィエと肩を並べる性能の焔聖騎士。

聖杯の継承、増援、デュランダル、そしてワンチャン!?やワンフォーワンに対応したスペックでありシンクロのレベル合わせによく使っています。

使用感は抜群ですがデュエル1であることがネックでピン挿しの構築が多いですね。

焔聖騎士-オジエ



効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「焔聖騎士-オジエ」以外の戦士族・炎属性モンスター1体または「聖剣」カード1枚を墓地へ送る。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
(3):このカードの装備モンスターは効果では破壊されない。

①は召還、特殊召還時にテーマ専用おろかな埋葬、副葬ですね。
②は墓地からフィールドの戦士族の装備する効果で付与されるのは効果破壊耐性

今のところ採用自体を見かけない一枚。
テーマ専用おろかな埋葬、副葬というポジションはあほみたいに強いんですけど、如何せんそれを生かせるカードが来ていない状態です。
現状エクスパラディンやネオスペースコネクターなどの一枚初動があるため採用が見送られるのでしょうね。
しかし、僕はまだ新規を諦めていないのでシャルルの効果モンスターが出れば化けると思っています。

焔聖騎士-オリヴィエ



チューナー・効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1000/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
戦士族・炎属性モンスター1体または装備魔法カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札からレベル1モンスターとして特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
(3):このカードの装備モンスターは相手の効果の対象にならない。

①は発動コストに自分フィールドの装備か炎属性戦士族を墓地へ送り特殊召還、その際レベル1になる効果
②は墓地からフィールドの戦士族の装備する効果で付与されるのは対象耐性

以前からこのカードやばいって思ってたのですが、やはり使ってみてもやばいカードでした。

1枚じゃ足りないかもしれないと枚数調整を考えさせられています。
チューナーであること、レベル4or1の調整ができること、緩く特殊召喚できることなどを踏まえても強すぎます。

特に使用感は抜群で手札でダブっても召喚権を使わずにチューナーを出せるし、もう言うことないくらい強い。
月鏡の盾素引きもモンスターに装備してからオリヴィエ効果を使えばデッキに戻すことができるので相性抜群です。
枠があるなら3枚入れてもいいレベルだと思います。
デュランダルからサーチしてくることが多いのですが3枚積んでデュランダルをアストルフォ用に置いといてもいいかもしれませんね。

焔聖騎士-モージ



効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1500/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、
このカード以外の戦士族・炎属性モンスターまたは「聖剣」カードを合計3枚デッキに戻して発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
(3):このカードの装備モンスターは戦闘では破壊されない。


①は自信が墓地へ送られた場合に発動、墓地及び除外されている炎属性戦士族や聖剣をデッキに戻してワンドロー
②は墓地からフィールドの戦士族の装備する効果で付与されるのは戦闘破壊耐性

採用枚数は0or1といったところですね。
焔聖騎士でも短期決戦型であれば必要ないのですが、思わぬ中~長期戦となると墓地or除外からのリソース回収とドローエンジンとして使えるのでアドバンテージ差を徐々に広げていくことが出来るカードとも言えます。

またデッキに戻すのはコストなのでうららや墓穴の指名者でチェーンされてもリソース戻しは可能なのは覚えておきましょう。

焔聖騎士導-ローラン



シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/炎属性/戦士族/攻2000/守 500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、デッキから装備魔法カード1枚を墓地へ送る。
その後、デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分・相手のメインフェイズに、
自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。

①はシンクロ召還成功時効果でそのターンのエンドフェイズにデッキから装備魔法を落として戦士族を手札に加える効果
②はお互いのメインフェイズにフリーチェーンでフィールドの戦士族に装備する効果打点500上がります。

さて、実際の使用感なんですが基本的にはこれを経由できれば手札が増えるので経由はした方がいいです。明らかに強いしね。
ただシャルルを出さないのであれば墓地へ送る装備が無駄になるので可能ならシャルルを出しておきたいのが本音。
シャルルが出せたらば盗人の煙玉で相手の手札確認して捨てて、事故引き起こしたり捲りを止めたりできます、ここはシャルルの項で書きます。

墓地から自身を戦士に装備する効果なんですが、焔聖騎士使ってると必然的に魔法罠ゾーンが足りなくなるんですよね。なので使わないことが多いです。
ただ焔聖騎士ローランを手札に握れていない場合はシャルルのスイッチをこいつで押すことになるので注意が必要です。墓穴読みで誘発をあえて使うか誘発通すのにあえてこちらから使うか?という戦術がモノを言います。

焔聖騎士帝-シャルル



シンクロ・効果モンスター
星9/炎属性/戦士族/攻3000/守 200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのモンスターに装備カードが装備された場合に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(2):自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地から装備魔法カード1枚を選んでこのカードに装備する。
その後、デッキから戦士族・炎属性モンスター1体を選んで
このカードに攻撃力500アップの装備カード扱いとして装備できる。


①は自分フィールドのモンスターに装備魔法が装備されたら発動できるフィールドのカードを"選んで"破壊する効果
②は手札、墓地の装備魔法を自身に装備しデッキから炎属性戦士族を更に500パンプアップの装備魔法として装備する効果

さて、盗人の煙玉割る帝。

焔聖騎士のエースモンスターであり最上級のイケメン(個人的にはリナルドの方が好き)

実際の使用感ですが、シャルルが居るということは盗人の煙玉が墓地かフィールドにあります。
基本シャルルが割るのは煙玉で相手フィールドに干渉することってあまりないです。
さすがにシャルル棒立ちだけだと相手へのプレッシャー与えられないのでサベージかアークデクレアラーを隣に添えています。

相手の手札を見え捨てさせるのが異常に強いだけでシャルル自体はそこまで強くないです。

装備魔法


実際焔聖剣で使うのはデュランダルのみと言ってもいいくらいにはデュランダル強いんですよね。

焔聖剣-デュランダル



装備魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが装備されている場合に発動できる。
デッキからレベル5以下の戦士族・炎属性モンスター1体を手札に加える。
その後、このカードを破壊する。
(2):装備モンスターが墓地へ送られた事でこのカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地のレベル5以下の戦士族・炎属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は戦士族モンスターしか特殊召喚できない。


①は装備されている場合に発動できるレベル5以下の炎属性戦士族サーチ
②は装備モンスターと共に墓地へ送られれば使える実質死者蘇生。

焔聖騎士はもちろんのこと、エクスパラディンもサーチ可能です。
召喚権を使用していないのであればエクスパラディンをサーチして召喚して動くのもいいと思いますね。

先攻初手に握る為に複数枚採用されている方もいますし、それで結果残せてるので何も言うつもりはありませんが、僕は一枚採用としています。

オリヴィエのようにダブっても使えるという訳でもないですし、それなら他の装備カードを採用している方が戦略に幅を持たせることができます。僕自身の話です。
3枚採用の理由はイゾルデに妨害が集中したときのケアだと思ってます。
というのもイゾルデからコストでデュランダルを落としてリナルドで回収が無駄のないスマートな動きなんですけど、イゾルデはとにかく妨害が集中してきます。
なのでイゾルデ、二体目のイゾルデを無限泡影で潰されてもデュランダルで手札と墓地次第ですけどケアルートがあるので、動き回れるのが強いんですよね。

そこまで妨害集中してたら相手の手札もカツカツなのでシャルルで相手のテーマカード捨てたら大体終わります。
多分そういうことで採用しているのかな。

焔聖騎士ノススメ テーマカードについて。まとめ

ざっと使用頻度が高い焔聖騎士のテーマカードについてお話させてもらいました。

焔聖騎士-アストルフォ
①手札・墓地から戦士族・炎属性モンスター1体を除外し自身特殊召喚。
②墓地の自身を除外して発動、発動後2回目の自分スタンバイフェイズに除外されているこのカードを特殊召喚、その後、墓地及び除外の炎属性戦士族を特殊召喚。

焔聖騎士-オジエ
①召喚・特殊召喚時に発動、デッキから自身以外の炎属性戦士族もしくは聖剣カードを墓地へ送る。
②フィールドの戦士族対象に墓地の自身を装備、付与:効果破壊耐性

焔聖騎士-オリヴィエ
①手札及び自分フィールドの炎属性戦士族もしくは装備魔法を墓地へ送って発動、手札の自身をレベル1として特殊召喚。
②フィールドの戦士族対象に墓地の自身を装備、付与:対象耐性

焔聖騎士-モージ
①自身が墓地へ送られた場合、墓地及び除外の炎属性戦士族もしくは聖剣カードを合計三枚をデッキに戻しワンドロー。
②フィールドの戦士族対象に墓地の自身を装備、付与:戦闘破壊耐性

焔聖騎士-リナルド
①炎属性戦士族が自分フィールドに存在する場合手札からチューナー扱いとして特殊召喚
②自身が特殊召喚に成功した場合、自分の墓地及び除外されている自身以外の炎属性戦士族か装備魔法を手札に加える。

焔聖騎士-ローラン
①フリチェで自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動、手札から攻撃力500アップの装備カードとして装備。
②自身が墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動、自身以外の炎属性戦士族もしくは装備魔法をサーチ

焔聖騎士導-ローラン
①シンクロ召喚成功時に発動、そのターンのエンドフェイズにデッキから装備魔法カード1枚を墓地へ送りデッキから戦士族サーチ。
②自身が墓地に存在する場合お互いのメインフェイズに自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象とし500打点アップの装備カードとして装備する。

焔聖騎士帝-シャルル
①フィールドのモンスターに装備カードが装備された場合に発動(相手でもOK)(ダメージステップでも発動可能)フィールドのカード1枚を”選んで”破壊する
②自分・相手のエンドフェイズに発動、手札・墓地から装備魔法1枚を選んで自身に装備しその後、デッキから炎属性戦士族1体を選んで打点500の装備カード扱いとして装備。

焔聖剣-デュランダル
①装備し起動効果、レベル5以下の戦士族・炎属性のサーチデュランダル破壊
②装備モンスターと一緒に墓地へいくとレベル5以下の戦士族・炎属性の蘇生

次回は動き方などをご紹介させてもらえればと思います。